名阪ありがとう。

急なお知らせでやるかやらないかわからない中でやるということになり、それを受けて来てくれた人、様々な事情で来れなかった人、たくさんいると思う。予定や時間、気持ちを騒がせてしまって申し訳ない。


名古屋今年はじめてのステージに上がり

前を向いたらなんだか思った以上に笑顔で見ていてくれて、絡まった気持ちの糸を解いてくれたようでした。それと同時にステージに立つことをこんなにも求めていたのかと思うくらい、嬉しさの感情が湧き出てきました。ぐわっと

自分自身クリスマスからライブがないことを見て見ぬフリをしていたのかもしれないな

僕は溢れるものを表現して放出して抜いていかないと出していないと気がすまないんだなって思いました。嬉しかったよ。


大阪は細かなミスがメンバーも俺もとても多かった。本番前に少し同期のトラブルがあったりもして、最後のラブカで何故かサイコの音で弾いてしまった🤦‍♂️ それでも熱がどんどん会場広がってく、温度の波のような景色も見れて大阪とこのツアーをさらに好きになった瞬間でした。最後まで残ってくれた人もありがとう。


なにが正しいかわからないことが多い世の中だけど、ライブってみんなが明日以降を今日を思い出したり、今日ライブがあったことで明日から頑張ろうと思えたりすることに意味があると思うのね。もちろんそれだけじゃないけど

だからお手紙やメッセージの言葉が本当に好きで、それを読んでるうちに、あーなんかもっともっとこの言葉に対して返したいなって思うんだよね。そしてライブってやっぱりひとりひとりのモノだなって思うよ?いろんな人がいろんなことを感じてる。だから君が感じたことは君だけに与えられた特権だからその胸にある思い出気持ちもその感じ方も大切にしてあげてね。


世の中濁って不透明な感じだけど、僕が鳴らす音が届く範囲にいる君たちは、鮮やかであれと思う、その中で笑ったり感情を忙しくしてくれるみんながいればいい、そしたらさらに色は濃くなるから僕の音を彩ってくれていつもありがとう。僕の世界はいつも綺麗だよ。僕にはいなきゃだめだよ、これ読んでる君がな!


次はどんな音で君をぐちゃぐちゃにしてやろうかなと、少しだけ空くから僕の音を探してきます。またなにか電波使ってできたらいいなー。




S y  L



今夜の埼玉公演で関東ツアーrevenge

が終わりました。今夜も会いに来てくれてありがとう。Twitterにとりあえず最高と文字を打った、印象に残ったことを先に書き、またはメモに書き、その時の気持ちを残すようにして、後の言葉を自分に聞きながら打つんだけど、機材車を運転しようとiPhoneを置いた時にどうやら押してしまってツイートしていた笑

らいちゃんに、あー俺押しちゃったわーって言ったら、それでいいの、と言われ

でもなんかそれでいいのかもなっと思いました。後からじわじわ振り返ることは出来るけど、その時はその2文字しか浮かばなかったしそれもいろんな言葉を含む2文字でした。


3月にはじまったこの関東ツアー、どんどん状況が悪化して途中から延期濱書房の前で公演後ミーティングしたことが懐かしいです。その時すでに延期をするなら、また全箇所まわろうと話したことでrevengeツアーが決まりました



再確認ツアーを終えて、この関東ツアー僕らはみんな灰になる。がはじまるときに、ガイドラインがあるライブで全てを出しきるお互いに相乗効果が生まれ熱が上がっていくライブはどのように作ればいいのだろうと僕は思っていました。何も考えずに楽しむことではなく、その前に守らなければいけないルールがあり、その中でフルに楽しみ、そしてそんなことさえも忘れさせるところまでいかなければ灰にはなれないだろう。守る中で楽しむライブ中に守ることなんてそもそも知らないしな笑 と思っていた。


でもツアーがはじまってみると身体を使ってその熱を届けようとしてくれるみんな。じゃーこちらもさらにいくよ?的な僅かな相乗効果が生まれていった。これに関してはきっと頭で考えたのでなく、ライブ本能が作動してステージの熱が上がった感覚がありました。


これだ


ガイドラインがある中でライブ中にフロアとステージの距離をどうやって近づけていくかこれは今まで以上にフロアとステージの熱の交換的なことをしていくときに、些細なみんなの変化を見落とさず捕まえていかなければ相乗効果は生まれないんだなということをツアーがはじまりすぐに感じていました。


SCAPEGOATのライブはどちらかというと

僕らの音楽を届けてそれを感じ取ってもらってという軸みたいなものがあったんだけど

このツアーは完全にフロアのみんなが主人公だった気がするな、もちろん半々な部分はあるけれど何度もどうなの?いけるの?まだいけるよね?もっとおいでと距離を縮めたくなった。


僕はより、みんなの中にあるものを全て抉り出したくなって、いつもより目を合わせて、もちろんメンバーにも合わせてもっと行くぞ的なあもギターアレンジを変えたり、春がマイクスタンドを上手に置き忘れたらエアーギターボーカルしたことを今書いてて思い出した笑 

どうにかみんなを気持ちをくすぐりたくていろんなことをしたな。負を忘れさせたかった。本当にみんなマスク越しに笑うのうまい。目元でわかるし。あれ好きだな (あと後半の頭振ったあとのもう無理って顔も好きだよ、髪直すなよ笑)


そしてきっとライブが進み楽しんでるうちにお互いにポロッと既に全部出し切っていることに気づく。出し切った瞬間って見えづらいけど何も残ってないことに終わって気づくもの。


一つになることは難しいけど、お互い同じことを感じたならそこまですぐにいける。

この状態での新しいSCAPEGOATのライブのスタートラインがこのツアーをやって出来た

それが燃え尽きて灰になって残ったモノ

俺が感じたこのツアーの答えです

味わってしまった熱の温度は下げれないから

ここが底辺だからな、基本形です。


SCAPEGOATが好きって言葉をこのツアーでより聞くようになったことが嬉しいよ。おれはこれが堪らなく好きだ。


いつもいろいろな気持ちを受け取ってくれてありがとう。でも今回はさらにたくさんくれてありがとう。出し切ってくれたものは大切にしまっておきます。今も鮮明に思い出せるみんなのマスク越しの顔が愛おしいぜ(-_-)へへ



次はクリスマスイブとクリスマス

もらった以上、全力で、届けにいくよ


今年最後の特別な日にすんぞ、やんぞ




SL





reconfirm 5本目 大阪
この日は本当にたくさんのことがありました。
インスト、ライブ、アウトストア、
こある意味1番砕けたシーンがたくさんあったよね。機材にも僕は演出を加えられて「おい、お前今ここではないだろっ!」と突っ込みたくなるほどだったな。大阪でも特別な夜になりました。セトリはらいちゃんでしたね。昏睡でなにもかもギターと昇天しました。
アウトストアのアンコールはat that time the end of today、Romancer、林檎箱、サイコな晩餐
ギターソロが全て気持ちよかったな。


reconfirm 6本目 京都
初のワンマンでした。やっぱり緊張感がありましたね。みんなとの距離も1番離れていた日でした。でもねだからこそそれを感じさせたくなくてせっかく来てくれたのにそれだけは嫌だなと思って弾いていました。
深い部分は、したたかに闇夜、思春期と伝染病、invidiaでした。心地よい時間でした。
最後のSquall前にどうしてもあの音の世界観を入れたくてお願いして楽屋で伝えてぶっつけで入れました。最高の雨になったと思うし表現出来る喜びをまた知りました。あの音から既にパラパラと春に雨が当たり始めてるイメージでした。
Squallの時の記憶はないのですが、見てくれるみんながいて、このメンバーと音を出して曲の中に入ってる時間が今の僕には抱えきれない幸福の時間でした。


それは名古屋でも、今日の大阪でも
ずっとそうで、ステージから帰りたくなくて
この瞬間が続けばいいなって思ってみんなの顔をみていました。

(今は好きな音楽をイヤフォンで聴いてらいちゃんの助手席です。まじめに彼は運転してます。)

声が出せない日もあったけど、不思議とその夜を思い出すと声があったように錯覚してしまう。でもそれはみんながくれた夢だと思ってる。だからちゃんと届いてるんだな。今日がよかったなら楽しかったならそれはあしたからのパワーになる。
僕はこの夜たちを何度も思い出して、また会いたいなって思う。もう今もそうだ。また会う為に今仕方なく帰ってやってんだからな。



ワンマンツアー、イベント、この西回り
ガイドラインに協力してくれたみんなありがとう。メンバーもステージ降りて手洗いうがいをしてるから、みんなもこまめにしてね。
みんなの協力があり作れたライブです。
ありがとう。


ワンマンツアーはまだ半分残ってるから
会いに来てね、その時は容赦なくぐちゃぐちゃにしてやるからな(ง •̀_•́)ง‼待ってるよ



あー、ライブっていいなー


そして、必ず未来を俺は変える


SyL