気を落とさず絶えず祈るために 2018年8月12日 - 福音をあなたに!!!
ルカによる福音書18:1~10 イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。ルカによる福音書18:1 《本日の講壇》 「祈り」は神様への賛美や感謝、罪を言い表して悔い改めることのほか、願ったり、訴えたりする行為であります。イエスさまが弟子たちに「気を落とさずに絶えず祈る」ように教えられたのは、主に神様への願い、訴えです。願いや訴えが、神様に聞き届けられず、応えられないと感じるとき、私たちの心は折れ、積極的に祈らなくなる、いや祈れなくなるものです。 イエスさまはここで「裁判官とやもめ」のたとえを語ってくださいました。不当な扱いを受けているやも…
わたしはある 2018年8月5日 - 福音をあなたに!!!
ヨハネによる福音書8章21~24 だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると、わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。」ヨハネによる福音書8:24 《本日の講壇》 イエスさまは「わたしは去って行く。あなたたちはわたしを捜すだろう。だが、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。わたしの行く所に、あなたたちは来ることができない」と言われました。イエスさまの言葉を聞いて、ユダヤ人たちは、「自殺でもするつもりなのか」と話していると、イエスさまは彼らに答えてくださいました。「あなたたちは下のものに属している」とは、ユダ…