お正月には・・・

テーマ:

凧あげて、独楽を回して遊ぶ姿は、とっくになくなりましたが・・・

(私の兄は、まだ子供の頃、やっていました)

 

チャッピーです。

 

お正月に、新しい家族がやってきました!!

 

 

娘がしばらく外国にいたのですが、そこで知り合った青年が、娘と一緒になるため

はるばる地球の裏側から、私達が住むこの地にやってきました!

 

それまで父親の大反対もあり、簡単な道のりではなかったのですが、、、

実際彼と会ったら、娘が魅かれた訳が良く分かりました。

 

それはともかく

 

食べ物が口に合うかどうかが心配でしたが・・・・・

 

お刺身、煮物、いくら、たらこ、麹漬け(私は苦手)まで、美味しいと言って

食べてくれたり、

 

こちらの気候が、常夏のような国から来た人にとっては鬱にならないかと

心配していたのですが、静かで、雨が降ったりすると逆に仕事や知的作業が

はかどるので好きだと言われ安心しました。

 

元々、TVで歌舞伎を見たことから日本に興味を持つようになり、日本の文化芸術

などがすごく好きで、会話も全く問題ないので助かりました。(^^;;

 

 

それならばと、マミー(私)は、

 

お嫁に来るとき持ってきて、お嫁に来た年に出したきり(多分)、カバーが

かけられていた

 

 

 

を出して、「さくら」を弾いてみました。(これくらいはなんとか)

 

それから、こちらも・・・・

 

 

 

 

 

 

おっと!   こちらは、何年か前のお正月に開けてびっくり!!そのままにしていたのを

又そのまま、ケースを閉じました。猫さんゴメン

 

 

最後に今年の

 

お正月には・・・・・  「かるた」 をしました!

 

アンパンマンかるたですけどね!

 

 

 

 

#琴 #三絃 #かるた #歌舞伎 #アンパンマン 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

また、ひとつ。

テーマ:

こんにちは、しばらくぶりになってすみません。のぞみです。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

 先日、うちの娘の通っている園が再来年度をもって閉園するというお知らせがありました。

小規模園として20年近くこの地でやってこられ、子供たちをみまもり育ててきてくれた園です。

 

木造の園舎で、昔ながらの知恵やあそび、手仕事をとりいれ家電も極力置かず、自然の音や、素材、手づくりのおもちゃ、食事を大切にこどもたちを育んできてくれました。

 

保育者の方が高齢になってきたということ、人を雇うだけの資金繰りが非常に厳しいなどありますがそもそも今年の園児の申し込みが2名しかなかったことがあります。

 

 公共の公園と隣接しており、子供たちはのびのび遊べるにも関わらず、園には庭がついていないなどの規定で、行政からの支援も補助も一切ありません。それでも、がんばってこられたのですが、やはり昨今の保育園化の流れはものすごい流れで急速に広まっており、その余波があちらこちらに出てきているのだと感じます。

 

 昔は例え保育料がかかるとはいえども、このような保育に共感して集まってきてくれる人も多かったのですが、近年急激に減りつつありました。例え、預けなければならない状況が親の側にあったとしても、どのような保育現場なのかをすくなくとも選ぶことができたのはよいと思います。

 

 同時に近隣の保育園の新園設立も、ものすごい勢いでたちあがり、去年7件、今年10件もの園がたちあがります。

 

 最近は、お部屋がいくつかあるというのではなく、ただ一つのホールのようになっており、かくれんぼなんてできないような設計のものもあります。庭は鉄格子のような高い柵と近隣に目隠しするような、ブラインドでおおわれ、園児の姿はまったく見られません。

 

そのようなたてものが建設ラッシュで、今後、保育園義務教育化に結び付くような流れです。親がどのような子育てをするのか、どのように子供とすごすのか選択の余地はもはやないという状況が着々と整備されています。

 

 

今回、この園の閉園をうけ、寂しさと同時に、こうしていままであったものがいま、実際になくなるということが自分の身近におこり、社会で今何が行われようとしているかをつきつけられました。

 

当たり前ですが、大切なものが一度消えてしまえば、どのようなものだったのかを見る事、感じる事、ができなくなります。

 

なくされた後の世界とありつづける世界はまるでちがうのにもかかわらず、さほど、変わらないかのような雰囲気でひとつ、ひとつ、失われてきたんだと思いました。

 

皆に「気づかれず」、「奪う」ことがいかに巧みにおこなわれている現実です。

 

またひとつなくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

AKEMASHITA 

テーマ:

新年あけましておめでとうございます。

ズンズンズンテコ、ズンテコです。はい。

 

このブログを読んで頂ける読者がいる事に感謝ですし、

今後とも続けることが出来る喜びに感謝です。

皆様の無病息災はもちろん、合格祈願、交通祈願、などなど、

自分のための神頼みは一旦冷静になって、

支配者による、勝手な常識の書き換え、勝手な分断がこれ以上無い事、を

祈・ら・ず・に、

知ってもらう活動に今後も邁進できたらとつくづく思うお正月であります。

 

せめて、数千人を相手にする神様よりも、自分の先祖にお参りするほうが、よっぽど心が洗われるし、

今生きている先祖、おじいさん、おばあさん、お父さんお母さんを神様だと思って接することが、

自分の周りから、心から豊かになるきっかけになると、

さゆさんはそれに近いことを言っていたし、僕も信じています。                  

 

さて、元旦に到着する年賀状。

一緒に入っていた郵便局の見守りサービスの広告

見ましたか??!!!!!!!

 

これですよ、これ。

人の善意や、思いやりが、資本システムに取り込まれる瞬間です。

 

あ~~~~~っ、

こうやって、今まで仕事というもの、業というものは、

心をお金に換えるために生まれてきたんだなと、つくづく感じました。

それまで善意でみんなが助け合って生きてきたんですから。

 

過疎化した田舎で、一人で暮らすお年寄りに、今までは郵便局員さんが、

善意で、思いやりで話しかけていた事です。

「だれだれおばあちゃん、風邪大丈夫かな」とか。

これを知ったのは6年以上は前だと思います。

TVでやっていて、その時は良いことだよなと感じていたことです。

田舎だからこそ助け合いが残っているんだとその時は感心しました~~~。

 

で、このサービス、お年寄り本人がお願いするシステムではなく、

離れている親戚がお願いするってところがミソです。

 

本人は知らずに、このサービスに取り込まれるということです。
 

って言うか、田舎ならポストに入れずに手渡しのところもあるし、

貯金したりするのも、お金を預けて通帳に入れてあげる事もしてあげていたと思います。

(今後、後見人制度が幅を利かせてくると思います)

 ですから、

その機会が逆に激減するということです。(月一回顔だせばいいやと絶対になっていくでしょう)

郵便局員さんも、「仕事だから」と「ここまでやる事しか給料もらってないし」と、

割り切るようになり、それ以上のサービスはしなくなるのです。

 

本人は知らずに、今までの心で、善意で動いていた人がだんだんと、

やらなくなっていく寂しさ。

おばあちゃんも、変わっちまったなと思うわけです。

切ないと思いませんか。

 

「ここまでしか給料もらってないし」は、既存の仕事で言われたり、言ったり、

心で感じた経験はありませんか?

 

稚拙なロボット化した人間が多くなってきていると言うことでもあります。

 そして、心をお金に換えたサービスを行っている仕事は、

ロボットやドローンに置き換えやすくなり、それを支配者は目論んでいるのです。

結局、お金の価値は、昔は、大判小判のように、本物を使っていたから、

まだ、そのままの価値がありますが、

明治時代からは偽物を使うことで、より詐欺度が増し、資本システムに取り込む力が増したということです。

 

似たようなことは市町村でもやりはじめました。

自治体でやるのはわかります。が、お金を取るのです。

月一回来る見守りサービス。

 

これ、死んでいるかどうかを、確認するサービスですよね?!

 

それにお金を払うのです。

本当に馬鹿にされていることに気がつかないお年寄りたち。

が、もう声を上げる気力は無いのかも知れません。

だから、気がついた人が声を上げていけばいいのです。

 

国が本当に国民思うのあれば、

より生きていくための事、楽しく前向きに、週何回か食事の世話をしてあげる人や、

身の回りを世話をしてあげる人、一緒に食事をする人を呼んであげることです。

住民税からこのサービスには予算が下りないのでしょうか??

自治体がその状態なのですよ。この国は。

 

すべて資本システム、お金を支配する者の傘下にさせたい訳です。

 

元旦からそんなサービスをやっているのを知り、憤ってしまいました。

 

ではでは、今後ともよろしくお願い致します。

 

バンバン行こうぜ、ズンテコ

 

AD