筑波大現視研声優班のブログ

筑波大現視研声優班のブログ

諸事情により声優班のブログをこちらへ移転しました。
日々の活動報告等していきます!


テーマ:

一年ぶりにこのブログを書きます、たつです。

タイトル通り、今年も竹達彩奈さんのお誕生日がきました。

まずは、竹達彩奈さんお誕生日おめでとうございます。

3年目のお祝いブログになりますが、

今年度で引退するので今年が最後のブログになります。

 

さみしいものですね。

 

そもそもこのブログはお祝いしているのかを突っ込まれたら返しようがありません。

 
 
 

ブログを書くにあたって、過去のブログを見ました。

去年でアーティスト活動5周年ってことは、今年で6周年ですね。

初期の曲を聴くと当時を思い出して、あれこれ思いを募らせてしまいます。

 


僕が竹達さんを知ったのは、『けいおん!』でした。

当時、僕は小学生で、クラスメイトにお勧めされました。

 

観た回でこのキャラクターの声可愛い・どんな人が声をあててるのだろうって思い、

調べたのが声優:竹達彩奈を知るきっかけでした。

 

それからは、ラジオを聴くようになり、

竹達さんのパーソナリティー性にも惹かれるようにもなりました。

あとは、竹達さんが出演されているアニメをよく見てました。

猫キャラを演じる竹達さんの声が特に好きでした。

 

 

6年前、アーティストデビューの情報を聞いたとき、とても驚きました。

その頃はアーティストデビューしている声優さんは今と比べて少なく、

未知数の大きな仕事だと思っていました。

今ではベストアルバムを出して、色々な役を演じられる声優らしく、

多様な楽曲を表現されているように思えます。

 

 

20年程度ですが、竹達さんに影響を受けた人生でした。

これからも、影響を受けていくんだと。

竹達さんはいつでも新鮮な衝撃を与えてきますから。

 

 

 

 

竹達さんの声を聞くととても落ち着き、暗いときは元気づけられます。

僕にとって、竹達さんは心の支えです。

 

 

 

 

 

 

最後にもう一度、

 

あやちお誕生日おめでとう!

 

 

 

 


以上たつでした!


テーマ:

 

はじめまして!声優班1年のもっさんです。

 

今回は8月13日にさいたま市文化センターで行われた、A.L.P 2017 SUMMER(アライブパーティー2017サマー)、通称アラパの、夜の部に参加した感想を書きたいと思います。

 

まずアラパについて簡単に説明しようと思います。アラパとは、ツキプロのグループであるSOARA(ソアラ)とGrowth(グロース)のトーク&ライブイベントです。(ただし今回はSOARAの在原守人役、小野友樹さんは欠席でした・・・)

 

さて、それではイベントの内容に移ります!

1曲目の『Wonder Wand』では、おもちゃ箱の中のような楽しいリズムに合わせてSOARAのメンバーがノリノリで歩いていたのが印象的でした。沢城千春くんがぴょんぴょん飛び跳ねていたのがとってもかわいかったです。

 

2曲目はGrowthの『月影のリフレイン』。幻想的な世界観と、ハモりの綺麗さには鳥肌が立ちました。曲の最後ではCDのジャケットと同じポーズでキメるという演出が!

 

 

そして合間にトークを挟みながらソロ曲が続きます。

ここで私の一番の推し、神楽坂宗司(cv.古川慎)のソロ曲、『BUZZER BEATER』が!!曲自体のかっこよさに加え、古川さんの歌唱力の高さと持ち前の低音ボイスに会場中から黄色い声援が飛びました。宗兄かっこよすぎて罪深いですね。

 

 

ソロ曲が終わりまたグループ曲に戻ります。

Growthの『空想のレトロ』では、メンバー4人で小指を合わせる場面や、昂輝くんの「ありがとう」という台詞に涙腺がゆるみました・・・。

 

そしてラストはSOARAの『S.O.A.R.A』。みんなで肩を組んで歌ったり、千春くんが叫んでたり、とっても楽しそうでした。最後にはGrowthのメンバーも出てきて、大盛り上がりの中アラパ夜の部は終了しました。

 

 

ツキプロ関係では初のイベント参戦でしたが、とても楽しい一日を過ごせました。

キャストの皆さんが歌いたい曲がまだまだいっぱいあると話されていたので、次はもっと大規模にアラパが開催されることを願っています!

以上、もっさんでした。

 


テーマ:

このブログでは1か月ぶりのたつです。

 

723日に開催された『Wake Up, Girls! 4th LIVE TOUR「ごめんねばっかり言ってごめんね!」大阪公演』に昼夜参加してきました。WUG4thツアーはまだ始まったばかりなので、4thツアーの感想は次回以降に回したいと思います。


 

 

今回は、『Wake Up, Girls!』というコンテンツについて触れようかと思います。今回は『Wake Up, Girls!』を知っている方向けとなります。『WUG』の魅力についてではなく、別の視点からコンテンツについて語っていこうかと思います。


 

 

 

 

Wake Up, Girls!』、通称『WUG(読み:わぐ)』は14年冬にテレビ放送&劇場版としてアニメ『Wake Up, Girls!』が始まりました。『avex』様と『81produce』様のオーディションで選ばれた新人7名による声優ユニット名でもあります。そう、アニメタイトルとユニット名が同じなのです。そもそも『WUG』について話そうと思うと、このことが問題になってきます。

 

例えば、「WUGって可愛いよね」と言う発言には2つの意味が含まれるのです。『アニメWUG』のキャラクターなのか、『声優WUG』なのか。ですが、話の流れで大体分かるのでわざわざどっちか言うこともありません。ただ、イベントに『Wake Up, Girls!』が出た時など少々ややこしいことが起きます。フェスに出演した時に彼女らは『アニメWUG』を背負っているのか、『声優ユニットWUG』として出ているのか。アニサマ1415にでた際は間違いなく『アニメWUG』だけを背負っていました。その後、『アニメWUG』としての大きな活動はありませんでした。ただ、『声優ユニットWUG』としては『灼熱の卓球娘』をはじめとする他作品のタイアップをかち取っていきました。そうなると、彼女らは何を背負っているのでしょうか。


アニメ『恋愛暴君』では、メインヒロインを青山吉能さんが演じました。タイアップ曲である『恋?で愛?で暴君です!』を、青山さんはどう歌うのか、それは『アニメWUG』のキャラを背負って歌うのではなく、『恋愛暴君』のキャラを意識して歌われています。先日、アニソンフェスである『あにゅパ!!』に『WUG』が出演されました。その時のMCで、『WUG』はアニメ作品のライブでよくあるキャラのセリフを一言演じる自己紹介をしませんでした。

 

ライブ後にSNSで「他の出演者はセリフ言ってたのに、WUGは言わなかった」と言う発言を見かけました。それは、いつも通り言わなかった、だけじゃないと思いました。そのフェスでは『恋愛暴君』のタイアップ曲も歌いました。カバーもありましたが、他はWUG楽曲でした。『あにゅパ!!』には、『アニメWUG』の声優としてでも出演しましたが、そこには『恋愛暴君』の主題歌を担当した『声優ユニットWUG』としても登壇されました。なので、キャラのセリフを言わなかったのはいつも通りというだけではなく、他作品も背負って出演したからだと考えています。『アニメWUG』のセリフを言わないことで『アニメWUG』を演じた声優としてだけではなく、『声優ユニットWUG』として登壇したことを表現しているものだと受け取りました。同じ「声優」という単語を使っているのでややこしい文章ですね。セリフを言わないのは1stワンマンライブからなので、いつも通りかもしれません。そこまで運営さんと話して決めたかは別ですが……。

 

昨日、『ANIMAX MUSIX 2017』出演者発表ニコ生がありました。昨年に引き続き出演されるとのことでファンの一人としても嬉しい限りです。ニコ生にはゲストとして『WUGちゃん』から奥野香耶さんと高木美佑さんのお二人が登場されました。その時の自己紹介では、「〇〇役の~」と言いませんでした。つまりは、『ANIMAX MUSIX』に『声優ユニットWUG』として出演される、だからこそこのような自己紹介をされたのだと思います。

 

伝えたいことを簡単にまとめると、「アニメのタイトルとユニット名が同じだからややこしいけど、ニュアンスは違う」ってことです。私は、特に文章で『声優ユニットWUG』の意味で伝えたいときは「WUGちゃん」と表記しています。コンテンツ全体や『アニメWUG』などはまとめて「WUG」と書いて区別しています。そうすることで少しでも意味合いが伝わればいいなと。区別していることを伝えないと意味がないですが……。

 

 

 


書いていたら思ったよりも大分長くなりましたが、そんなこと気にせずとも『WUG』はアニメもご本人たちも楽しめるコンテンツですし、私自身いつも楽しませてもらっています。読者様の好きなコンテンツも似たようなことってあるのか気になるところです。

 

 


 

 

 

 

最後に、現在『WUGちゃん』は4thツアーで全国各地を飛び回っています。また、8月にはフリーライブのリリイベや『Animelo Summer Live』にも出演されます。この夏は、読者様もどこかでお見掛けするのではないでしょうか。秋には新章がテレビアニメとして放送されます。初めて『WUGちゃん』や『WUG』を見る方も一緒に楽しみましょう。

 

 

 

 

以上、たつでした。

 


公式リンク

・公式サイト 

http://wug-portal.jp/

・公式Twitter

https://twitter.com/wakeupgirls_PR

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス