筑波大現視研声優班のブログ

筑波大現視研声優班のブログ

諸事情により声優班のブログをこちらへ移転しました。
日々の活動報告等していきます!

はじめまして!不真面目な班員なので、このブログが久しぶりの声班員としての活動になりました。声優班3年の甘口です。

 

推しブログということで、僕は特定の声優さんやアニメなどのコンテンツを推す経験が他の班員と比べてあまりないので、なにについて書こうか迷っていたのですが、僕が今ハマっている大人気FPS、APEX Legendsについて書こうと思います。

 

・APEX Legends とは

簡単に説明しますと、APEXは俗にバトロワと呼ばれるタイプのFPSで、プレイヤーは様々な能力をもったレジェンド(キャラクター)を選択し、3人1組のチームを組んで最後の1チームになるまで戦う、という内容のゲームです。

 

最近はこのゲームの配信を行うYouTuber、Vtuberの方も多いので、読んでくださっている方の中には、やったことはなくても見たこと聞いたことはあるという方も多いのではないでしょうか?

このゲームの何が楽しくてどこにハマってしまうのかという点を文字で伝えるのは難しく、僕自身FPSはこのゲームがはじめてで、「この点が従来のFPSとは異なり~」という知ったかぶりもできないので、その点は配信を見たり、無料なのでご自身でプレイしたりして、是非とも体験していただきたいなと思います!

 

じゃあ何について話すの?という話なんですが、僕が最近APEXに触れて気づいたことについて話したいと思います。それは「APEXって、曲めっちゃかっこよくない?」ということです。

 

・APEX Legendsの曲?(バ○ドリの曲?

APEXはそのBGMもかっこいいんですが(シーズン6のバトルパスでもらえるランパートのBGM、推しです)、APEXは特にトレーラーで使われている曲が、映像と相まってめちゃくちゃかっこいいんです!

 

というわけで今回は僕が個人的にかっこいいと思う曲をいくつか紹介したいと思います!(音楽理論とかまったくわからないのであしからず…)

 

1.Tommee Profitt - Only One King(feat. Jung Youth)

 この曲はシーズン2のローンチトレーラーに使われた曲で、フィールドを駆け回るオクタン(ゴーグルかけてるやつ)の映像と曲がマッチしていて、疾走感がエグいです。超かっこよくないですか?

 

 2.Bishop Briggs - JEKYLL & HIDE

 この曲はシーズン4のゲームプレイトレーラーに使われた曲で、ジキルとハイドのテーマが、シーズン4から新たに登場したレジェンドであるレヴナントと重なる部分が多く、ぴったりの選曲だと思います。Chorusの部分の雰囲気がめちゃくちゃおしゃれです。

 

 3.Tommee Profitt - I Know Your Secrets (feat. Liv Ash)

 この曲はシーズン5のローンチトレーラーに使われた曲で、トレーラーで使用されている楽曲のなかで僕が一番好きな曲です!僕がAPEXをはじめて割とすぐのタイミングでシーズン5がはじまり、ゲーム内でこのトレーラーが流れたときに僕はAPEXの世界観に引き込まれました。この曲もchorusの壮大な感じがたまらないです。

 

 数は3つと少なめでしたが僕の好きな曲を挙げさせてもらいました。普段は邦楽ばかりで洋楽はほとんど聴かない僕の拙い紹介でしたが、読んでくださっている方に刺さってくれるとうれしいです。

 

・おわりに

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。ゲームシステムとかキャラクターからだけじゃなくて、楽曲を入り口にゲームを始めてもらうのも面白いかなーと思い今回このような形でブログを書かせていただきました。

 

紹介した曲、それ以外のトレーラーの曲もかっこいいものが多いので、皆さん聞いてみてはいかがでしょうか?トレーラーを見てもらって、このゲームかっこいい!と感じたら、めちゃくちゃ面白い上に無料なので是非はじめてみてください。そしてあわよくば僕と一緒にプレイしてください!(APEX友達ほしい…)それでは、次回の更新もお楽しみに!

 

EAの公式サイト

https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends

  初めまして、本来ボカロのオタクだったはずなのに最近ボカロ以外のコンテンツに注力している声優班3年のアイル㌧です。まずの話ボカロのオタクがなぜ声優班に...ってなる人もいるかもしれませんが

 

というわけで今回は推しブログということで、私は推しのゲームを紹介していきたいと思います。

 

  みなさん、「豪華声優陣が〜〜」みたいな宣伝、一度はどこかで耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?最近だと、スマホアプリのゲームでも豪華な声優さんがたくさん出ているものがあったりしますよね。そこで今回は、シリーズ開始から16年の歴史を誇る、豪華声優陣が出演する王道RPG、日本ファルコムの『軌跡シリーズ』を紹介していきたいと思います。

 

  『軌跡シリーズ』ってなんぞや?って人もいると思うので、軽く紹介を。軌跡シリーズは、2004年にWindows向けに発売された『空の軌跡FC』から始まり、『空の軌跡SC』『空の軌跡the 3rd』『零の軌跡』『碧の軌跡』『閃の軌跡Ⅰ〜Ⅳ』『創の軌跡』と、現在までに合計10作(ストーリーの繋がりがない外伝的な作品である『那由多の軌跡』を含めたら11作)が発売されている、王道RPGのシリーズです。『零の軌跡』以降はプレイステーション系のハードで発売されており、のちに『空の軌跡』三部作も移植されました。ちなみに、移植された結果『零の軌跡』以降は全てPS4で遊ぶことができます。『空の軌跡』三部作はPSNowを利用するとPS3版をPS4でプレイすることができるので、興味を持った方でPS4をお持ちの方はぜひ遊んでみてください!

 

とまあ、大まかな紹介はこのくらいにして本題に入っていきたいと思います。

 

推しポイントその1:濃く、面白いストーリー

  軌跡シリーズの魅力としては、『那由多の軌跡』を除いた全ての作品で、共通した世界観で展開されるストーリーが挙げられます。実際に本編を進めていくと、その作品自体は完結していても回収されないフラグとかが出てくるんですよね、そういうものは次回作以降に回収されていきます。(逆に回収されないフラグが多すぎて「またやりやがったな」みたいなことにもなりますが...)基本的に、一つの舞台の作品は複数作品で完結するので、前編の立ち位置の作品はフラグが残ったままであることが多いです。『閃の軌跡』に関しては4作あるので、1,2と3,4がそれぞれまとまってるという形になっているという印象です。創の軌跡は、今までのシリーズの回収されていないフラグを回収するという番外編的な立ち位置になっている...はずです(まだクリアしていないので正確に同化はわからないのですが...)。また、前作のキャラクターが再登場したりもします。時系列順に作品を追っていくと、成長した姿で登場するキャラクターを見て「成長したなぁ...」と感慨深くなることもしばしば...

 プレイしていると、時たまデジャブを感じるような演出が続いて「もうこの演出飽きたわ!」てなることもありますが、本筋全体を通してみるとなかなか壮大なストーリーが展開されていくので、とても面白いです。

 

推しポイントその2:濃密な舞台設定

  軌跡シリーズは、ゼムリア大陸という一つの大陸を舞台としています。『空の軌跡』はリベール王国、『零の軌跡・碧の軌跡』はクロスベル自治州、『閃の軌跡』はエレボニア帝国が舞台となり、またそれぞれ主要人物がガラリと変わります。『創の軌跡』に関しては、クロスベルを中心としてエレボニア帝国もかかわるという、ちょっと変則的なストーリーとなっており、登場キャラクターも全作品の主要キャラがほとんど登場しますが...。これらすべての舞台において、その場所特有の雰囲気だったり、情勢だったりが細かく描かれているのが軌跡シリーズの特徴だと思っています。舞台ごとの作品をプレイし終わると、その場所への愛着が湧いたりするんですよね...そんな私はクロスベルが大好きです。

  と、このように現在までで3つの場所での物語が展開されているのですが、これはまだゼムリア大陸の「西側」の部分のみであり、「東側」に関してはほとんど作品でかたられていません。作品中で出てくる重要な場所として、カルバード共和国という場所があるのですが、これは大陸の東側の場所です。次回作以降に、必ずカルバード共和国を舞台とした作品が発売されるだろうと思います。

 

推しポイントその3:キャラクター間の関係性が細かく描かれる

  舞台に分けて3作ある軌跡シリーズでは、先述の通り、舞台ごとにキャラクターが一新します。『空の軌跡』では遊撃士という職業(?)の人たちを、『零の軌跡・碧の軌跡』ではクロスベル警察 特務支援課という、警察の中の一つの課を、『閃の軌跡Ⅰ・Ⅱ』ではトールズ士官学院 特化クラスⅦ組、『閃の軌跡Ⅲ・Ⅳ』では、Ⅰ・Ⅱの主人公が教官となり、トールズ士官学院第2分校 特務課Ⅶ組を中心として物語が展開されていきます。それぞれの作品で、数多くのキャラクターが描かれますが、主要人物はもちろん、街の人々(いわゆるモブキャラ)にまで関係性の進展を感じることができるのが特徴かなと思います。もしかしたらモブキャラも推しになるかも...?

  先述の通り、前作のキャラクターが登場するときには、また新たなキャラクター同士の関係性を見ることができるので、作品のクロスオーバーみたいな感覚でプレイすることができます。

 

推しポイントその4:曲が強い

  ゲームにおいてBGMは重要な役割を果たしますが、軌跡シリーズに限らず、日本ファルコムの作品は全体的に曲が良いです。というのも、Falcom jdk Bandという、Falcom専門のバンドが曲を作っており、戦闘BGMなどは特にゴリゴリのロックサウンドになったりします。戦闘中にBGMで高まってしまうこともありますね。戦闘BGM以外のBGMも作品の雰囲気にあっており、曲で泣かされることもあるので、プレイ後はサントラを購入して聴き直すのもいいかもしれませんね。ちなみに私は勉強用のBGMとして使うことが割と多いです。

 

推しポイントその5:豪華声優陣

  ようやくここでタイトル回収です。長かったですね、ここまで読んでくれている人はありがとうございます。プレイステーション系のハードで発売されている軌跡シリーズは、基本的にキャラクターにCVがつきます。PSVitaに移植されたEvolutionと銘打たれている作品は、本編がフルボイスとなっているので尚更声優さんの演技をしっかり感じることができるのですが、そこは一度置いておきます。ここで言いたいのは、声優の豪華さがちょっと異常じゃないかなってことです。

  先月27日に発売された最新作『創の軌跡』は、これまでのシリーズの集大成的な立ち位置でもあり、これまでのキャラクターが集結しているため声優さんもとんでもなく豪華なものになっているので、『創の軌跡』をベースに紹介していこうと思います。

  まずはこちらの画像をご覧ください。

  このキャラクターたちは、『零の軌跡・碧の軌跡』に登場する、特務支援課とその協力者たちです。中央で旗を持っているキャラクターが主人公のロイド・バニングス、CVは柿原徹也(以下敬称略)です。キャラクター名を全て書いていくときりがないので、この画像に写っているキャラ(後ろの方に本当にちっちゃく写っているキャラも含め)の声優さんだけを以下に記したいと思います。

遠藤綾

三木眞一郎

水橋かおり

釘宮理恵

龍谷修武

佐藤利奈

浅野真澄

小山力也(石塚運昇の後任)

森川智之

皆川純子

  とまあ、どこかしらで見覚えのある有名声優さんがたくさんいるんじゃないかなと思います。でもこれはまだ序の口、次はこの画像をご覧ください。

 このキャラクターたちは、『閃の軌跡』に登場するⅦ組のメンバーたちです。物語上では、Ⅲ・Ⅳにて登場した方を新Ⅶ組、Ⅰ・Ⅱで登場した方を旧Ⅶ組と呼んでいます。この画像だと、紺色の制服を着ているのが新Ⅶ組、私服を着ているのが旧Ⅶ組ですね。ちなみに、最前中央にいる、刀を持ったキャラクターが閃の軌跡全体の主人公、リィン・シュバルツァー、CV内山昂輝です(リィンは圧倒的ハーレム属性持ちです、CV内山昂輝のハーレム率高いのは気のせいか...)。ここでも同じく、その他のキャラクターについては声優さんのみを記していきます。

堀江由衣

伊瀬茉莉也

金本寿子

白石涼子

立花慎之介

佐藤拓也

小岩井ことり

早見沙織

細谷佳正

豊口めぐみ

櫻井孝宏

東山奈央

水瀬いのり

江口拓也

小清水亜美

前野智昭

相沢舞

  ...これだけのキャラクターがいてここまで豪華声優でいいのかって疑いたくなりますよね...なりませんか?ちなみに、これでもまだ半分程度、これ以上やるとさすがに大変なことになるので軽くの紹介で済ませますが、敵サイドのキャラクターで諏訪部順一、竹達彩奈、伊藤かな恵、平川大輔、中田譲治といった豪華声優が起用されています。ここまでくるともう何も驚かなくなってきそう。

  こんな感じでとっても豪華な声優さんたちの掛け合いが楽しめるのが軌跡シリーズの醍醐味じゃないかなって思います。ぜひ、声優さんで惹かれた人も軌跡シリーズをプレイしていただけたらと思ってます!

 

最後に

  ここまで、個人的に軌跡シリーズの推しポイントをだらだらと書いていきました。

  軌跡シリーズは気がついたら作品数が増えて、物語の壮大なことになってきておりますが、先述の通り、ほとんどの作品はPS4で遊ぶことができるので、この記事を読んで興味をもってくれたかたは、ぜひ、遊んでくれると嬉しいです。個人的に軌跡シリーズを語り合える友人がいないので、誰かしら履修してほしい...

  最後までご覧いただきありがとうございました!また、機会があればお会いしましょう。次回の更新もお楽しみに!

 

関連リンク

「軌跡」シリーズ ポータルサイト

https://www.falcom.co.jp/kiseki/

 

 どうも、最近VとAPEXの話しかしてないせいでもともとなんのオタクだったか忘れられてそうなirizonです。

今回は推しブログということで、自身がいま最も情熱を注いでいるコンテンツについて話そうと思います。その名も『戦姫絶唱シンフォギア』です!

 


戦姫絶唱シンフォギアって?

2012年に放送されたアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」をはじめとする作品群のことです。

具体的には「初代」 「G」 「GX」 「AXZ」 「XV」の五作品、それに加えてアプリゲームの「XDU」があります。

ざっくり言うと女の子たちがシンフォギアと呼ばれる武装を纏い、歌いながら戦うアニメです。

 

 

シンフォギアのオススメポイント

 何よりも「アツい」ことと、それを支える「楽曲の良さ」や「伏線回収」でしょう。

 このアニメ、前半から中盤ももちろん面白いのですが、終盤の盛り上げが尋常じゃないんです(特に初代やGXが顕著)。終盤に向けて、または後の作品のための伏線を巻き、終盤で最高のタイミングで回収していく、しかもそれを最高の楽曲と共にとなったらそりゃあもうオタクは大好きになりますよね、僕も好きです!!!!!!!!!!!!!

 またこのアニメは一部の曲を除いて毎回アテレコ現場で歌唱部分も録っているため、ストーリーに沿ったドデカい感情が乗った歌唱にぶん殴られます。音源聴いてるとアニメの使用部分聴きたくなるのもこの作品の特徴でしょう。楽曲や王道展開が好きな人にはぜひオススメです!あと小日向未来さんの顔面と心情が絶叫

 

 

XDUについて

 ここまで見てきた人のなかには「5期までって長くね?」とか「ゲームあるならそっちで様子見ようかな」って思った人もいると思うのでXDUの解説もしておきます。XDUは一人用RPGゲームで、アニメのシナリオを追うモードとオリジナルストーリーを追うモードがあります。しかしストーリーはゲーム部分に時間がかかり、分量も多くなりがちなので正直アニメ見たほうが早いです。むしろアニメで興味を持ってもっとストーリーが読みたい!という人にオススメです。

 

 

おわりに

 ここまで読んでいただきありがとうございます、これでシンフォギアに興味を持ってくれた人がいればうれしいです!持ってなくてもまず一期を見ましょう、11話あたりには虜になっているはずです。そしてみなさんとXDUのストーリーまで話せると嬉しいです!周り誰もやってないので

 

シンフォギア公式サイトはこちら

https://www.symphogear-xv.com/