東京の地酒-澤乃井 社員Aの報告

東京の地酒-澤乃井 社員Aの報告

φ(..)チーム社員Aによる報告 ~澤乃井の動きを日々観察~

─────────────────────────────────
 ◆澤乃井メルマガ配信中!!

─────────────────────────────────
 

いち早く澤乃井情報をゲットしたい方は、メルマガ登録を!


http://www.sawanoi-sake.com/magazine


≪旬の酒≫≪イベント≫≪お食事処の情報≫≪蔵の様子≫等を

定期的にご案内しております。




 

今夏も澤乃井園庭園の百日紅(サルスベリ)が

花を咲かせています。

 

100日咲き続けるのかな~

と数えるのが日々の楽しみの一つです。

 

 

 

 

それぞれのお酒がどの程度熟成しているのか、

味わいがどのように変化しているのか、

タンクから少量取り出し確認する行事を『呑み切り』といいます。

 

樽(タンク)の「吞み口」の「封印を切る」ことから『呑み切り』と呼ばれ、

蔵の重要な年中行事のひとつでもあります。

例年東京酒造組合では6月中旬頃、国税局の鑑定官に評価を依頼しています。

今回は国税局に出品したものと同じ品種(原酒)から4種類を選び

ご自宅できき酒できるセットにしてご用意しました。

通常飲む機会の少ない、熟成中のお酒を味わってください。

 

澤乃井ネットショップと澤乃井園売店での限定販売です。

2022年7月15日昼頃から販売開始予定。

 

澤乃井2022呑み切りセット 6,200円(税込み・送料込み)

 

 

 

限定酒3種の販売を7/7より開始します!

 

 

令和4年全国新酒鑑評会金賞受賞記念酒

大吟醸 凰 原酒 720ml 5995円

受賞を記念して原酒を発売。

杜氏と蔵人たちが持てる最高の技術で造り上げた味わいを

ご賞味ください。

 

 

 

 

数量限定の夏酒

純米生原酒 720ml 1375円

飲みごたえのある生酒です。

 

 

 

蔵守の会会員店限定

奥の手 純米吟醸生酒ささにごり 720ml 1730円

低温で熟成させたやわらかな味わいのささにごり

 

 

 

夕涼みとともに夏のお酒をご賞味ください。

 

 

梅雨と聞いて何を連想しますか?

 

・・・そうです。

 

梅酒づくりのシーズンです!

 

当蔵では6月13日、14日に梅酒ぷらりの仕込みをおこないました。

 

 

入荷した梅の実ひとつひとつのへたをとり、

木くずなどを拭き取ります。

 

原酒と砂糖と梅をタンクに入れます。

鮮やかな緑の輝き!

 

梅酒づくりは年に一回。

かい入れ(かきまぜる)作業ももろみとは違う

コロコロした梅の実の感触が楽しい。

 

蔵内に梅が香る一日でした。

 

皆さんもご自宅で梅仕事をお楽しみください。