初めての夜の部の観劇を娘とデビューしました

井上ひさしの没後10周年記念公演

蟹工船の作者小林多喜二の短い生涯を音楽劇『虐殺組曲』を夜の部で観るのって、どうなんだろう🤔

警察による、拷問死を扱った内容なの😟

怖くて、悲しく、家路に着けるかしら😓

夜、寝付けるかしら😟

と、心配になったので娘の所に泊まりました

余り重くならないようにとの、脚本、演出でしたが、ラストシーンは重くなった

拷問死の内容をチラリと語られたから😢😢


天王洲アイル駅は初めてのお上りさんの私

こちらはHPから画像をお借りしました


小林多喜二役の井上義雄さんにたくさんのお花

ピアニストの小曽根真にもたくさんのお花

あら?高畑淳子さんへのお花の写真がないわ

小林多喜二は高校時代の授業で『蟹工船』の内容を知ったことて、ずーっと、私の心の中で重く沈んでいた作家でした

「拷問死って、怖いー」

でも、娘からのお誘いで観劇出来てよかったです😊

義雄さんの姿も、久しぶり見られたしね

半休をとった娘と天王洲アイルに行く前に有楽町でランチして、ぶらぶらしました

ソニーの庭園かな?

素敵でしょう





都会のオアシスに癒されるー

南国的🌴庭園 素敵💕

観劇終了は10時半を軽く過ぎていたので、翌日が仕事の娘のことを思い、急いで家路につきました

観劇は昼の部が向いている私でした🚈🚞