たべすぎのブログ

たべすぎのブログ

これからの活動をご報告いたします。

4月28日に道議会臨時会が開催され、約784億円の補正予算第2弾が成立致しました。
第1会定例会から今臨時会開催までの間に頂いた要望等についての報告の一部を。
小山副市長から提案のあった人材のマッチングサイトについては別紙の通りとなりました。
また、国や道の支援が分かりにくい事についても、専門家の派遣案内を作成しましたのでご活用下さい。
ただ、中村市議を通してK氏から頂いた「理・美容業を休業要請等の対象施設に追加して欲しい」との要望については、自民党の質問にも入れましましたが、休業等の期間延長時に再検討するとの知事答弁にとどまりました。東京都では追加施設になっただけに残念です。
引き続き要請していきます。


道議会令和2年第1回定例会 予算特別委員会で、建設部、水産林務部、経済部で質問致しました。
建設部では、①道道の除雪体制の確保②民間住宅施策の新たな展開③道営住宅における保証人制度の改正について。
水産林務部では、①新型コロナウイルス感染症による水産加工業への対応②噴火湾における養殖ホタテガイの生産安定対策③昆布漁業④北の森づくり専門学院について。
経済部では、①新型コロナウイルス感染症の影響により観光振興税を進めることの是非②アドベンチャーワールドサミットについて等でありました。
特に、除雪体制の確保については、現最低保証(人件費見合い額)全道平均約46%を緊急措置として増額すべく検討を求めるものであります。
23日の知事総括で良い報告ができるように、さらに関係部署と協議を進めていきます。



令和2年第1回北海道議会定例会に提案される、令和元年度最終補正について聴取しました。これにより一般・特別会計合わせて、519億3,399万円となります。
また、道議会 タクシー・ハイヤー議員連盟で北海道ハイヤー協会 今井会長より、新型コロナウイルスによる深刻な経営困難等に対する支援についての要望書を受理しました。感染拡大のための各種対策が進められている一方で、廃業した事業者も発生しているとのこと。
経済対策も同時に進めなければなりません。