音域を広げる方法

皆さん、こんにちは!!

さあ今回は音域を広げる方法をお伝えしたいと思います。

どんな方法かと言いますと、、、

 「気合いで出す!!」

、、、
というのは冗談です(笑)。

 

まず音域を広げたいという人のほとんどは高い音が

出せるようになりたいと思いますので、高い音の

出し方をお伝えしましょう。

 

高い声を出すときに注意してもらいたいのは、

喉を締めて、首や肩がガチガチに力が入った状態に

ならないようにしたいので、リラックスして、

腹式呼吸で練習してください。

 

いろんな練習のやり方がありますが、

なるべく自分で出来て喉の負担も減らす方法をお伝えします。

始めにやってもらいたいことは、現状の自分の音域を知るということです。これは歌をしっかりうたっている人でも把握出来ていないケースが多々ありますが、自分の音域を知らないで音域を広げるというのは矛盾しています。現時点で出せている音をしっかりと把握したうえで、高音・低音を広げていきましょう。

☆チェックする時には、ピアノを使いましょう

 

さて、音域と出ましたが、自分の声の低音域・中音域・高音域と3つのパートに分けます。中音域というのは自分が出しやすい声より少し高めという認識で持ってください。

この中音域をしっかりと固めて広げていくのが、
良い高音域の
広げ方になると思います。

出しやすい音、出しやすい音から少し高め辺りは気持ちよく声を出せますし、声を出していても力みなども少なくなります。

 

その状態で少しずつ高い音に
チャレンジしていってください。

ある程度までは高音域が広がっていきます。

※喉が痛いなど違和感を感じましたら
出し方が間違っていますので、
注意してください。

以上、音域の広げ方でした。

 

◎腹式呼吸をしっかりと練習して、

◎発声編をしっかりと復習して、

それからチャレンジしてみてくださいね。


それでは、

Let's Sing

熱血ボイストレーナー藤村智史

 

発声練習について(声を飛ばす)

皆さん、こんにちは!!

 

さあ前回の発声コーナーで、姿勢を意識して歌う準備も
整ったと思います。

今回はしっかりと声を出していきますよ♪

 

まず歌をうたう上で、お腹からしっかりと
声を出していきたいと
思いますが、これがまた
なかなか難しいのです(汗)。

 

腹式呼吸がしっかりと出来て、発声でお腹から声を出すことが
意識的に出来るようになって、初めて歌をうたう時に
応用出来るように
なります。

 

ということで、まずは発声練習でお腹から
声を出していきたいと思います。

 

全くの未経験者がお腹から声を出すことが
出来る一番簡単な方法は、


『声を飛ばす』

です!!

 

例えば、山に登った時に、

「やっほ~~~!!」

と叫んだことがありませんか?

 イメージはあんな感じです。

 では、練習方法をお伝えします。

まず、目の前に大きな川が流れているという
イメージを持ってください。

向こうの川岸に友達がいます。

その友達に向かってボールを投げるようにして、

 『お~~~~い!!』

と声を飛ばしてください。

※実際に野球のピッチャーになった気で
 
しっかりと振りかぶってボールを投げるように
 声を飛ばして(投げて)ください。

 
『お~~~~い!!』

 さて、どうでしたか?

この練習は遠慮なく声を飛ばしたいので、家ではなく、

カラオケや音楽スタジオでやってみてください。

それでは、

Let's Sing

熱血ボイストレーナー藤村智史

カラオケ上達方法②

皆さん、こんにちは!!

歌っていますか!?

では、カラオケ上達方法その②にいきます♪

カラオケが上手い下手(歌が上手い下手)の
基本が、
◎音程
◎リズム

です!!

もっと分かりやすく言うと、
◎音程が正しく外れていない
◎しっかりと曲のリズムに乗っかっている

です。

☆詳しくは、こちらのブログの
 音程がよくなる方法
 リズム感をよくする方法
 を読んでください。

そこでさらにワンポイントですが、
どうしても皆さん、歌う時にオリジナルと
同じキー(音階)で歌うことにこだわりますが、
自分にとって高すぎる歌は音程が外れやすく、
またリズム(テンポ)もズレやすくなります。
まずは下げてみて安定して歌えるようになったら
少しずつキーを上げてみることをお勧めします。

それでは、
Let's Sing♪
熱血ボイストレーナー藤村智史

カラオケ上達方法①

皆さん、こんにちは!!

さあ今回は『カラオケ上達方法』について
お応えします♪

皆さん、突然ですが、歌っていますか(笑)?

いいえ!
という方はぜひ歌ってくださいね。

歌の素晴らしいところは声さえ出せれば誰でも
歌えるということです。
ピアノやギターは基礎を覚えないと弾けません!

でも歌は声さえ出せれば誰でも歌えます。

そして今は一人カラオケというのもずいぶん認知
されていますので、気軽に歌いにいくことが出来ます。
※けっこう生徒さんでも、一人カラオケが恥ずかしいという
 声を聞きましたので、そんな方は一人カラオケ店に
 行ってみてください。
◎ひとりカラオケ(ワンカラ)

ということで、カラオケ上達方法のその①は、

『歌うことに慣れる!!』

です!!

ヘタクソでも、なんでもけっこうです。
まずは声を出す、
そして歌いまくる、
結果歌えるようになります!!

そんなの分かっているよ、
という方はカラオケ上達方法②を
ご覧ください。

それでは、
Let's Sing♪
熱血ボイストレーナー藤村智史

リズム感をよくする方法

皆さん、こんにちは!!

今回はリズム感をよくする方法をお伝えします♪

まずこのリズム感というのは聴いてきた音楽ジャンルなどによって大きく変わります。だから環境や好みなどが大きく影響します。

例えばJ-POPSが好きな方は8ビートが得意だったり、
ヒップホップが好きであれば16ビートが得意だったりと。

さて、リズム感を良くするとありますが、
これは音楽を勉強している人達が主にやることで、
例えばカラオケなどが好きでリズム感悪いね~と
言われたりした場合は、リズムより先に、

『テンポ』

を意識してしっかりと取るようにしましょう。


テンポとは、
『拍をどのくらいの早さで打つか』と
いうことですが、なんのこっちゃいな?という方は、
音楽の授業の時に使いましたメトロノームを思い出してください。

カチカチカチカチ~♪

と音がしていましたよね?

あれがテンポです。

曲は必ずテンポが決まっています。
テンポ♪=69とか。

これは基本的に曲の途中では変わりませんので、
このテンポを、
『1、2、3、4』
と、数字でも英語でもいいので曲中ずっと言い続けてください。

これだけで、テンポがしっかりと取れるようになります。

歌をうたってもズレなくなりますよ。

さて、少し長くなりましたが、
以上がリズム感をよくする方法でした!!
※テンポの説明でしたが。。。

それでは、
Let's Sing♪
熱血ボイストレーナー藤村智史