紀ノ川で始まる2019 | satonkyのブログ

satonkyのブログ

関西一円にてフカセ釣り、紀州釣りメインにたまに落とし込みやタチウオ等をやってます♫


テーマ:
皆さま、

明けましておめでとうございます!
本年もまた変わらず宜しくお願い致します!

(^ω^)

年末年始は他の職員の方が休みを取れるようにと、今回はなるべく出勤して職場でのポイント稼ぎでもしようと頑張って連勤で過ごしてみました。
まあでも終わってみれば大したこともなく、正月の間ずっと働いてみた2019年だったと思うだけですね。

あ、勿論その分の休みは今月の後半に少し多目に休みを付けて貰えてます。
釣りの話ではなくて恐縮ですが今月の終わりには国家試験もありますので、その辺への配慮としていただいてます。

なので、

沢山休みがあるからって、釣りばっか行ってたら怒られます

(^^)


更に言うと試験に合格出来なくてもかなり怒られます。(^_^;)

いやー、てえへんだてえへんだ。(^ ^)

勿論ちゃんと勉強もしてますけどね。なかなか思うような成果を出せてないので、若干の焦りもあります。

なので釣りの回数は少し減るとは思います。



多分!!!(笑)




さて、本題です。

この前の月曜日にようやく初釣りへと行くことが出来ました。

今回は奈良県から南下して和歌山市へと向かうルートを使ってみますが、出発が遅れてしまった事もあり到着までに2時間以上を費やしてしまいました。


なのでエサ屋さんにも寄らずにそのままポイントへ直行です。
11時前に到着したのですが周りには釣り人の姿は見えません。

少しホッとして準備します。
釣り開始が11時すぎ少しくらい。

暫くは下りが早くてなかなかポイント作りが上手くいきません。

潮が上がり始める13時手前まで殆どエサも丸残り。

これはヤバイぞ、と思い始めた頃にフグ。
少しずつエサが無くなり出した頃合いに、コーン、オキアミ、サナギのローテーションしていたらコーンの時に絵に描いたような前アタリからのスコン!

ブン!   と竿を振ると凄い勢いでドラグが滑る。

あれ?緩かったかな?と確認してみるとそんなに緩くない。確かに手元に伝わる重さはここ最近ではピカイチ!

思わず一人で雄叫びをあげる

しかしまあ、紀ノ川でナイスなサイズのチヌを掛けるといつも言ってるように思えますが、紀ノ川のチヌはホンマによー引きます。

何度も何度も締め込まれ、堪能してタモイン。
おおよそ6分は格闘し心湧く闘いを存分に楽しんでみました。

ナイスファイト



サイズ的には45くらい。

メジャーなんて持ってきてなかったので目測とタモ枠からの推定。
でもそんな事よりも何よりも本当に楽しい時間を過ごさせてもらった。

すかさず次を狙う。

が、この後暫くは何もなし。
そこからフグ連発。




キツいなー!
と、思ってたら急に静かになって、またコーンでスコンと入るアタリ!

ブン!と竿を立てても素バリ!

なんでや!!??

と思いながらもまた同じポイントに流す。

コーンはキレイに無くなっていたのでまたコーンで流すとスコン!

少し溜めてから合わせ!

一瞬乗ったようにも思うもまた空振り!!

はて??と思いハリを確認すると先が飛んでいた。

これじゃあ指にも刺さらんわ!と激しく後悔!!

ハリ交換してすぐに投げるも時すでに遅し、、、


で、またフグ連発でハリも減る。
それでも残りのコマセをせっせと撒いて頑張っていると今度は登りの流れが早くなってポイントがボヤける。
コマセの量を減らしながら何度も何度も投げ直して同じポイントを流す。

少し緩んだ時に何とか30ちょいが1枚追加。
すぐリリースして更に狙う。

すると流れも緩くなり絶好のチャンス!!

が、そのタイミングでカモが集団でやってきてコマセに反応してきやがる!
可愛いからって何でも許されると思うなよー!!

と思いながらも夕暮れ迫り断念。

ここまでの5時間くらいがどれだけ早かったか。
まあほぼスミ1釣果だったとはいえ、初釣りにしては満足できる引きでした。

チヌにはお礼を言い、そのままリリースして掃除して帰りました。

帰りはまともに阪和道使ってまっすぐ帰宅。
1時間もあれば帰れるけれども高速代は結構かかる。

うーん。時間を取るか節約するかの選択ですなあ。

こうして2019年が無事に幕開けとなりました。
さて、今年はどんなドラマが待っているんでしょう?
また1年楽しく無事に釣りを出来るように頑張ります!!

satonkyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス