6/9の地磯釣行報告☆

テーマ:
ども❕ニコニコ

ワイドショーで観た、某有名女子フィギュアスケーターの愛犬(秋田犬)への可愛がり様を見ていて…ニコ

秋田犬(マサル)を心底羨ましいと思ったサトケンですキョロキョロ


……さて、やや久の更新ですが、先週末は西伊豆の地磯に、よ~ぜふさんとコラボしてきました👍

春の真鯛ノッコミシーズンが落ち着いた6月からは、地磯通いが去年からのパターンになりつつあります👍

そう考えると、通年でも船釣りを除くと、8割以上は夜釣りなんですね😅

で残りの2割の日中での釣りは、秋のイナダなどの青物が狙えるシーズンに集中する訳でして😄

この時期は、ほぼ夜釣り派なんですね~🌠

この度、同行するよ~ぜふさんも夜釣り派の釣友の一人☆
しかも、伊豆界隈の地磯に習熟している方なので、たまにコラボさせて貰っては、色々教わっている訳なのです🙇

で、この日のプランは、夜半までの第一部はよ~ぜふさんと、朝マズメからの第二部はゆーきさんとのコラボ予定の長時間滞在プランであります…ウインク

しかし、午前中に済ませる所用が長引いてしまい、よ~ぜふさんと待ち合わせて、一緒に釣り場まで移動することは叶わず、先に入釣して貰う事に…💦

割りと前もって、事情を伝えておいたので、今回は事なきを得ましたが…。

以後、気を付けます🙇

さて、遅れて現地の駐車スペースに到着して、背負子に荷物をパッキングしますが…。

長時間滞在を予定していているので、用意するコマセ、食料、飲み物がいつもより多めなので、積み終わった背負子の重量がハンパないです( ̄ー ̄)(苦笑)

装備を軽くしようと発泡クーラーにもしているんですけどね…( ̄ー ̄)

で、今回釣行前に、よ~ぜふさんから薦めて貰ってネットで購入した、磯釣行用の足袋タイプのスパイクを持参☆


大同石油の防水スパイク足袋です。

釣り場までの行程が結構ある、この地での釣行には持ってこいかと👍

重い荷物の背負子を背負って、ニュースパイクで、結構な高低差のある山道を辿ってみると…あせる

やはり足袋タイプの方が足首に自然とフィットする感じがあり、疲労度が少ないように感じましたよ流れ星

磯釣行での疲労を軽減したく、スパイクシューズとしての機能も求めている人には、お薦めですね✨

あっ、スパイク足袋用を購入されたら、ソックスも足袋用のものを購入すると良いですよ☆
(自分はワークマンで購入🎵)

して、重い背負子の背負い、ゼェゼェと多少苦労しながらも、よーやく、釣り場のよ~ぜふさんと遭遇流れ星

背負子を下ろすときに、よ~ぜふさんにアシストして貰ったのだけど…。

『サトケンさん、荷物メチャ重くないですかw❗❔😅』

と早速、指摘されてしまったあせる

おそらく、重くなっている主犯は、ドカット(4700シリーズ)を含むカゴ釣り道具類なので…あせる
これをタックルバッカンなどにして、カゴ釣り道具も減らして軽量化しようと思います😅

よ~ぜふさんと今日の状況を聞きつつ、日暮れ前のチャンスタイムから、自分も竿を出すこと流れ星


今回は、3号のインナーラインロッド、メガマックス 3-52で、スピニングでなく両軸リール シーホーク300との組合せです✨

インナーラインロッドなので、穂先とラインの絡みも無いので快適ですが☆

やはりスピニング仕様なので、キャスト時に竿尻とリールシートまで長さが気になるところですね~😅

この日は、若潮のために潮の流れも殆んどない状態のためか、チャンスタイムの日暮れ時でも、掛かるのは小鯖かネンブツ鯛といった有り様で☆

よ~ぜふさんからのアドバイスのあり、近投で5m間隔で狙い目のラインを横方向にトレースして、コマセを撒くようにして、期待できる左流れの潮を待ちます(´・ω・`)

そして日暮れから一時間ほど経過した時に、微妙に左に流れ始めたな…。と思ったその刹那❗❕

スポーン❗

オレンジ色の電気浮きを消し込む当たりあり❕(・∀・)

尺オーバーの魚体の綺麗なイサキをよーやくGETですニコニコ


一匹釣り上げたところで、使用していたよ~ぜふさんの夜光カゴから、今回試したかった、先日の釣行で入手した釣り友ソデさんの一発カゴ、ソデ撒き君(ミニ)に換えてみることに✨


地磯でのイサキやアジ狙いでお薦めですよ~☆
とソデさんから言われていたので、着水後に軽くシャクってからの、付け餌にコマセが同調したかな~!?✨

ってタイミングで、もう一度、ラインのテンションを張った状態で、ゆっくり目にスーと竿を上げると…。

スポッw❗❕

…クゥ~。たまらん😁(笑)

イメージ通りに魚を掛けることが出来て、かなり満悦していたのですが…。
おそらく掛けた魚もさっきのサイズのイサキだと思う引きでしたが、これはバラしてしまいました…ガクリ

残念でしたが、一発カゴ ソデ撒き君で戦術通りに(たぶん)イサキを掛けれたことで😄

ソデ撒き君でコマセを頻繁に撒いて効かせてからの、よ~ぜふさん夜光カゴでじっくりとコマセ撒く手法でイケそうな気がしました👍

この後もドンドン行くよー(´・ω・`)✨

と思ったのですが、理想的な潮の流れが直ぐに止まってしまい、以降はウネリも入釣当初よりも高くなってきてしまい…あせる

ゆーきさんも仕事が片付かず、明日の釣行は断念しますとの報を受けていましたので☆

第一部で終了のよ~ぜふさんと一緒に上がることにしました😅

さて、地磯釣行では今回からスカリを持ち込んでいて、終了時に絞めようと釣り座に戻って、スカリを結んでいたロープを引き上げて回収しようとすると…。

あるはずのスカリが無い❗❕(* ̄∇ ̄)ノ

…結んでいたロープも強度があるしっかりとした物だったのですが、ウネリが大きくなった事で、磯の岩に激しく擦れてしまったようで、ロープが切れてしまってました…ガクリ

スカリを無くした事と得物のイサキを失った事は痛手でしたが…。改めてウネリの破壊力を思い知った次第です😅

せめてそのウネリのパワーで、スカリがほどけて中のイサキが逃げてくれれば良いのだけどね…😆

そんな思いをしながら片付けていると、その合間にこの地で居合わせた、同時刻に撤収してるベテランフカセ師とよ~ぜふさんは話をしていて☆

夕マズメ以降に二人のフカセ師も、イサキ一匹しか上げれなかったという、激シブな状況でしたあせる

こんな時は、粘らずに潔く撤収して正解😅

近々、またリベンジしましょう(* ̄∇ ̄)ノ