太陽

テーマ:

「太陽 THE SUN」を観てきました。


この映画は、第2次世界大戦終結後の数日間の昭和天皇を描いた映画です。昭和天皇が現人神から人間になる数日間を描いています。

現人神であった天皇が、人間になる。その間の苦悩はどんなものだったのか。

「天皇ヒロヒト 彼は、悲劇に傷ついた、ひとりの人間」、そんなフレーズも私の興味を増しました。


この映画は、日本国内での上映は難しいといわれていたそうです。そうでしょうね。日本人にはまだまだこういう映画は撮れないと思います。日本人が描いたらもっと違う内容、もっと美談になっていたと思います。


監督はロシアのアレクサンドル・ソクーロフ、今回の映画で初めて知りました。

この監督は、レーニンを描いた「牡牛座」、ヒットラーを描いた「モレク神」を撮ってて、今回の昭和天皇を描いた「THE SUN」で第2次世界大戦の主要人物を描いた映画3部作になるそうです。


「ヒトラー」は今までにも映画化され、大体において独裁者の狂気と孤独を描いた批判的な内容ですが、昭和天皇は外国人から見た場合どう描かれるのかすごく興味がありました。

この映画では全体的に敬意を払って丁寧に描かれていたと思います。


イッセー尾形の演じる昭和天皇は、きっとこういう感じだったんだろうなと思わる雰囲気、話し方、歩き方でした。

ただ、口をもごもご動かしているあたり、確かに話をされるときの天皇陛下はそんなイメージがあったけれど、少しばかりデフォルメしていないか?と思いました。

それと、天皇陛下の「あ、そう」というフレーズが何度か出てきたが、後半になってそのフレーズが出てくるたびに劇場内から笑いがおこりました。この笑いって何なんだろう。。。笑いを取ろうとして意図して入れているとも思えなし。。。。


マッカーサーが天皇に対面して、戦争の責任があるかどうか、今後どういう対処するかを見極める場面があるのですが、マッカーサーは天皇の発言や行動に戸惑ってしまいます。子供なのか?本心をみせていないのか?

(この場面には、よく言われているような美談は出てきません)


実際の昭和天皇とはどんな人物だったんでしょうね。

「天皇陛下バンサイ」と言いながらどのくらいの人が死んでいったんだろう。

それをどう感じていたんでしょう。

現人神からひとりの人間となった後、何を感じたんでしょう。


 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★★☆☆


スタッフ

監督:アレクサンドル・ソクーロフ


キャスト

イッセー尾形

ロバート・ドーソン

桃井かおり
佐野史郎

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

(2006/9/4)


日本沈没

テーマ:

日本沈没が公開されたはじめてのレディースデーに観て来ました。

1973年に上映された藤岡弘、いしだあゆみが出演していた日本沈没は観たことがなく、

小松左京の原作も読んだことがなかったので、まったく内容は知りませんでした。

でも、公開直前にTV CM で流されていた渋谷や大阪が崩壊していく場面は印象に残っていて

時間があったら観てみようかなぁ・・と思っていました。


公開されてはじめてのレディーズデーは混雑していました。

結構年配のご夫婦らしきカップルが多かったです。

 

さて、内容ですが、ここからはネタバレです。

あしからず。。。。


「日本はあと数年で沈没する」というショッキングな報告があった。

地球科学博士の田所は、小野寺と結城が乗った潜水艇で調査した結果

日本列島近海の海底では異常な現象が起こっていた。

この報告は直ちに日本政府に伝えられるが、官僚たちは真面目に話を聞こうとしない。


そしてある日、各地で不審な地震が起きはじめ

徐々に被害が拡大する。

崩壊する都市。

迫り来る津波。

火山の爆発。


日本から脱出する人が空港や港に押し寄せる。


危機管理担当大臣に任命された鷹森は田所のもとをたずね、

日本の危機を救う手段がないかたずねる。


唯一考えられる手段、それは

日本列島を地底へ引き込んでいる断層(?というのか??)を分断するために

強力な威力を持つ爆弾を仕込み、いっせいに爆発さるというもの。

鷹森は各国に協力を求める。


そんな状態の中で

小野寺はレスキュー隊の玲子と知り合う。

惹かれあう二人。(いい感じ)

小野寺は玲子に一緒に日本を脱出しようと誘う。

しかし、玲子は大事な人がいる日本を離れることはできないと言う。


小野寺は考える。

自分の生まれ育った日本について。

自分の愛する家族について。

自分の愛する人たちについて。


小野寺は愛する人たちが生き残るために、自らの命を引き換えに、潜水艇に乗り込むことを決意する。


「約束を破ってゴメン。君がこの手紙を読んでいる頃、イギリスにはいないと思う。・・・」(←こんな感じだった)

小野寺からの手紙を読んだ玲子はバイクを飛ばし、出発する直前の小野寺のもとへ駆けつける。

最期に堅く抱き合う二人。(涙;;)


小野寺は日本を救うために潜水艇に乗り込む・・・・


って感じかな。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★★☆☆


小松左京原作

樋口真嗣監督


小野寺俊・・・草なぎ剛

阿部玲子・・・柴咲コウ

田所(地球科学博士)・・・豊川悦司

危機管理担当大臣 鷹森・・・大地真央

結城・・・及川光博

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 

小松 左京
日本沈没〈上〉
小松 左京
日本沈没〈下〉

 

アミューズソフトエンタテインメント
日本沈没 M-1.0

ユナイテッド93

テーマ:

「ユナイテッド93」を観てきました。

あの悲劇からまだ5年しか経っていないのに、このような映画を作ることができた

ことにまず驚きました。

日本ならば、こんな短時間ではできなかったのではないでしょうか。

この秋には、オリバー・ストーン監督の「ワールド・トレード・センター」が上映されます。

この映画のすべてが真実かどうかはわかりませんが、

あの日、TV画面の向こう側で実際に何が起こっていたのか

知ることは大切なことだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2001年9月11日

アメリカの民間機4機がハイジャックされた。

誰もが想像もしなかった民間機をハイジャックしての自爆テロ。

アメリカン航空11便とユナイテッド航空175便は目標であるワールド゙トレードセンターに激突した。

アメリカン航空77便は国防総省ベンタゴンに激突した。

そしてもう1機、ユナイテッド93だけは目標をはずれ、ペンシルベニア州のシャンクスヴィルに墜落した。

ユナイテッド93に搭乗していた乗客・乗員が、ハイジャックされ墜落するまでの出来事を時間にそって再現している。

ハイジャックされ、死が目の前に迫ったとき、生きるため、勇敢にも犯人に立ち向かった乗客に

結末をしりながらも、どうか助かって欲しいと願わずにはいられなかった。


今回のこの映画に乗客として出演した役者は、自分が演じる人が、どんな性格で、どんな人生を送り、当日どのように空港に向かったのかを事前に伝えられたそうだ。

その中には直接亡くなった家族と交流を深めた役者もいたらしい。


93便の乗客の皆様のご冥福をお祈りいたします。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

監督    ・・ホール・グリーングラス

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ フライト93の真実:THE FLIGHT THAT FOUGHT BACK


エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ ハイジャックフライト93



リスト

テーマ:

3月上旬から随分お休みしてしまいました(^^;)

日々の雑用に追われながらも、映画やDVDを観たり、本を読んだり・・・の生活を送っていました。


ボチボチ、お休みしていた期間に観た映画を書き込みしていきたいと思います。


今日は忘れないようにリストだけ書いておきます。


ナルニア国物語(映画館2回目)

ベルベットレイン(DVD)

シンデレラマン(DVD)

ファンタチック・フォー(DVD)

蝉しぐれ(DVD)

ヒトラー~最期tの12日間~

セブンソート(DVD)

モンスター(DVD)

アビエイター(DVD)

海猿 Limit Of Love(映画館)

Always3丁目の夕日

ダビンチコード(映画館2回)

ムーランルージュ(DVD)

花よりもなほ(映画館)

嫌われ松子の一生(映画館)

インサイドマン(映画館)

ドミノ(DOMINO)(DVD)

日本沈没(映画館)

MI-Ⅲ(映画館)




美しき野獣

クォン・サンウの「美しき野獣」を観てきました。

映画のチケットを買ったら、クォン・サンウのポスターをもらいました。


今まで私が観たクォン・サンウは「天国の階段」、「悲しき恋歌」、「太陽に向かって」、「同い年の家庭教師」などなど。

特に、「悲しき恋歌」のクォン・サンウの涙は胸がキュンキュンしてしまいました。


今回の映画は、R-15指定されていたので、そうとう暴力シーンがあるのかしら・・・と思っていたら、

最初から最後までアクションシーン(暴力シーン)でした。

甘いクォン・サンウの姿は全くありません。

無精ひげを生やし、髪の毛はぼさぼさ、いつも何かに不満があるようなぎらぎらした雰囲気で、アクションをこなすクォン・サンウは男臭くて、いいかも。。


さて、お話は・・・

刑務所の出所シーンからはじまります。

出所した弟を迎えに行くチャン。同じ日に出所したヤクザのボス、カンジン。


ソウル地方警察の凶悪犯罪捜査班の若き刑事のチャン(クォン・サンウ)。

彼は犯人を捕まえるためなら手段を選ばず、力づくで逮捕しようとする、過激でどこか寂しい陰のある人物。

そんな彼だが、病身の母と父親違いの弟には深い愛情を向ける。


ある日、弟が殺された。

弟は、ユ・ガンジン率いる犯罪組織に口封じされたのだった。

彼は犯人を探し出し、捕まえようとする。


そんな時、冷静沈着なソウル中央地検のエリート検事、オ・ジヌと出会う。

彼もまた、ユ・ガンジンの犯罪組織を捕まえようとしていた。


こうして、同じ犯罪組織を捕らえようとしている立場も、性格も、全く違う2人が出会う。

オ・ジヌは賄賂にも目もくれないチャン刑事をパートナーに選んだ。

共に犯罪組織を憎み、正義を追い求めて、組織を潰すために協力する。


しかし、どんなに頑張っても、2人に立ちはだかる犯罪組織の大きな壁(わな)。

2人はどうやって対抗しようとするのでしょうか・・・


そして、ラストは・・・・どうなるでしょうか。



映画を観終わったときに、悪を憎む2人の結末が、今の世の中の現実なんだろうか。。。

と思うと、虚しくなりました。

「正義」は勝つ!とか「法」は平等だ!なんて偽善で、結局は権力を持った人間が「悪」も「善」にしてしまうのか・・・・なんて悲しいよね。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★★☆☆


監督    ・・キム・ソンス

チャン刑事・・クォン・サンウ

オ・ジヌ  ・・ユ・ジテ

ユ・ガンジン・・ソン・ビョンホ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ユニバーサルミュージック
クォン・サンウ コンセプト・オブ 美しき野獣
 
キム ソンス, ハン ジフン
「美しき野獣」公式ノベライゼーション
 
SHOWBOX, MEDIAPLEX Inc.
「美しき野獣」公式フィルムブック
 
クォン・サンウ「美しき野獣」公式写真集
 
(2006/3/6)




PROMISE -無極ー

先週末から上映中の「PROMISE -無極ー」を観てきました。

今回も週末は混雑しそうなので、月曜日の朝、1番最初の上映時間を狙って行って来ました。

大正解!5人しかいませんでした。


この映画、予告を観たときから早く観たくて、上映が待ち遠しかった。

アジアの映画は大好き!だし、歴史っぽい映画も大好き!だし、


なんていったって今回は、中国のチェン・カイコー監督で

アジアのトップスター

日本の真田広之、韓国のチャン・ドンゴン、香港のニコラス・ツェーとセシリア・チャンが終結だもんね。


まだ上映中なのでネタバレしないように

 


 

お話は・・・

 

絶世の美女、傾城(セシリア・チャン)は、幼く貧しかった頃「世の中のすべてを手に入れる代わりに真実の愛を得られない」という運命を背負った。

運命を変えるためには、川が逆流して、時間がさかのぼる。

 

大将軍・光明(真田広之)は花の甲冑を着ることを許された男。「心が動き、涙を流したときに死ぬ」と予言される。

奴隷の毘崙(チャン・ドンゴン)はとてつもなく俊足の男。光明の奴隷として一生尽くすと誓った。

無歓(ニコラス・ツェー)は冷たい氷のような男。傾城を奪おうと画策する。

 

そして、もう一人。鬼狼(リウ・イェ)。

黒い衣をまとい、無歓の刺客として生きる男。 いい味だしてる。

 

この光明・毘崙・無歓男3人と傾城、運命は逆らえないんでしょうか・・・という話かな。

 

TVでこの映画を『「HERO]や「LOVERS」のような映画ではなく、この映画はファンタジーだ』

と紹介していたが、確かにこれはファンタジー映画だわ。

「HERO]や「LOVERS」とはぜんぜん違う。


最初の合戦シーンや毘崙(チャン・ドンゴン)の走りの特撮は面白かった。

野生的で格好がいい・・・と思う人もいるかもしれないけど、

私は、ものすごいスピードで走っている姿をみて、ふきだしそうだった。

光明(真田広之)は歳取ったなぁ・・・と思いながらみていたけど、なかなか渋くてよかったよ。

無歓(ニコラス・ツェー)は白の衣装で冷徹な感じがよかった。

傾城(セシリア・チャン)はただただ美しい。

 


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★★★☆

 

監督   チェン・カイコー

光明   真田広之
毘崙   チャン・ドンゴン

無歓   ニコラス・ツェー

傾城   セシリア・チャン
鬼狼   リウ・イェ

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(2006/2/13)

 





宇宙戦争

テーマ:

「トップガン」、「カクテル」の時代のトム・クルーズはその姿を見るだけで

ため息がでるほど格好良かったです。はぁ~!


「宇宙戦争」が公開のころ、トム・クルーズやスティーブン・スピルバーグ監督も来日し、

メディアを賑わせていましたが、どうも映画館に観に行く気になりませんでした。

それは、この映画が地球を侵略しようとする(=地球人を駆除しようとする)エイリアンと

「戦う」というよりは「無力な人間が逃げ惑う」映画というイメージを持っていたからです。


さて、おはなしですが、

ある日、晴天だった天候が崩れ、強風が吹き荒れる。

激しい稲光が交錯し地上に落ちた。

それは100万円前に地球に送り込まれた侵略者達が目覚め

地球人を駆除しようとする前触れだった。

その日はたまたま、トム・クルーズ演じるレイが別れた妻に引き取られている

息子と娘と過ごす日だった。

“侵略者”たちが操る巨大な“トライポット”が姿を現し、

次々と襲い掛かってくる。

逃げ惑う人々。あっけなくとらわれ殺されていく。

平穏な生活が、あっという間に恐怖とかした。

レイは息子と娘を守り、母の元へ届けようとする。

そして・・・・


ストーリーは特別面白いとは思わないけれども、映像はよくできていたと思います。

お金かかってるんだなぁという感想です。

それと、比較的こういう映画では「みんなで助け合う」シーンが出てきますが

(この映画では、もちろん助け合うんですが)

自分が助かればいいみたいな人もでてきて、

レイたちが乗った車を力ずくで乗っ取ったり、我先に逃げようとしたり、

そういう究極のパニック状態になったときの人間の醜さがあって、

その部分は面白かったです。はい。


最後ですが、あぁいう終わり方だとは、想像もつかなかった。

そう、そんなもんなのね。あら、終わった。。という感じでした。

  




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★☆☆☆ 


スティーブン・スピルバーグ監督

トム・クルーズ

ダコタ・ファニング

ティム・ロビンス出演


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
宇宙戦争  
  
 
(2006/02/03)
 


四日間の奇跡

テーマ:

「四日間の奇跡」(浅倉卓弥)は第1回の「このミステリーがすごい!」大賞の金賞受賞作品で

100万部を超えるベストセラーになり、映画化され、コミック化された本です。

DVDをいつか見ようと思いつつ、レビューを読む

PUREな気持ちになったとか、感動して涙が止まりませんでした

というような感想がおおくて、後回しにしていました。


今回は、DVDよりも先に原作本を本で見ました。


おはなしは

留学先の海外で、ある事故に遭遇して指を失ったピアニストの如月。

彼はその事故で脳に障害がある千織と出会う。

彼女はその事故で両親をなくし、身寄りがなかった。

彼女の保護者の役割をつとめることになるった彼は、千織のピアノの才能を発見する。

彼女は一度聞いた音楽を間違えることなく完璧に演奏することができた。


そんな彼女とともに各地を演奏してあるいていた。

ある日、山奥にある診療所を訪れる。

そこで、高校時代の後輩の真理子に出会う。真理子は高校時代ひそかに如月を慕っていた。

他人になつくことのない(むしろ他人に怯える)千織は、真理子にははじめからなついていた。


千織と真理子がヘリコプターを見に行ったとき、雷がヘリコプターを直撃してしまう。

千織を守ろうとした真理子に、破片が突き刺さり、危篤状態になる。

意識を取り戻した千織は、いつもと様子が違っていた。


千織の中に、真理子がいたのだ。

3日後の夜中まで、千織の中に真理子がいる。

4日間だけ、千織の中に真理子がいる。


さて、これからどうなる・・・・


っていうおはなし。


如月は指を失ってから人前でピアノを弾くことなく、いつも手袋をしている

千織は脳の障害でうまく言葉を話すことができない

真理子は自分の死と直面した恐怖と、自分の人生を振り返る

真理子を慕う未来やその他の病院のスタッフは


それぞれの4日間が始まった。。。。。


で、どうなるか。まぁたぶんみなさんが想像した通りです。


山奥の診療所で余分な部分がそぎ落ちて、如月が変わってく様子は

自分を重ねて考えさせられる部分もありました。


それに、診療所で暮らす患者さんとそのご家族の様子は

これは私自身も父のリハビリを半年手伝ったことがあるので、

自分と重ねて読むことができました。


ただ、全体として感動したかというと、私は感動しなかった。


前半の、如月が指を失って千織と各地を演奏してあるく部分は、

ひきつけられ一気に読むことができましたが、

事故に会ってからの、この本の中心部分に入ってからは、

どこかで読んだような内容だな、だけど何だったっけ?となかなか思い出さない苛立ちと

長々とした脳についての説明。

音楽についての説明。

少々うんざり気味でした。


「世界の中心で愛を叫ぶ」を読んだときも、感動しなかったから、

私にはこの手の本は苦手なのかもしれません。


でもDVDはみようと思います。

余分な部分を削って作ってある(と思われる)映画の方が、感動するかも・・・


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★★☆☆ 


浅倉 卓弥
四日間の奇蹟
東映
四日間の奇蹟

(2006/2/3)





我が家には愛犬ゴールデン・レトリーバーがいます。

犬の中でゴールデンが一番可愛いと思います。(←親ばかです)

 

そんな私が衝動的に借りたDVDがこの「スーパードッグ エア・バディ ビーチバレーで危機一髪!」です。

(隣には「「スーパードッグ エア・バディ ベースボールで一発逆転!」がありました)


ゴールデン・レトリーバーのバディが活躍するお話です。

バディの友人(飼主)のアンドレアは隣に住んでいた親友のタミーが転校してしまい悲しんでいた。

タミーに会うためにカルフォルニアまでの旅費をためようとバイトを探すが、なかなかうまくいかない。

そんなときに隣に引っ越してきたコナーとともに地元のビーチバレーのチームに入り優勝を目指すことになる。優勝すればプロのビーチバレーを見にカルフォルニアに行ける!

アンドレアはバディを相手に練習を重ねる。

(バディはバレーがとっても上手!)

ある日、メンバーが一人辞めてしまう。その代わりとして、バディがメンバーになる。

順調に勝ち進んで行ったある日、バディは2人組の宝石強盗に誘拐されてしまう。

誘拐犯の目的は大きな宝石。それをバディに盗ませようというのだ。

 

・・・・・・

くらだないけど面白い。なんてったって、バディは頭がいい。運動神経もいい。顔も可愛い。

バディがビーチバレーでブロックをしたときには大笑いした。

それからもうひとつ。アンドレアの弟のジョッシュ(だったかな?)がとてもかわいい。

・・・・・・・

 

ゴールデン好き、子供向けの映画です。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★☆☆☆ (犬好きな向け)

監督:マイク・サウソン 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
スーパードッグ エア・バディ / ビーチバレーで危機一髪 !
  
  
 
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
スーパードッグ エア・バディ / ベースボールで一発逆転 !
  
  
(2006/1/29)

THE 有頂天ホテル

テーマ:

三谷幸喜監督の映画、「THE 有頂天ホテル」

今あちらこちらで宣伝していますよね。


これは絶対にはずすことはない、面白いはず。。。。

癖のある登場人物、いろんなところに小技が効いていて面白かった。

大笑いできるかというと、そうでもなかったけど、小笑いがたくさんある、そういう感じの映画でした。

同じホテルを舞台にした映画でも、

前日に観た「ホテル・ルワンダ」はジーンと心が重くなり、「THE 有頂天ホテル」は心が軽くなった。


お話は、癖のある登場人物が入り混じって進みます。

入り混じりすぎていて、うまく説明できません。

だから、主要な登場人物を中心に箇条書きで紹介します。

もしかしたらネタばらしちゃうかも。



舞台はホテル・アバンティの大晦日。


ベルボーイの只野くんは歌手になる夢をあきらめ、仕事をやめて実家に帰る決意をしてホテル・アバンティを退職した。

→大忙しで、一日だけ復帰、お部屋に案内したお客様・自殺願望の大物歌手・徳川をなぜか自分の歌で励ますことになった。


客室係のハナさんは、かつて政治家の愛人で今はシングルマザーとして働いていた。

→清掃を担当した部屋で高価なアクセサリーを身につけていた時、耳の大きな男が現れた。

 どうやらハナを父親の若い愛人と勘違いして、別れさせようとしていた。


ハナさんの元不倫相手の若手政治家、武藤田は汚職事件がばれ(?)マスコミから逃げるため、ホテル・アバンティに宿泊していた。

ヨーコはホテル・アバンティに姿を現すコールガール。武藤田に連れられてホテルにいた。

→武藤田は自殺しようとしている・・・ヨーコは気が付きとめようとする。


ホテルの副支配人、新堂。今はなんでもこなす一流のホテルマンだが、昔は舞台監督を夢見ていた。

そこに前妻の由美が現れる。

思わず新堂は、由美にバレバレのうそをついてしまう。


その他、ホテルの総支配人やアシスタントマネージャー、ホテル探偵、芸人たち、いろんなひとが入り混じっている。

説明できない!!!


でもひとつひとつ、ぜんぜんかかわりがないようで、それがつながっていて、最後には輪になっている(つじつまがあっている)。


笑えるし、元気がでる映画です。

(私が一番笑えたのは、総支配人の伊藤四郎さんです。)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さと姫のおすすめ度 ★★★☆☆

キャスト

新堂平吉・・・役所広司

ハナさん・・・松たか子

只野くん・・・香取慎吾

ヨーコ・・・篠原涼子

武藤田・・・佐藤浩市

総支配人・・・伊東四朗

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


(2006/1/26)