堺市中区 もとかわピアノ教室

本河 聡代です。
 
勇気づけの音楽家
松井美香先生が主催される
勇気づけ指導者オンライン勉強会の2期 2回目
 
 
 
2月のテーマは、
課題の分離』でした。
(今回は、リアルで参加できませんでしたので、
後日、録画で学ばせていただきました。)
 
 
 
子どもに何かあったとき、
 
 
例えば、
・お友達関係でうまくいってないとき
・学校へ行くのを嫌がるとき
・勉強をしない
 
などの問題が発生したとき、
子ども以上に親の方がアタフタしたり、
怒りまくったり、落ち込んだりって
ことないですか?
 
誰の課題かはっきりさせることで、
お互いに感情的にならずに、解決策がみえてくることもあります。
 
もちろん、頭では理解できていても、
どうしても感情的になることもあります。
 
大切な我が子のことだもん、心配にもなります。
腹も立ちます。
 
うちは、娘が大学生ですが、
授業をさぼりがちな時期があったり、
大学院に行きたいといいながら、
そこに向かって行動してるようには
見えない。
 
 
高い学費払ってるのに
無駄にして・・という怒りの気持ちと、
 
このままだったら、どうなるの?という心配
 
つい、感情的な言葉をぶつけてしまうことも
1度や2度ではありませんでした(^-^;
 
でも、
学校に行くか、行かないかは、
娘の課題なんです。
 
最終的に自分の行動の責任を取るのは娘
 
 
ただし、大切なことは、
課題の分離をして、
これは、娘(子ども)の課題だからと、親としてほったらかし
ではないのです。
 
 
 
共同の課題として、
対処法があるのです。
 
 
娘に任せてみると、親が思う以上に、
娘なりに、ちゃんと考えて行動してることも
わかりました。
 
 
それでも、どうしても感情的になることはありますが、
『課題の分離』というのがあることを知っているのと
知らないのとでは、子育てや対人関係の悩みも
変わってくるのではないかなと思います。
 
 

 
■ もとかわピアノ教室
◆レッスンについて

  教室ホームページ

◆お問い合わせ

  こちらから お願いします

◆Line @ 
 
 
 

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

 
友だち追加