身体と心にやさしいヘナの美容室、美容師ちえみの岩手楽園通信

身体と心にやさしいヘナの美容室、美容師ちえみの岩手楽園通信

岩手県奥州市にて、カラダにやさしい美容室「ヘアーアトリエ カイラス」のオーナーちえみが、美容師としての30年以上のキャリアを元に、貴方がより美しく輝くように努めます。更に歴女な私が岩手の歴史のこと、健康や癒しのこと・・お届けします。

椅子ヘアーアトリエカイラスのご案内


リーフヘナ100%のインディハーブを使用している、髪にやさしい美容室です。水には電子水・ミューア・素粒水・ケオン水を使用。店内は、ミューアによる磁場調整、電子技法により、美容室特有の臭いがなく、マイナスイオンあふれる空間調整を行っております。また各種健康食品やグッズも取り揃えております。




住所 岩手県奥州市胆沢区小山字下野中3-9 (駐車場4台)地図


電話 0197-47-2148(予約優先)

営業時間 AM 10:00~PM6:00


定休日 月曜日・第1火曜・第3日曜


MENU


パーマ(シャンプー・カット・ブロー込み)8000円~


ヘナ染め 7900円~


ヘアカラー6980円~  


ロング料金は別途  




魔法の脂が手に入りました。




何故魔法の脂と言うのか

それは、傷口にはこれが一番効果があるからです。

職業柄、生傷はありますし、
パーマ液をはじめとする薬液で
手はこれから冬にかけて荒れていきます。

お湯も手の脂を取り去るので
この魔法の脂は
私の常備薬になります。

さて、この魔法の脂

正体はなんだと思いますか?

正解は 熊です。

熊の脂は、
ひび、あかぎれ、かかとのケアや美容クリームとして、特に切り傷には万能なんです。

熊の脂は魔法の脂。

今日10月14日は
旧暦の9月9日
重陽の節句

菊の節句とも呼ばれていますね。




今朝のお茶は

菊の花と黒烏龍茶のブレンドをいただきました。


彼の国では、

蒸しパンをいただくのと

高い場所に登るのが良いらしいですね。




紅葉を見に🍁

少しでかけてみますか。


今日も安全にね。

行ってらっしゃい。

不思議な人に会いました。

Qishoさんといいます。




友人を介して知ったのですが

なんとも不思議なセッションでした。




私がいろんな人に会うので
エネルギー調整したら
もっとパワフルになると思うよ
という事で教えてくれたのですが、

zoomの画面越しではありましたが、

私が小さな頃から
抱えていた
不平不満を
ポイポイと取りさってくれたのです。





終わった後は
なんだかホワホワしてしまいました。

私も不思議な美容師と言われてますが、

この世の中

なかなか不思議な人がいます。









北から始まる
って言葉が響いてきた

大自然の前で
なんと小さな私。







早池峰山の麓にある太陽舎で開催された
SHOGENさんのお話し会に参加してきました。

SHOGENさんの事は友人を介して
10年くらい前から知っていたので、
今回岩手でお話し会があると知り
参加させていただきました。


京都生まれで、
絵に関する仕事を主にする家に生まれ
一度は違う道に就職しましたが、
アフリカのティンガティンガとの
衝撃的な出逢いから
勤めていた会社を辞めて
アフリカ行きのチケットをその日の内にゲットして
ビザが降り次第、アフリカへ旅立ったそうです。


会の前に、ランチに立ち寄った
同じく花巻市大迫にある星耕茶寮さんで
SHOGENさんと
主催の京子さんとニキさん夫妻に会いました。


美味しいランチをいただいた後に、
太陽舎へ向かいました。


会場は、納屋だった部分を
リフォームしたばかりの
イベントホール! 

京子ちゃんとニキさんは
縁もゆかりもない岩手に引っ越して来て4年!
あっと言う間に
古民家を素敵はペンション風に
生まれ変わらせてしまいました。

ボロ屋…失礼😅
の頃から知ってる私は
京子ちゃんとニキさんの
底知れないパワーに
しばし圧倒されっぱなしでした。



お話し会には
10名ほど参加されていて、
平泉在住の佐川さんによる
雑穀スイーツがおやつにだされて、
会は和気藹々のあたたかさ。

テーマは歓喜!
これはお話会のテーマでもありました。
喜びにあふれた
やさしい味がしました。



ティンガティンガは
6色の色を使い、
下書き無しで描かれる
ハッピーアートです。

ティンガティンガのアーティストとして
名乗れるのは血族のみ。

なのでSHOGENさんは
アフリカンペイントアーティストと名乗っているそうです。

アフリカに単身で渡り、
ブンジュ村での暮らしの中から
数々のアート作品が生まれました。

会場には、数点の作品が並び
その逸話をSHOGENさんから
聴きながら、
へぇ〜 だの。
うわ〜 だの。
声をあげて感動する参加者が数名。

行った事のないアフリカへ
心はしばし飛んでいました。


実際にブンジュ村で暮らし、
絵の師匠のノエルカンビィー師や
村長。そして子供達から
SHOGENさんは
忘れていた沢山の心を学んだそうです。

4.5才の子供達から
「今日は幸せだった?」とか
「SHOGENの話には体温がないから伝わってこない」などなど
小さな子供だと油断していると
はっ!とするよいな
実に的を得た質問が飛んできて
驚きの毎日だったそうです。

村長さんからは

圧倒的な自然の中では、
どんな争いも許される
と言う学びや

人に対しては
心の余裕と感謝の気持ちを伝えること。
それは自分の世界を広げる事になるから。

アフリカの人々はとにかく
心と心の会話を大切にするそうです。

小さな子供の話にも耳を傾けて、
流れ星を実際に取りにでかけたり、
お互いの気持ちを尊重する暮らしが日々あるそうです。

だからなのでしょうか、
SHOGENさんの描くアートは
見る人を幸せにしてくれます。

私は2枚ほど購入しました。



ねっ😊

見ているだけでハッピーになるでしょう



また、アミニズムの話では。

村長さんのお爺さんは実はシャーマンで
生前、行った事も、会ったこともない
日本についてこう話されていたそうです。

「日本人の特殊能力はすばらしい!
虫の音がミュージックに聞こえる民族は
日本人とポリネシア人以外この地上にはいない
日本人が虫の音が聞こえなくなった時
この世は終わる」

この話がちゃんと
ブンジュ村には代々伝えられていて、
だからこそ、SHOGENさんが迎え入れられたのだと言う事でした。

虫と会話ができた。
という話を聞いて、私は私の曽祖母が実際に
虫に人が来る気配を聞いていた事を目の当たりにしていたので、確かなことだと思います。

SHOGENさんによると
虫が羽をこする音程と、
日本語の発音が同じなのだそうです。

村長さんのお爺さんは
「日本人は素晴らしい!」と何度も
話していたそうです。

秋が深まり、
虫達のさえずりを
心地よく聴きながら過ごせているから
まだまだこの世は安泰のようですね。
でも、世界の危機が迫る時は
もしかして…心しておこうと思いました。


「1日で一番大切な時間はいつ?」

ブンジュ村の村長さんが問います

答えは。

寝る前。
明日。どんな人に逢い、
どんな言葉を掛けるかを
想像して眠るのが幸せ。
SHOGENは豊かさの弊害にあったんだね
人を想う時間がなかったんだね

と言われたそうです。

更に

自分らしく生きる覚悟を決める
また、歓喜している人の
足を引っ張ってはいけない。



素晴らしい会を開いていただき
ありがとうございます。

また必ずお会いしましょう。

主催してくださった
アマラ京子さん、ニキさん。
ありがとうございます。

岩手県花巻市大迫
早池峰山の麓。太陽舎にて。






仰ぎ見て
天の高さを覚えつつ
こうべを垂れる
薬師かな

…良い日、良い天気の昨日。
午後から時間が空いたので、
ご縁を頂戴した黒石寺様へ
娘とお参りさせていただきました。



この場所に立つ度に
今年の1月、旧暦の20日
例年でしたら、
奇祭として有名な
黒石寺蘇民祭が行われる日
蘇民祭青年部の門番のみーさんから
お声がけいただき、
有志数名で仰ぎ見た夜空には
妙見信仰の証の北斗七星が
時間を追う毎に
大きく回遊する様を見ました。




あれから何度も黒石寺様にお参りに伺いますが、
木々が遮り空を見るのは
ひっくり返らないと見れないのです。




黒石寺蘇民祭の日。
旧暦正月二十日は
何か計り知れない者たちが蠢く時なのかもしれません。

いにしえの人々の感性には
ひたすら
首を垂れることしかできない私です。

月の満ち欠けは決まっていても
沢山の条件が揃い
二つのまなこに見える姿は
偶然なんだね。

素直に綺麗と思える心を
いつまでも持てる私でありたい。

全ての出会いに感謝。

出逢いもまた、
沢山の条件が揃い
良い事も
悪い事も
笑える事も
辛い事も
過ぎないと出逢えない人がいる。

出逢えた時は
静かな時間の中に二人いて
そっと頷く作業が続くもの。

今日一日が良い日だったと思える日。
美しく輝く月に感謝。



[ベトナム医道ディエンチャン]⑥

ディエンチャンの施術には
実にさまざまなグッズが存在しています。
本家である、ベトナムでは100以上のグッズが存在している程です。

私はチャウ教授が開発した
ツボのフォーミュラや
600以上のツボを
番号で表記したものを使い、
お客様のお話を伺い、
施術していきます。

もっとも使用するグッズは
ツボ探し棒です。

施術の一つに
ツボ探し棒で圧をかけ
「生きたツボ」を探して行く方法があります。

生きたツボは
とても不思議なツボで
キーンと響くような痛みを感じる場所を探す作業です。
キーンとした痛みの箇所が
症状の根本に働きかけるサインです。

修理後は、頭がスッキリとして、
気分が良くなり
爽快感を味わう事ができます。

そして、
ここが不思議なところなのですが、
気になる部分が変化していることに気がつくはずです。

私はサロンワークとして
沢山の方々へ実際に
ディエンチャンを施術させていただいていますが、
キーンとした痛みを我慢して
私に伝えてくれない方々に
多数出逢います。
皆さん我慢強く
しかめっつらになるので
我慢しているのが
すぐわかります。

ディエンチャンの施術の中で
キーンとした痛みは
施術する大切なポイントになりますので、
どうか我慢せずに伝えてください。

ディエンチャンの施術は
ご予約をお願いしています。

よろしくお願いします。



[ベトナム医道ディエンチャン]⑤

では、実際にディエンチャンを
施術するのに、どのような道具を使うのかご紹介しますね。

ベトナム医道ディエンチャンの産みの親の

チャウ教授は、「鍼」を、

どこの家庭にもある「箸」に持ち替えて

ツボの施術を教え始めたのが

ディエンチャンの始まりです。

今では、100を超える道具がありますが

日本へはIMSI 自然療法学院を通じて

私達に紹介されています。

ディエンチャンの道具の特徴は、

それぞれの道具に「陰」と「陽」の特性があり、

それぞれを使い分けることで、

絶妙な刺激を身体に与える事ができます。

この陰陽論には、

非常に深い意味があり

ディエンチャンを施術する際に

大変重要な考え方になります。

同じ症状でも、陰と陽が異なる場合もあります。

私は既に沢山の方々に実際にサロンワークとして

施術させていただいておりますが、

一人、一人、本当に違います。

また、前回がこうだったから、

今回もこうしようは通じないのが、

またディエンチャンの施術を行う上での醍醐味でもあります。


今日は一関へ出張ディエンチャンに伺いました。
あるご家族様宅での施術ですが、
回数を重ねる度に、私も深い学びを頂戴します。


また、私は私が治す!

と言う意識でディエンチャンは行いません。

それはとても危険な考えなのを知っているからです。




是非、ディエンチャンで癒しのひとときにおいでください。

また当店は完全予約制で営業していますので、事前にご予約を賜ります。
メッセンジャーでもご予約可能ですから、

よろしくお願いいたします。



[ベトナム医道ディエンチャン]④

深い理論とは裏腹に、
ディエンチャンの施術はとてもシンプルです。

座ったまま、数分から15分ほどの短時間で行う事が可能です。
着衣のまま、いつでもどこでも施術が可能です。

私が初めてディエンチャンを知った時、あまりの簡単な技法で、
長年の悩みだった肩こりが瞬時に消え、本当に驚きました。

技法があまりにも簡単なので、
サロンにご来店の皆様のお顔を拝借して練習しましたが、
ある壁にぶち当たりました。

効果が長続きしない、
段々と効果が薄れてきたように感じる

の二つでした。

それがきっかけで、東京原宿にある
IMSI 自然療法の国際療法学院様での
本格的なカリキュラムを学ぶ事となりました。

今にして思えば、なんと無謀な事をしていたのかがわかります。
簡単な施術だから、

簡単な理由だろうと考えていた私が愚かで、

恥ずかしくなりました。

ディエンチャンは
とても奥が深く、
施術する相手の心の中の痛みさえ感じてきます。
「貴方はもう一人の大切な私」
施術を重ねる度に
人と人との垣根が消えていきました。


深い思想と哲学の上にある施術は

きっと

貴方の心にも届くと信じています。