笹生実久オフィシャルブログ 「そこに山があったら登れ」
MIKU SASAO NEWS

-Bar330会員限定音源第4弾-

おやすみ(そばにいて)
2011.2.15 on sale

笹生実久オフィシャルブログ 「そこに山があったら登れ」-#04表1





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

京都で靴を買った。

白い靴だ。


5月に京都に行った時も靴を買った。

それはその白い靴と色違いの黒い靴である。


つまり、2色買い、大人買いである。


今さっき、眠る前にベッドでスマホをひらいて、好きなブランドがそういえば夏のSALEだわと思いながらオンラインショップをひらいたら、

好きな形のサンダルが安くなってたから、

あーどうしよう買っちゃおっかなーと思った瞬間に、


あ、私京都でこないだ靴買ったばかりだ、と思ったし、その靴はまだ一度も履いてないのだし、これは買っちゃいけないやつだ、と思いとどまった。


そしてまたふと思い出したのが、

いつだかうちにかおりんが遊びに来てる時に、宅急便が届いて、それは私が海外通販で待ちに待って届いた、

それまたサンダルだった。

もう待ち焦がれてたものだから、すぐに開けて、「見て見て可愛い!」とやっていたら、


「みくちゃん靴買うの好きだよね」とかおりんに言われ、「ん?そうかなー?」って思ったけれど、今ならはっきりわかる。


私は、靴を買うのが好きである。

好きでしょう、これはもう絶対。


その少し前にも、

海外通販で、白いスニーカーを買っていたし、

とにかく我が家の靴箱はパンパンなうえに、入り切らない靴が、

ベランダの物入れに入りまくっている。


なんだけれど、

履く靴といったら、いつも同じで、

結局そのひとつを履き潰すくらい履く。

靴ってゆうのは、歩きやすくないと本当に大変な目に合うから、

どんなに可愛いとしても、電車に乗って行くような場所には、

大事な可愛いやつは履けないのだよね、特に華奢なヒールのやつなんて履いたら、

疲労しすぎて翌日はやすみたいってくらいしんどいんだから。


と、ゆうわけで、だいたい歩きやすい靴しか履かないので、いつも同じ靴を履いているのに、

靴は増えていく。


でも最近思ってるのが、

大量のスニーカーをいるものいらないものでちゃんと分けて、処分してさ、

もうほんとに、靴箱に入るだけのものだけに絞ろうと!

私は有言実行なので、ここに書けばしばらく経った時には、やるでしょう。


履き潰した靴は、思い出があったとしてもさよならしよう。


そしてまた、新しく靴を買おう。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>