佐々木モトアキ/プロフィール | 佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜






福岡県出身の唄うたい。1968年11月28日生まれ。
音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990~2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者/クリエイター”としてのベースを築く。
2006年、書籍『博多とロック』で活動経歴・ロングインタビューが紹介される。
2008年から2015年までの約7年間、音楽活動(ステージ)から遠ざかる。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
2016年、ソロ名義での1stシングル「唄うたい」をリリース。
2017年、2ndシングル「さよならウサギ」をリリース。
2018年、3rdシングル「大きな背中 小さな背中」をリリース。
2019年、4thシングル「二匹の猫」をリリース。
2020年、ミニアルバム『You』をリリース。
2021年、Maxi シングル『Thanks』をリリース。
短篇ストーリーのようなオリジナル曲と共に、TAP the POPで筆を執る“書き手”ならではの選曲センスによるカヴァーソングなどを弾き語るステージで全国各地のライブハウス、酒場、カフェ、レストラン、老人介護施設などで公演を行なっている。
紆余曲折の人生経験を重ねながら…何かに導かれるように再び唄い始めた男が紡いだ“ひとしずく”の歌が今、誰かの心にそっと寄り添う。
“唄うたいは 人生を歌うよ 喜びも悲しみも…どうしようもないことも”




↓佐々木モトアキ 公演スケジュール
https://ameblo.jp/sasakimotoaki/entry-12660299410.html




『博多とロック』 TEXT BY MARU
60~80年代、博多はロックの街として全国から注目されていた。当時博多の街を沸かせたミュージシャンは、過去の存在ではなく現在もなおライヴハウスで歌い、ギターを奏でている。常にロックと共にありつづけるミュージシャンの生きざまを、当時を知らない若いライターが書き下ろしたインタビュー本。生の声、撮り下ろし写真で転がり続けるロッカーに迫る。
(書肆侃侃房オフィシャルサイトより)

http://www.kankanbou.com/books/culture/music/0038hakatatorock




書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)





「You」佐々木モトアキ official music video




「さよならウサギ」佐々木モトアキ official music video




「唄うたい」佐々木モトアキ official music video




「大きな背中 小さな背中」佐々木モトアキ official music video