奈良県 橿原市にある藤原京跡は、春は菜の花、夏は蓮の花、秋はコスモスの花がたくさん咲き、無料で見ることができます。

母親から、コスモスを見たいと去年から言われていて、去年は行けず、今日やっと実現しました。
いつも、チョウばかり追いかけているので、たまには親孝行をしないと!というのもあります笑

さて、コスモスはちょうど今、満開です!

あたり一面のコスモスを写真で表現するのは難しいです。
母親と愛犬ラテ


たそがれるラテ
はにかむラテ


ミツバチも一生懸命に花粉を集めてました

藤原京跡の柱をさり気なく

畝傍山をバックに撮影してもらいました


そして、もう一つの目的がありました。
フジバカマの鉢を実家に置いていて、アサギマダラが来て母親に見て欲しいと思っていたのですが今年も来ていなかったみたいなので、見せてあげたいと思い、千塚古墳近くにあるフジバカマ畑に行きました。
ここはまだ花が満開でないからか、一頭も来ていませんでした。
最後に橿原市昆虫館のバタフライガーデンにもフジバカマを植えているので見に行きました。

すると!
来てました!しかもたくさん!
嬉しくて感動しました。
何度か記事に書いたのですが、この場所は亡くなった師匠と一緒に作ったフジバカマ畑なんです。
闘病中、秋にフジバカマにアサギマダラが来るのを楽しみに一緒に植えました。
しかし、その夢は叶わず、一緒に見ることはできませんでした。
今年は冬にオオムラサキ作業メンバーで植え替えもして、たくさをや花が咲いていました。

そして今日、6.7頭が乱舞していたのです。絶対に師匠は見に来ている。喜んでいると思います。
まだ苗の段階でも、椅子を置いてこのフジバカマ畑を眺めていました。師匠は、こうなることをイメージしていたんだろうな。





または一つ夢が叶いました。


帰りの車で爆睡のラテ