この写真をTwitterのアイコンにしてるんやけど


カメラマン bemaicolour


息の詰まるような日々の中、ネタとしてやらせてもろてます👻💖




だけどついに私にもライブをするしないの判断をしなきゃいけない時が来て、


やるならやるで覚悟と信念を持たなければならないと、毎日毎日四六時中悩むように考えあぐね


すると答えはめちゃくちゃシンプルで


「今日は来てくれてありがとう」なんて今の私には言えないなって気付いた瞬間、悔しくて悲しくて涙が出た


イベント中止や出演辞退を余儀なくされ歌う自由を奪われ、皆どんなに不安で辛いことか


それでも音楽のチカラを信じて笑顔で前向きに発信し続ける仲間やミュージシャンに勇気づけられる


私もその中の一人でありたい


音楽してるしてない関係なく、人として誰かを明るく照らせるような人間でありたい


だからって正義を振りかざすようなことはしたくない皆それぞれの正義と闘って生きてる


私は私らしく私の大切な人だけの為に









4/8(水)GRAPES KITASANDOの新曲イベントは出演辞退させて頂きました


せっかくのおうち時間なのでツイキャスしようかなと思ってるから、またTwitterに書くね🤗🕊


正直にいろいろ綴ってしまったけど私は元気です


妹や友達のベビちゃんラッシュで嬉しい👶🏻🌸


最後まで読んでくれてありがとう






#セクシーアイコン

#キラキラ #ギラギラ #ラメラメ

#赤リップ #グラサン #ニットワンピース

#足チラ #すみません #ネタです

#photoshooting #photography 

#モデル #被写体 #皿屋恵



明けまして、おめでとうーーー!!👏👏👏

いやーー、

すっかりインスタ更新派の私ですが、

新年のご挨拶はやっぱりブログに綴りたくなるよねぇ。

カウントダウンは新宿で過ごして、ゴールデン街で幸せのお雑煮を頂いて、大好きなお笑い番組見たり年賀状にほくほくして過ごしてました。

皆はどんなお正月だったかな??

初夢はどんなだったかな?

私は高橋一生が出てきたよ。笑





2019年は新しいCDを発売したり
DTMに挑戦して妹に結婚ソングCDプレゼントしたり
作田雅弥ワンマンでkeyサポートに挑戦したり
sm苦loveで古墳イベントで歌って踊ったり
秋にはモデル撮影してもらったり
勝手にユニクロCMソング作ってMV公開したり















そうして生きる中でたくさんの人に出会ったり再会したりもう二度と会えないかもと思ったり

もう無理だっていっぱいになって友達に助けてもらったり悩みを全力で受け止めて辛くなったり嬉しくて涙が止まらなかったり、当たり前だけど人と人は支え合って生きるしかないんだなと体感したなぁ。




ライブでは、過去最高に楽しく気持ち良く歌えた日もあれば、それを知ってしまったが為に突き抜けられなくて反省したり悔しかったり、上手に見せるのをやめたくて変なテンションのMCしたり、今の私らしく新しい新曲を作ることができて嬉しかったり、

何か色々やってみてた!!

何にも達成できてないと年末に落ち込んでたけど、色々やってた私!!

ちゃんと頑張って成長してた。

えらい。

2019年の私。




そうなると、負けてらんないよなぁ。

2020年の私。

厄年やし年女やねんけど、

なんかねぇ、年明けからめっちゃ良い予感がしてて。

なんだか上手くいきそうな気がしてる。

今は根拠のない自信やけど、

ちゃんと叶えられるように頑張らなきゃ。



ところで

LifeWell 聴いてみてね





あと

個人的におすすめのシイタケ占い覗いてみて💜笑





ライブもぞくぞくと決まってます。


2020/1/7(火)

吉祥寺スターパインズカフェ

[吉祥寺謡初め]

皿屋恵 / はるのまい / 小玉しのぶ / 斉藤麻里

開場:18:30

開演:19:00

前売り:¥3000+1drink

当日:¥3300+1drink



2020/1/29(水)

原宿ストロボカフェ

「あけましておめっとさん2020!」

OPEN 18:30 START 19:00

CARGE ¥2800(別途1drink)

伊禮恵

さぁさ

近藤美里

皿屋恵

上田マユミ




2020.2.24(月祝お昼)

心斎橋live bar N

皿屋恵B.D.ワンマン~厄年やねん~

OPEN   12:30

START  13:00

CHARGE ¥2500+1drink

pf. 廣瀬武雄





2020.2.26(水)

下北沢SEED SHIP

皿屋恵B.D.ワンマン~年女やねん~

OPEN   19:00

START  19:30

CHARGE  ¥3000(+1drink)

pf. 石田麻由子

perc. 新田浩平

cho. 北林薫

cho. 堀切洋子






誕生日ワンマンにはダブルコーラスでまたも新しい挑戦。めちゃくちゃ楽しみです。

さて、

長々と読んでくれてありがとう!

最後は恒例のウィンク動画で

2020年を始めようーーー!!😂



みんな!

今年も、どうぞよろしくねっ😘😘😘

ハッピーニューイヤー🎉🎉🎉🎉










おみくじは小吉





東京の桜は満開で、

大阪はやっと開花宣言が出たのかな?

まだ花粉に悩まされる毎日ですが、

私は元気です😌🌸



夜桜をお届けー







いよいよ最後の曲、「また会う日まで」について。


ですが、

何から書けば良いのか。

何処まで詳細に書くべきなのか。

かなりプライベートで悲しい内容が含まれるので、今すぐに読まない方が良い方も居ると思います。

私でさえ、この曲を歌えるまで20年かかりました。

色んな命と出会いました。

あらすじは歌詞の通りなので、今日はそれ以外の部分、この曲を描くまでの出来事や私が歌う理由を書きます。





あ、その前に。

"先生、あのね"

この書き出しは小学校の時の作文の決まり文句からヒントを得ました。

この曲で言う先生とは、小学校、中学校、高校、専門学校の先生、そして私より先に生きている人に向けて先生と問いかけています。

"卒業式でそんなに泣くもんじゃない"と言ってくれたのは専門学校で大好きだった音楽ヒストリーの先生。受講しなくても良いのに2年生になっても1年生に混ざって授業を受けに行くほどでした。













それではここから。

まず初めに、この曲は私の親友T.Yに捧げます。












私は中学時代、別のクラスの、あまり話したことはない子でしたが名前は知ってる、そんな同級生の子が亡くなり、私たちの学年は言葉に出来ない何かを子供なりに考えることになりました。

そして高校2年の春。別の学校に通っていた幼稚園からの幼馴染Yの命も遠い国へ旅立ち、今だにその理由が何なのか、中学のあの時同じ感情を共有したはずだからこそ、何故なのか。当時は悲しみと疑問と自責の念で泣いてばかりいました。

私は行き場のない感情をポエムノートに描き続け、学校とパン屋のバイトと、友達とカラオケばかり行く日々の中で歌うことか好きだと気付き、専門学校に進学しました。歌に助けられたのだと今になって思います。

同級生の友達も大学生活を始め、私は毎年命日にご両親に会いに行き、Yのことを思い出す時間が少しずつ無くなっても、それが決して悪い事ではないと思えるようになっていました。

それから専門学校を卒業して何とかライブもして、ファンと呼べる人が少しずつ増えてただひたすら歌っていた頃、中学からの仲良し5人組の1人が、まだ大学生の若さで病気で亡くなりました。

あまりの突然のことに実は記憶が断片的で、お通夜だったか、お葬式だったか、、ご家族のご好意で「ばんそうこう」のCDを流して下さって、



痛いの痛いの飛んでかないで
ちょっとなら傷付いても平気
辛くて辛くて逃げ出したくなっても
この恋 諦めないと決めたから




あの場に居た皆さんがどんな想いでこの曲を聴いてくれていたのか。「歌をうたう皿屋さんが羨ましいっていつも話してたから、これからも頑張ってね。」あの日のおばちゃんの言葉を、今日また思い出しました。

歌うキッカケをくれたYや、歌い続けなきゃと思わせてくれた友人との別れがあり、たくさんのライブ、ワンマン、CDやMV制作、文字通り我武者羅に歌い続けました。いつかこの曲を描ける、歌える、歌手になろうって。








それから何年か時が経って、

東京行きを決断する少し前、上京するなんて夢にも思ってなかった約6年前。

バイト先に入ってきた新人さんが一見今どきの子なんだけど、ずっと何かに脅えた目をしていて、他にも話してるうちに何か変だと思った私は、その子の妹さんの命がもう長くはない事を知りました。

そしてそれを聞いても全く驚きませんでした。またか、と神様を怨みました。なんでこんな良い子ばかり。なんで私の大事な人ばかり。若くて未来ある子ばかり。もしかしたら私のせいじゃないか、私と出会ったら誰か死ぬんじゃないか。

馬鹿かと思われるかもしれないけど、そんな風に自分を責めました。けれどこれは案外本当かもしれなくて、私と出会ったせいだなって思って受け止めてると言うのが今の正直なところです。

(追記:そう考えた方が楽だから、と言うこともあります。背負い込んだり悩んだりしてる訳ではないので、ご心配して下さる方がいたら、私は大丈夫です。)

新しく出会った人に、もし命の関わることが起きたら、それは私のせいで、私の使命で、何にも出来ないけど、何か出来ることがないかその時考える、そしてもうこれ以上誰も死なないでと思ってる。祈っています。






この経験から私は、どんなに仲良しのこの人もいずれ居なくなる。いつか別れが来る。それは必ず突然なんだ。って、そう思うようになりました。

だから卒業とか、転勤とか、転職、結婚、色んな理由で友達や同僚や仲間に会えなくなることってあるけど、それは本当の別れではなく、寂しい悲しいとは言わなくなった。

だって生きてるから。

別れの後にこれからの新しい人生があるなんて、おめでとうしかない。それに泣くほど大事な人なら必ずまた会える。

だって生きてるから。







けど寂しいよね。

泣いちゃうよね。

わかる。

けれどよく考えてみて。

○○さん辞めちゃうのさびしいー!って、

本当に寂しい?本当に悲しくて言ってるの?








大袈裟だと思われるかもしれないけど、

新しく誰かに出会って、こんな素敵な人が居るんだって感じる度に、どうか死なないでって思う。不謹慎だよね。でもこれが今のところ私の人生なんだよね。

新しいコミュニティが出来る度に、仲良しメンバー誰も欠けることなく、いつまでも変わらず笑っていられますようにって願ってる。





「また会う日まで」は、

私が20年前に経験した思い出と、

現在の私の願いの歌です。





レコーディングは、

そんな私の言葉にさえしてない想いを楽曲から汲み取り、アレンジも引受けて下さった、バンド40周年のヒカシューのベーシスト、坂出雅海さん。




先生 あのね、
今日は新しいお友達ができました
さよならの日よ どうか来ないで
そう願って止まないのです
そう願って また会う日まで




最後の最後の歌詞、

"また会う日まで"の"で"は希望のはずだよ

そう言ってくれた坂出さん。

幼かった少女が辛い別れを乗り越え、大人へと成長して行く姿を色とりどりな音で表現してくれて、更に聴く人の心に届く作品になりました。

やっと、あの頃の皆に胸を張って聴いてほしいと言える曲が作れた。

聴いて貰わなきゃ、届けに行かなきゃ。

今年も、あの子に会いに。








とんでもなく長い文章になったけど、

これがワンマンで話せなかったこと。

遠くから応援してくれている人にも知ってほしかったこと。

読んでくれて、ありがとう。

出会ってくれて、ありがとう。

死なないでね。

出来ればその人生を全うしてほしい。

そう願っています。









それじゃあ、

またね、

笑顔でお別れしましょう。




また、会う日まで🌟




おやすみーーー







2019.4.5(金)

北参道ストロボカフェ

「おとのなるほうへ」

OPEN 19:00 / START 19:30

2800yen (1Drink込み)

muu / call....it sings / 矢舟テツロー / 皿屋恵




2019.4.14(日)

心斎橋Live bar N

「ただ会いたくて、春。~たこパしよ~」

open 18:30

start 19:00

charge ¥2500+別途1drink

こんそめぱんち☆木村

佐合井マリ子

皿屋恵と廣瀬武雄

※振る舞いたこ焼きあり。



2019.4.30(火祝)

北参道ストロボカフェ

「オトノアリカ」

OPEN 18:30 / START 19:00

2800yen (1drink込)

Draw / 森と林 / 皿屋恵 / 粟生田水葉





各ライブ予約はコチラ

live@sarayamegumi.com




「まっしろな夢見峠」CD通販は

皿屋恵オフィシャルサイトにて

http://www.sarayamegumi.com/















前回のブログ、読んでくれてありがとうー。

今日は「壊れないように」について。



この曲は経験談から描いたのではなく、こうできたら、こうなったら良いな、と言う願望の曲。

シングルではなく、アルバムの中にひっそりと存在して、ある一定の人から好かれるような曲になると良いなぁと言う思いで作りました。




これは夢か現実か、モノクロの世界。

ガランとした部屋にピアノだけが黒く光り佇んでいて、大きな窓と風に揺れる白いカーテンだけが外の世界との繋がりを感じさせてくれる。

意味ありげな一輪挿しの花瓶や、黒猫がふっと横切っても面白いかな。




二人は両想いなのか、一方が恋愛感情を抱いているだけなのか。強い願望が幻覚を見せて、現実と夢の狭間を生きているのかもしれません。

それはサビの歌詞からも解るように、

"壊れないように 君の笑顔が
壊れないように 抱き締めていた
壊れないように 焦らしてみても
本当は君を めちゃくちゃにしたい"





本当に君を抱き締めていたのか?

焦らすと言う表現が当てはまる関係なのか?

同じ言葉を繰り返すことで危うさを帯びた特別な感情が、最後の"めちゃくちゃにしたい"に込められている。

一言でいえば「変態の曲」です。笑




そんな「壊れないように」をピアノで表現してくれたのが石田麻由子さん。

この曲を弾いて貰うに当たって、ボーカルディレクションのわみさんと三人で時間を作り、ここだけ決まりがあるけれど後はフィーリングで、など事前に作品のイメージ共有をしました。

ボイトレではわみさんと何通りもの「壊れないように」を試して、それがあまりにスリリングな体験で、"自分を信じて自分を壊す"と言う作業を繰り返しました。




なので麻由子さんとの録音では何の不安もなく。

お互いの波に乗ってのまれてを楽しみつつ、空気感を研ぎ澄ますためにあまり麻由子さんと合わせることもせずレコーディングに臨みました。

テイク3だったかな、、これ以上のピアノもこれ以上の歌もないと達成感に包まれたのを覚えてる。

初めて一発録りに挑戦しましたが、贅沢に時間を使うことなんだと学びました。




歌詞に英語を使うことも、サビで言葉を繰り返すことも、今までの私には珍しい曲で、

最初は弾き語りでしか歌ってなくて、そのうちに誰にも渡したくない自分で弾きたいと思った初めての曲で、

私の新たな一面に出会えた曲。




皆さんもテレビの向こうの俳優さんや、アイドルさんや、近くに居ても想いの届かないあの人を思い浮かべて、変態パワー全開で聴いてみて下さい😋❤️





それじゃ今日はこの辺で、

またねーーー🐾




2019.4.5(金)

北参道ストロボカフェ

「おとのなるほうへ」

OPEN 19:00 / START 19:30

2800yen (1Drink込み)

muu / call....it sings / 矢舟テツロー / 皿屋恵




2019.4.14(日)

心斎橋Live bar N

「ただ会いたくて、春。~たこパしよ~」

open 18:30

start 19:00

charge ¥2500+別途1drink

こんそめぱんち☆木村

佐合井マリ子

皿屋恵と廣瀬武雄

※振る舞いたこ焼きあり。




2019.4.30(火祝)

北参道ストロボカフェ

「オトノアリカ」

OPEN 18:30 / START 19:00

2800yen (1drink込)

Draw / 森と林 / 皿屋恵 / 粟生田水葉





各ライブ予約はコチラ

live@sarayamegumi.com







黒電話があっても良いね





一輪挿しが意味ありげすぎる。笑




最近行った清澄白河の様子はインスタにて👍






CDのリリースや通販やなんやかんや、やっと色々落ち着いた気分。

これからたくさんライブするぞーなんて思ってたら4月は三本!嬉しいなあー。

他府県から通販購入してくれる方がいて、

ワンマンでも言えてなかったこと、改めて今日はCDについて書こうかなと思います。







1曲目「ひとつになりたい」は、今までたくさん恋愛を歌ってきた私が、これ以上無いと思える最上級の想いを詰め込んだ曲です。

どんなに愛し合っていても、心と体が別々に存在する限り、私がどれほど貴方を好きか、貴方がどんな風に私を想ってくれているのか解らない。解りたい。いっそ大好きな貴方になってしまいたい。二人じゃなく、ひとつになりたい。

そんな思いから描いた曲。




この物語の最後は、その日ライブで、歌う私の表情で、聴き手の受け取り方によって結末の内容が変わります。

ずっと傍に居た人と添い遂げられたのか、新しく出逢った人と幸せを見つけたのか、全体を通して皆さんの「ひとつになりたい」を楽しんで下さると嬉しいです。





歌詞の内容も、一途な恋愛感情だけではなく、

"世界が壊れても良いと本気で思った"

"このままずっと覚めなくて良い 二人で闇に堕ちようか"

ひとさじの狂気のようなスパイスが私のお気に入り。

この曲を聴いたとあるアーティストさんに、「これはもう完全に不倫の曲だよね!笑」と言われたことがありますが、

安心して下さい。不倫じゃないし不倫したこともありません!笑

でもそんな風に解りやすく曲のイメージやアーティストイメージを持って貰えることは嬉しいし、やったー!って思う。

暁月の夜をリリースした時も未亡人ぽさが良いって言われた事があって、やったー!って思ったなぁ。





レコーディングでは何回か歌ったけれど、結局テイク1がほぼ採用されて。

実はライブでは大サビの一行目はアカペラにしてたんだけどそれをやめて、バックにピアノを入れて二行目の歌い方を変えて感情を出すことにしたら、テイク1が一番良くて。

全体的にも丁寧に歌ってるからとボーカルディレクションのわみさんの意見に賛同したのでした。

ピアノは廣瀬さんが弾いてくれて、初めてデモを聴いた時は涙が出た。そっから何回か修正をしてくれて。

今回「ひとつになりたい」をピアノ一本にしたのは、確実に早く皆の元に届けたかったから。

アレンジされた「ひとつになりたい」は必ず音源にしたくて、私にとってはそれくらいの価値のある曲だから、待っていて下さい。




それじゃ今日はこの辺で。

他の二曲もまた書くね!

今日はライブもありがとう。

4月にまた会える日を楽しみにしてます🤗🌸


おやすみーーー🌟




2019.4.5(金)

北参道ストロボカフェ

「おとのなるほうへ」

OPEN 19:00 / START 19:30

2800yen (1Drink込み)

muu / call....it sings / 矢舟テツロー / 皿屋恵

※弾き語りライブ!




2019.4.14(日)

心斎橋Live bar N

「ただ会いたくて、春。~たこパしよ~」

open 18:30

start 19:00

charge ¥2500+別途1drink

こんそめぱんち☆木村

佐合井マリ子

皿屋恵と廣瀬武雄

※振る舞いたこ焼きあり。



2019.4.30(火祝)

北参道ストロボカフェ

「オトノアリカ」

OPEN 18:30 / START 19:00

2800yen (1drink込)

Draw / 森と林 / 皿屋恵 / 粟生田水葉

※麻由子さんと安心ライブ!




各ライブ予約はコチラ

live@sarayamegumi.com






久しぶりに食べたナン





久しぶりに食べたクレームブリュレ