ベルギー王室御用達バックデルボー (Delvaux)

今、猛烈に購買意欲を刺激するコヤツ。


1829年創業してからずっと、現在も、4人の職人がチームを組んで

ひとつのバックを作るのに、組み立てから仕上げまで、

6時間から13時間をかけて全て手作業で行われているんだそうです。

年間生産2万個。

2004秋冬シーズンより新デザイナーが就任して

「D」マークをアイコンとして若い世代にもアピールしていくみたいです。


丸ビルBEAMSや伊勢丹で見かけて気になっていたコヤツ。

なかなかの曲者の様子。

そして、お値段が諭吉さん20枚以上と・・・汗。


大好きなモデルさんのアヌークがベルギー出身だからかな?

よく持ってるのを見かけるようになりました。

・・・と思ったら、HPに載ってました。契約してるんですね。


福岡は博多に直営店があるみたいでうらやましい限りです。


素敵なバック。ロト6あたらないかなぁ。

年末ジャンボでもいいのになぁ。




わたしのワードローブの中で、一番の新参者です。

ゴヤールの「ヨナ」。(名前はフィガロの9月号で知りました。)

色は今季の新作、です。


わたしとゴヤールとの出会いは、昨年の春になります。

エディターズバックとして人気があるとの情報を得て

伊勢丹に駆け込んだわたし。(流行りものに弱いたちで・・・)


はっきりいって、「ちょっとおばちゃんチックじゃないか??」と

頭に疑問符???をいっぱいにしつつも、

「いや、素敵なんだ!!」と言い聞かせ・・・(笑)

ブルーサンルイを即買い。


買ったもののなかなか出番がなく・・・夏も過ぎようとしていた頃。

ふと、押入れ奥に眠っていたサンルイを発見!

「しかたない、使ってみよう・・・」(あぁ、なんてかわいそうな言われ様・・・)


ところがところが・・・

荷物が結構多いわたし。使いやすさと丈夫さにうっとりして

虜になってしまいました!!

仕切りがないため、あれ?携帯はどこじゃ?ということになりがちですが、

それはご愛嬌。

思えば、どんなスタイルにも合う万能バックとして、一気に陽の目を浴びたのでした。


それから一年・・・。

わたしの大好きなモデル:アヌーク・ルペールがゴヤールのヨナを持っているのを発見

アヌークは、モデルさんには珍しく、気に入ったバックをとことん使い尽くすタイプ。

いつなんどきでも持っているから、よっぽど気に入ったのだなぁと思い、気になっていました。

アヌークは現在はデルボーというブランドのバックがお気に入り!)


そんなときに、ネットで今季色ヨナを偶然見つけてしまったのです。

パリで販売されていたものを流通してくれていました。

そして、わたしのアンテナはピンピンたってしまい・・・

一晩考えて・・・購入決意!!


無事、わたしのもとに来てからというもの

最近は何かというと、これを持って出かけています。

思いのほか大きくてグット!!

物はやや入れづらい感はあるものの、肩にもかけられるし、丈夫だし、

何より色が素敵!!

白だから、汚れるのが怖いけど、あんまり気にしないわたしは

じゃんじゃん持っています。

あぁ黒も欲しいなぁ・・・。


ちなみに、のサンルイは、母に言わせると・・・

お魚が入ってる袋みたいですって・・・全然素敵じゃないんですって(涙)

いいんです。これも噛み締め系バックですから!!




この真っ赤なソール

これが、憧れのルブタン靴です。

ルブタンを、伊勢丹やバーニーズで目にはしてたものの、幅が狭そうで、

悲しいかな・・・わたしには似合わないと思っていました。

足指の付け根の見えるデザイン

ちょっぴりチラリズムっぽくもあり、女性の魅力を最大限に引き出してくれる靴。


いつかは履きたいナー。指をくわえて眺めていました(履いてみてもいなかった・・涙)


この子と出会ったのは、青山のドロゥワー

このお店に行くのも初体験でしたが、

大人のショッピング空間って感じ。

自然と背筋がピンとするけれど、どこかほっとできるそんなお店でした。

わたしがお世話になったバイヤーさんがすっごく感じのいい方で、

隅から隅までなめまわすようにお洋服や靴たちを見て

うれしくて、クククッと思わず笑ってしまって変な客だったと思われるわたしにも

丁寧に親切にしていただけました。


ルブタンの種類が豊富で、すっごく迷ったけど

わたしの足の形と合うものを買わねば!という信念のもと

(ほんとはね、バレエシューズとかが良かったんだけど・・・)

このお靴にしました。

この子のヒールは太いです!

ルブタンといえば・・・のピンヒールではありません。

でも、安定感もあり、

道路に挟まることもないですね。

(BAILAでスタイリストの村山佳代子さんが推薦していました)

色は、こっくりしたグリーン。カーキというよりも深緑。

素材は、スエード。短い毛なので、毛羽立つということもありません。


どちらかというと、ピンヒール好きのわたしは

ファーストインプレッションは・・・いまいちでした・・・。

でも、お店の方が、膝丈スカートに履いたり、9分丈ジーンズに合わせたりしているのを見て

すっごくかわいかったし、

わたしの足にもぴったりだったので

購入を決意しました。


ひとめぼれではないけれど、

眺めれば眺めるほど、履けば履くほど

良さをかみしめられる、スルメなお靴です。


今はまだ暑さのため、サンダルを履いているけれど、

もう少ししたら、どんどん出番を増やしてあげる予定です!!

茶色のふんわりスカートに・・・

黒の半端丈パンツに・・・


夢が広がる お靴です。