仲良くしているアメリカ人夫婦の話です。

 

彼らは、いわゆる「スニーカー」を

tennis shoeと呼びます。

 

え?なんで、これがテニスシューズなの?!と

最初はかなり違和感があったのですが、

 

実は、tennis shoe はこういう意味で使うのでした。

 

a lightweight usually low-cut sneaker

「軽量でローカットのスニーカー」

 

 

では、「軽量でハイカットのスニーカー」は何と呼ぶか?

これは、まとめて「バスケットボールシューズ」!

 

tennis shoe と basketball shoe の使い方わかりましたか?

 

でも、別の友人曰く、tennis shoe や basketball shoe よりも

 sneaker と呼ぶのが主流だそうです。

 

英語も日本語も一緒ですね。

 

ジョギングなどには、running shoe なので、

これも日本語と一緒。

 

 

ただ、気をつけなくちゃいけないのは、

イギリス英語では、sneaker は trainer (=training shoe)と言うこと。

 

「トレーナー」って、日本語だと「スェット」のことだもんね。

ややこしー。

ちなみに、トップスのややこしいカタカナ英語はこちら↓

カタカナ英語:トップス編!

 

 

なお、

「ローカットスニーカー」は、low-top 

「ハイカットスニーカー」は、high-top とも呼ぶそうです。

 

やっぱり、混乱したかな?

 

high-top sneaker & low-top sneaker!

先日「無人販売所」を英語で何というか

という調査結果(!?)を書きました。

野菜や果物の「無人販売所」は英語で何というの?

 

そして、今日、NYに住むアメリカ人の友人が

「こんな記事を見つけたよ~」と

The Japan Times のリンクを送ってくれました!

 

せっかくなので、仕入れたばかりの単語をご紹介しますね。

 

● unmanned farm stand

unmanned 「無人の」

farm stand 「農産物販売所」

*standは「屋台」

 

● unattended sales booth

unattended 「無人の」

sales booths 「販売ブース」

 

● honor-system coin box

hornor-syetem 「無監督の」

 

 

というわけで、

やっぱり "trust shop" ではなかったですね。

 

全文はこちら!

Nendo’s Petit Market is a little farm stand with a big impact | The Japan Times

 

 

こんな風に、疑問に思ったことをちょっと話しただけで、

情報をわざわざ送ってくれる友人に本当に感謝です。

 

Lucky me!

 

The Japan Times の記事より。無人販売所にともるLEDライト!

昨日、green thumb の話を書きました。

グリーンの指か手か?!

 

そして、ひとつ追加の説明を。

 

日本語で「指」は、親指から小指まで全部を指すのですが、

英語の finger は、人差し指から小指までを指します。

 

つまり、両手で thumb が2本、finger が8本になります。

 

つい、親指も finger って言いがちなので、気をつけましょう。

 

なお、それぞれの呼び方は以下。

 

親指-  thumb

人差し指- index fingerpointer finger

中指- middle finger

薬指- ring finger

小指- pinkielittle finger

 

 

Father「お父さん指」、Mother「お母さん指」…ではありません(笑)

 

なんてカラフルな手!