くらしをととのえる

くらしをととのえる

広島のマスターライフオーガナイザー 井手本亜希です
元・片づけられない女、今はライフオーガナイザーです
たくさん読んだ収納の本、たくさん買った収納グッズ、
それでも片づかなかった家が片づいたのは・・・
ライフオーガナイズとの出会いでした


テーマ:

こんにちは。

広島市安佐南区のマスターライフオーガナイザー🄬 井手本亜希です。

(webサイトはこちら→

 

LINE@でブログの更新通知など配信中ですので、登録して頂けると嬉しいです。

友だち追加←登録はこちらのボタンから!

LINE@については、こちらに詳しく記事にしていますのでご覧くださいね。

 

毎度のことながら、ギリギリのお知らせで申し訳ありません。

本日、13:10頃~【広島FM】のDAYS!?というラジオ番組に出演させていただきます。

 

6月に出演した際は、ライフオーガナイザー🄬やライフオーガナイズについて、軽~く触れました。

今回はお子さまの片づけのお話に加え、9月より全国で開講される

 

『ジュニア片づけ脳力🄬検定公式対策講座』

『ジュニア片づけ脳力🄬検定』

 

のこともご案内する予定です。

(生放送なので、内容が変更になったらごめんなさい!)

 

そして、この

『ジュニア片づけ脳力🄬検定公式対策講座』

『ジュニア片づけ脳力🄬検定』

の開講に先駆けて、教材の「かたづけかるた」を使ったイベントを、クルールひろしま様のママ’Sカレッジで開催させて頂きます。

 

かるたはこんな感じで、かたづけに関する「あるある!」という内容で構成されています。
 

チラッと中身をお見せすると・・・

 

明日やる?昨日も言った 「明日やる」

 

みたいな、大人もドキッとしちゃうような(笑)片づけあるあるや片づけのヒントが満載のかるたです。

 

『ジュニア片づけ脳力🄬検定』や対策講座に興味はあるけど、いきなり受講はちょっと・・・

私(親)は受けて欲しいと思っているけど、子どもが興味を示すかどうか・・・

 

という方も多いと思うので、まずはかるたを使って楽しく片づけのヒントを見つけましょう!

参加費は無料ですが定員を設けていますので、お申込みフォームまたはぷらっとセンターハウスにお電話でお申込みくださいね。

 

沢山の方にお会いできることを、楽しみにしています!

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

かるた大会の詳細はこちら↓

親子で『かたづけかるた』大会

日時 9月 9日(日) 10:30~12:00 

場所 マリーナホップ内 HFMマリーナホップ総合住宅展ぷらっとセンターハウス

定員 親子8組

参加費 無料 

お申込みはこちらから⇒【お申込みフォーム

ライフオーガナイズやライフオーガナイザー🄬という仕事について知りたい方はこちら

◇ 9月 4日(火) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

◇ 9月29日(土) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

◇10月16日(火) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

※1回のみの講座です。ご都合の良い日程をお申込みください。

定員 各回5名

受講料 3,240円(税込)※JALO会員の方は1,620円

お申込みはこちらから⇒【入門講座お申込みフォーム

 

【片づけサービスについて】
片づけサービスの詳細はHPに掲載していますのでご覧ください。(HPはこちら⇒

HPに掲載している講座は、リクエスト開催を受け付けています。

費用、最少開催人数等はお問合せ下さい⇒お問合せフォーム

 

LINE@のトーク機能からも、お問い合わせ頂けます
友だち追加

ブログランキングに参加しております。

ボタンをクリックして応援して頂けると、大変うれしいです♪

↓↓↓

インスタグラムはじめました

ほとんどが「わが家のおうちごはん」の写真ですが、よかったらフォローしてください♪

Instagram

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは。

広島市安佐南区のマスターライフオーガナイザー🄬 井手本亜希です。

(webサイトはこちら→

 

LINE@でブログの更新通知など配信中ですので、登録して頂けると嬉しいです。

友だち追加←登録はこちらのボタンから!

LINE@については、こちらに詳しく記事にしていますのでご覧くださいね。

 

今日の記事は片づけには全く関係ありませんので、ご興味ない方はスルーしてくださいね。

 

西日本の豪雨災害から1か月余りが経ちました。

本当は、災害ボランティアの件に関してSNSなどで発信するつもりはありませんでした。

なぜかというと、「ボランティア行っています!」というほど頻繁に行っていないし、私は土砂の撤去作業のお手伝いをしていないからです。

 

それでも今回発信しようと思ったのは、ボランティアに行きたいと思うけど

「JRじゃないとダメ?車の乗り入れは出来ないの?」

「ボランティア保険って、どんな手続きがいるの?掛け金は?」

など色々不安で二の足を踏んでいる人が

私が実際に行って「〇〇だったよ!」と発信することで

「そうなんだ、私も行こうかな。」

と思って下さるかな、という気持ちがひとつ。

 

そして、こんなに簡単に手続きできるんだから、

【ちゃんとボランティア受付をしてから避難所に入って欲しい】

という気持ちがあったからです。

 

受付をしている人は、ワッペンを付けているのですぐに分かります。

でも残念ながら、ボランティアの手続きをしないまま避難所内で活動をされている方もいらっしゃいます。

 

善意から活動をされているので、そのこと自体に何か意見するつもりはありません。

でも、避難所に被災者以外の方が多く出入りするようになると、よからぬことが起こったりします。

(ハッキリとは書きませんが、避難所には多くの食べ物や日用品などの物資が集まっています。

そうすると、それを目的に・・・という方もおられるというお話を役場の方からもお聞きしました。)

 

だからこそ、外から入る私たちも避難所が安心・安全な場所であるよう配慮することが必要です。

 

まず、車の件。

私が行った坂町は、車の乗り入れは可能です。

なるべく乗り合わせて、ボランティア用の駐車場に停めれば大丈夫です。

小屋浦地区は、国道31号線沿いのナフコ広島ベイサイド店の屋上駐車場がボランティア用に開放されています。

坂町役場近くのボランティア用駐車場は、以前行った時には午前中で満車でしたが、ナフコは結構空いています。

 

次にボランティア保険の件。

最寄りの社会福祉協議会で加入できますが、加入していなくても現地のボランティア受付をした際にすぐにカードを発行してくださいます。

(下の写真の緑のカードです)

 

(一緒に写っているのは、必需品のマスクと消毒液)
 
ボランティア受付では、氏名・住所・電話番号を記入します。
その時点で保険に加入していなければ、カードが発行されます。
身分証の提示や掛け金は不要でした。
 
また、「現地での手間をなくすために加入してから行きましょう」と言われていますが、加入していてもしていなくても受付で記入することは同じなので、お近くに加入できる場所がなければ現地で申し出ても大丈夫だと思います。
 
一度加入すると1年間有効で、全国どこの被災地でボランティアをしても適用されます。
2回目からはボランティア受付で、緑のカードを提示しました。
 
小屋浦地区まで車で行かれる方に、もう少し詳しくアナウンスしておきますね。
 
先に記した通り、ナフコ広島ベイサイド店の屋上駐車場がボランティア用に開放されています。
ただし、坂町役場を過ぎたあたりから渋滞しています。
最初に行った日は、坂町役場近くのボランティアセンターで受付後、小屋浦地区に入るまで50分かかりました。
 
先日は少し緩和していましたが、それでもノロノロ運転です。
時間に余裕を持って出発した方がいいと思います。
 
31号線を進むと、右手にナフコ広島ベイサイド店が見えてきます。
シモハナ物流を過ぎるとすぐに見えると思います。
 
 
屋上駐車場へのスロープは建物の手前にありますので、赤いコーンの辺りの入り口から敷地に入ります。
 
駐車したら、店内を通って1階出入口から外に出て右に進みます。
ここから小屋浦地区のボランティア受付がある小学校までは、徒歩10分程度です。
 
災害発生当初よりかなり状況は緩和されたと思いますが、まだ臭いがあり乾燥した土埃が舞っていますのでマスクは二重or三重にして眼鏡やサングラスをかけることをお勧めします。
 
少し進むと、踏切と信号が見えてきます。
 
「小屋浦西踏切」という信号です。
信号を渡り、更に踏切を渡って小屋浦駅の裏手を進みます。
 
少し進むと川に突き当たりますので、渡って左手(山側)に進むと左手にレンガ造りの小学校が見えてきます。
 
手前の出入り口は使えないので、ぐるっと裏側に回って敷地内に入ると受付があります。
先ほど書いたように受付でボランティア保険のカードを提示して、名簿に記入すると受付完了です。
 
このようなワッペンに日付と名前を書いて、よく見える場所に貼ります。
(家に帰った後で写真に撮ったので、くしゃくしゃですが)
 
坂町のボランティアセンターの方が大きく、全体の統括をされているような印象でした。
その日に不足している地域に派遣をされているようなので、最初はそちらで受付をしてもいいと思います。
2回目以降、例えば前回小屋浦地区だったので同じ地域がいいという場合は、小屋浦地区のボランティア受付に直接行っても大丈夫とのことでした。
 
そして、車は絶対に小学校まで乗って来ないでください。
小学校のグラウンドは、撤去した土砂が運び入れられて重機で作業をしています。
以前行った時には駐車してある車が作業の妨げになっていたようで、何度も移動のお願いの放送をされていました。
 
昼食を食べる場所についてですが、小屋浦地区は小学校の敷地内にボランティアの休憩用テントが用意されていました。(他の地区は分かりません、ごめんなさい。)
ブルーシートやベンチが用意されているので、そちらで皆さん休憩を取られています。
昼食や飲料は、もちろん持参します。

 

ボランティア終了後は、ボランティア報告書という簡単な書類を記入しておわりです。
(グループで行っている場合は、グループで1枚で大丈夫です。)
 
私は土砂の撤去のお手伝いはしていません、と最初に書きました。
日頃運動もしていない、体力がないアラフィフのおばさんが行っても、途中で倒れて逆にご迷惑をお掛けするだけだと思ったからです。
 
そんなところに、妹が「ボランティアで、マッサージをしに行こうと思う」と言ったので、渡りに船で一緒に行きました。(妹は普段、自宅サロンやお店、訪問でマッサージの仕事をしています)
 
もちろん私はマッサージをすることは出来ませんので、段ボールベットの設置や片づけの手伝いをしたり、避難所内を回って予約を取ったり、空いた時間でその辺を掃除したり・・・という微々たる活動をさせていただいています。
 
なので、ボランティアについて私ごときが発信するのは・・・と思っていたのです。
 
でも先日避難所で
「土砂の撤去だけがボランティアじゃないからね。
こうして出来ることをしようと思って、ここに来てくれることが嬉しいのよ。」
と、ありがたい言葉をかけていただいたので
 
「こういった支援の方法もある」ということや「ボランティアの手続きって・・・」ということを発信することで、多くの人が出来ることで支援をしていけるといいな、と思って記事にしました。
 
また、JRの沿線に住んでいない方で車だったら行けるかも?と思っている方も、行ってダメだったら・・・という思いがなくなるといいな、と思いました。
 
そして、このようにボランティアの受付自体は簡単なので、勝手に避難所に入って活動をしないで手続きをしてから活動をして頂きたいと思います。
 
ボランティアについては「調べれば分かるでしょ」ということも多いですが、「実際に行ってこうだったよー。」という言葉の方が安心される方もいらっしゃるかと思い、記事にさせていただきました。
 
今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

募集中の講座のご案内です。

ライフオーガナイズやライフオーガナイザー🄬という仕事について知りたい方はこちら

◇ 9月 4日(火) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

◇ 9月29日(土) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

◇10月16日(火) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

※1回のみの講座です。ご都合の良い日程をお申込みください。

定員 各回5名

受講料 3,240円(税込)※JALO会員の方は1,620円

お申込みはこちらから⇒【入門講座お申込みフォーム

 

【片づけサービスについて】
片づけサービスの詳細はHPに掲載していますのでご覧ください。(HPはこちら⇒

HPに掲載している講座は、リクエスト開催を受け付けています。

費用、最少開催人数等はお問合せ下さい⇒お問合せフォーム

 

LINE@のトーク機能からも、お問い合わせ頂けます
友だち追加

ブログランキングに参加しております。

ボタンをクリックして応援して頂けると、大変うれしいです♪

↓↓↓

インスタグラムはじめました

ほとんどが「わが家のおうちごはん」の写真ですが、よかったらフォローしてください♪

Instagram

 

 

 

 

 

テーマ:

おはようございます。

広島市安佐南区のマスターライフオーガナイザー🄬 井手本亜希です。

(webサイトはこちら→

 

LINE@でブログの更新通知など配信中ですので、登録して頂けると嬉しいです。

友だち追加←登録はこちらのボタンから!

LINE@については、こちらに詳しく記事にしていますのでご覧くださいね。

 

今日8月6日、原爆投下から73年となる「原爆の日」を迎えました。

自宅に一人でおりましたので、TVで式典の様子を見ながら黙とうをしました。

 

私は広島で生まれ育ち、子どもの頃は学校の平和学習で原爆について色々学びました。

しかし息子が生まれ、私と同じように広島で育ち平和学習をする中で、初めて知ることが沢山ありました。

 

式典で小学生代表2名が行う「平和への誓い」

 

何の根拠もなく「遺族や関係者の中から選ばれているのだろうな・・・」と思っていましたが、昨年息子が6年生になり「広島市内の小学6年生全員の中から選ばれる」ということを知りました。

 

選考方法は詳しく分かりませんが、広島市内の6年生が平和についての作文を書き、各学校で代表が選ばれたのちに、更にその中から20名ほどの代表が選ばれ、そのメンバーから式典で誓いを発表する2名が選ばれるのだそうです。

 

昨年の代表には息子と英会話教室で同じクラスの女の子が選ばれ、そのことで本当に身近に感じるようになりました。

 

こちらは、数年前の灯篭流しの様子です。

 

こういった灯篭流しや原爆ドーム、原爆慰霊碑(原爆死没者慰霊碑)のような有名な場所や行事は、広島だけでなく多くの人がご存知だと思います。

 

しかし、その他にも各地域や民族などの慰霊のために建てられた碑が沢山あります。

 

息子も今年は中学生になり、自分たちが住む地域の慰霊碑に参拝しました。

事前に全校生徒でメッセージを書いた鶴を折り、その千羽鶴を生徒会関係の委員や希望者で原爆の日に奉納するそうです。

 

実は今住んでいる地は、偶然にも私が生まれた時に住んでいた地でもあります。

偶然にも、○○(地名)△丁目まで同じです。

 

しかし私が住んでいたのは2歳くらいまでで、その後新興住宅地に引越をしましたので、原爆投下当時は山だった地で「住んでいる地域の原爆」という意識で勉強することはありませんでした。

 

今住んでいる場所は広島市郊外で爆心地からは離れていますが、住民たちで作られた「義勇隊」が現在の平和公園付近で作業中に原爆に遭い、多くの方が亡くなったそうです。

(義勇隊とは、政府が地域単位で作った空襲の消火活動などをするグループです。)

 

その義勇隊を慰霊する碑が、平和公園に建立されています。

朝、6時30分に学校に集合して路線バスで慰霊碑に向かい、平和記念式典の時間に合わせて中学生たちが慰霊祭を行うそうです。

 

数年前にこのブログでも記事にした「被爆アオギリの木」

 

その時の記事はこちら

 

このように、息子を生んだことで知ることが多くあります。

子どもの頃に学校でしていた平和学習も、大人になるとそういった機会もなくなり意識が薄れることも事実です。

 

でも、また子を持つことで子どもの平和学習を通じて新たに知ることがあり、様々なことに意識を向けるというリレーのような仕組みが出来ているのかな・・・と思います。

 

夏休み中、旅行などで平和公園への訪問を予定されている方も、ご自身やご親戚に所縁のある地域の慰霊碑があれば合わせて参拝されてみてはいかがでしょうか。

広島市のHP内に平和公園周辺の慰霊碑などが掲載されていますので、参考になさってください。

★広島市HP 平和記念公園・周辺ガイド★

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

募集中の講座のご案内です。

ライフオーガナイズやライフオーガナイザー🄬という仕事について知りたい方はこちら

◇ 9月 4日(火) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

◇ 9月29日(土) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

◇10月16日(火) 9:30~12:30 安佐南区民文化センター 小会議室

※1回のみの講座です。ご都合の良い日程をお申込みください。

定員 各回5名

受講料 3,240円(税込)※JALO会員の方は1,620円

お申込みはこちらから⇒【入門講座お申込みフォーム

 

【片づけサービスについて】
片づけサービスの詳細はHPに掲載していますのでご覧ください。(HPはこちら⇒

HPに掲載している講座は、リクエスト開催を受け付けています。

費用、最少開催人数等はお問合せ下さい⇒お問合せフォーム

 

LINE@のトーク機能からも、お問い合わせ頂けます
友だち追加

ブログランキングに参加しております。

ボタンをクリックして応援して頂けると、大変うれしいです♪

↓↓↓

インスタグラムはじめました

ほとんどが「わが家のおうちごはん」の写真ですが、よかったらフォローしてください♪

Instagram