あられせんべいの幻想パラダイス

あられせんべいの幻想パラダイス

この世はすべて幻想。だけど面白い事いっぱい。
ドイツに住むあられせんべいが、幻想、妄想、夢や現実・・・etc.を綴ります。



手編み腹巻のお店 


虹虹虹晴れ晴れ晴れ




Etsy で販売中!


よろしくお願いします。



今週の月曜日にまた「散歩」と言う名のデモに行って来ました。

 

先週は行かなかったんですが、

人数がぐっと増えていたみたいで、

今週は恐らく、先週よりもまた更に増えていたようです。

 

 

Wir sind die rote Linie(私達がレッドラインだ!)

という垂れ幕をもったリーダー達が

先頭を歩きました。

 

レッドラインとは「超えてはいけない一線」で

今のコロナ政策とかワクチン義務化は

市民の自由な権利、民主主義、

憲法の基本的人権にとって

超えてはならない一線なのです。

 

今週は、夫は仕事で帰りが遅かったので

私は一人で行ったのですが、

一人ではありませんでした。

 

 

これ、見て下さい。

 

この小さな町の目抜き通りなのですが、

ずっと向こうの通りが終わるまで人で埋め尽くされています。

 

クリスマス前の混雑する時期でも

こんなにたくさんの人がここに一堂に集まる事は

今までなかったと思います。

ましてや、週末が終わってけだるさが残る

月曜日の夜です。

 

ドイツ人の本気さが伝わって来ました。

 

月曜日の散歩以外でも

週末には色々な街で

デモが行われているようです。

 

 

 

 

 

 

youtubeで消される可能性もある内容なので

二つリンクを貼り付けておきます。

 


 

↑は先週の日曜日(1/23)のStuttgart郊外での

デモで、アリス・バイデルと言う女性のスピーチの動画です。

この方が政治家なのか、医学の専門家なのか

分かりませんが、心を打つスピーチでしたよ。

 

ドイツ語なので、分からないところもありましたが

私が理解した範囲でこんな内容でした。

 

政府はコロナ政策の失敗を

今やワクチン義務化にすりかえて

自分達の責任をまったく取ろうとしていない。

 

未接種者は何ヶ月もの間、社会生活から締め出され

基本的人権を侵害されている。

 

政府は最初は

ワクチン接種者が

全体の70~80%になったら、

以前の生活に戻れますよと言っておきながら、

今、普通の生活に戻ったかと言ったら、

そうではなく、

おまけに、2回接種では不十分で

3回目が必要だという。

 

間違ったワクチン(ジョンソン&ジョンソン)を接種した人は

ある日突然、ワクチン未接種と同じ扱いになった。

 

コロナに感染して、自然免疫が出来た人は

6ヶ月の有効期間がある日突然3ヶ月に変わった。

 

政府は嘘のデータや統計で

私達の権利を奪おうとしている。

私達は、この権利を簡単に引き渡してはならない。

 

デモ参加者の事を陰謀論者で過激派などと言うが、

私が今デモに参加している人たちを見ても

みんなごく普通の善良な市民で

外に出て顔を見せて

子供達を守ろうとしている。

 

選挙前はどの政党もワクチン義務化はしないと

言っておきながら

選挙が終わった途端、手のひらを返して、

今は議会でせっせとワクチン義務化の為に

討論に時間を費やしている。

 

3G、2G、2Gプラスなどというルールはただ市民を分断させているだけで

明らかに間違ったコロナ政策だ。

私達は、ウィルスとともに生きる生活をしなければならない。

 

きっと間違った解釈もありますが、こんな感じでした。

 

まともな事を言う人がいるというのは安心しますし

まだドイツも捨てたもんじゃないです。

 

政府が逆効果でバカな政策を立てれば立てるほど

何か変だ、と、目覚めるドイツ人は増えるでしょう。

その意味では、政府にナイス!!と言いたいです。

 

ワクチンを打ったか打っていないとか

あの人はどの政党を支持しているとか

右だ左だとかいう垣根を取っ払って

皆それぞれ違うけど、

その違いを尊重しあって、

助け合い和をもって生きていく

そんな社会になればいいなと思います。

 

 

今の世の中

色々大変ですよね。

 

時々、もう笑うしかないような

おかしな写真とか映像をみることがありますが、

今日はそんな??!!な写真を皆さまに紹介します。

 

この写真、恐らく、ヨーロッパのどこかだと推測します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアクリルボードらしきものに

何か意味があるのでしょうか?

 

もしかして、オミクロン株無症状感染防止のため?

 

 

 

 

いえいえ、これは

コロナ対策に疲れ果てた私達の

正気を保たせ

笑わせて、

波動をあげるためのものなのですよ。

 

笑笑笑笑

 

愛と笑いは地球を救う!!

 

笑笑笑笑

 

ついに、ついに、「椿」と言う名前のセーターを

水通ししてブロッキングしました!花セーター拍手

 

 

 

2020年の12月から編み始めたようです。

(自分でももう覚えていません)

2021年の5月に編みあがっていたようですが、

5月ってセーターもう着ないし・・・と

放置していました。

 

ようやく、今朝水通ししてブロッキングをしました。

 

 

よし!これで着れるぞ!!

 

今日、この大進歩に至ったのは、

昨晩、編み上げた毛糸のパンツのお陰かもしれません。

 

 

アルパカ70%シルク30%の贅沢な糸で編んだ

パンツです。

猿股女性版というか。。。。(笑)

 

猿股って何?と思った方へ

 

↑これ、私も勉強になりました。

 

 

毛糸のパンツの色とセーターの色が似たような色だったので

一緒に水通ししました。

水通しってね、つまり

洗濯機のウールコースで洗っただけなの。

 

洗濯機でもウールコースであらったら

全く問題ありませんよ。

 

毛糸のパンツは、

これまで何枚も編んで来ましたが、

アルパカとシルクの糸は初めてですので

はいてみるのが楽しみです。

 

今回もウェストにゴムを入れました。

お腹の部分もちょっと長目に編みましたので

胃の辺りまでカバーできるかしら。

 

これで腰回りは温かです。

着画を皆さまにお見せ出来ないのが残念です。

モデルをやってもいいわ、と言う方、

声かけて下さい!

お礼に、同じ糸で毛糸のパンツ編みますよ~。

 

それでは、皆さま、よい週末を!!

 

 

今日は久し振りに

「食堂のおばちゃん」の日でした。


次男がギムナジウムに入学した時に

はじめた学食のお手伝いも

7年目に突入しました。


2週間に一度で2時間半程度だけど、

7年もやっていると

いつの間にか、仕事内容にも

ざっくりですけどね、

慣れて来ました。


私が主にやる仕事は

朝9時からなので

野菜を洗って皮を剥いたりの下準備です。


野菜を洗って皮を剥く作業は

「野菜用のキッチン」があって

大きなシンクが二つあって、

作業台があって、

棚には野菜を入れたり

調理に使うバケツとかザルとかボウルが

並んでいます。

ここは、3畳くらいの別室になっています。


大体、私が1人で黙々と作業をします。

今日は、きゅうりを洗って皮を剥いて、

ポロネギを洗って、不要な部分を切り除き、

人参を洗って皮を剥く仕事がありました。


これが終わると、最後はこの野菜キッチンの

片付けです。

シンクを洗って、使ったナイフや皮剥きを

洗い場に持って行き、

最後はキッチンのシンク周りや

壁のタイルや蛇口の

水気を拭き取って終わりです。


私が朝行くと、大抵

誰か朝一仕事のナイフや皮剥きが

作業台の上に転がっています。

水がびちゃびちゃに跳ねていたり、

シンクの底に泥がまだ残っていたりと

誰かがやりかけて

そのまま行った感がバリバリしています。


私も、最初の頃は、

使ったナイフ類は洗い場に持って行くけど、

ザーッとしか片付けしませんでした。


でも、ある時に

最後はきれいに片付けしようと思ったのか、

そう言われたのかもう覚えていませんが、

とにかく、使った後は、綺麗にすることにしました。


すると、、、

「野菜キッチンがピカピカになっているわ、

あなたがやってくれたの?」って

感謝される事が何度かあって

それからずーっと私が使った後は

きれいにしてから野菜キッチンを

去るようにしました。


きっと、日本人だったら

皆んな同じように使ったら元のように

綺麗にしてからその場を去るって言うのは

当たり前に身についていることじゃないでしょうか?


立つ鳥跡を濁さず


ということわざもありますものね。


ピカピカになったキッチンって

なんとも言えず、気持ち良い感じが漂ってくるので、最後は、それを眺めて、しばしこの空気を味わってキッチンを去ります。



今日は、食堂のおばちゃんをやって

いいことが三つありました。

一つは、学食の主任が、皆んなにコーヒーを

振る舞ってくれたこと。(長らくなかった)

二つ目は1時間くらい早目に

帰っていいよ、って言われたこと。

(他に手伝いのママさんが3人もいたからなんだけど)

三つ目は、食堂に併設している

キオスクに売っている

アメリカンタイプの大きなクッキーを

4枚買って帰ったら、

半額以下にしてくれた事。

これはキオスクにいつもいる女性が

皆んなに内緒で大幅に割引してくれました。


私が帰る頃は

相変わらず寒かったのだけど

気持ちの良い青空が広がっていました。



ママ、お疲れさんだったねー。

今日はお留守番が長かったわー。

わんこが私が帰ったら大歓迎してくれましたニコニコ飛び出すハート犬







月曜日の散歩 と言う名の

コロナワクチン接種義務化反対のデモに初参加したのは

去年の暮でした。

 

 

 

先週の月曜日はまだ冬休み中だった夫と行きました。

今週の月曜日で3回目の散歩でした。

 

今週の月曜日は

夫の仕事の帰りが遅くて

18時には帰れないと言ってて

行くのどうしようかな・・・と迷っていたのですが

この映像を見て、

私の迷いが消えました。

 

 

 


 

1:17:00くらいから

イタリアのナポリの新年の花火の映像が観れます。

 

 

 

 

ナポリでは、今年はオミクロン株感染拡大で

花火が禁止になったそうですが、

ナポリの人々は、それには全く従わなかった!!

 

凄い数の花火が上がっている映像を見て

素晴らしい~!!と拍手しましたよ。拍手拍手拍手

 

世界的におかしな流れの今だからこそ、

禁止になったからって

ただ黙って従うのでは

奴隷の道まっしぐらだと思います。

 

このナポリの人々に勇気を貰って

今週の月曜日の散歩は夫が来れなくても

一人で行くわ、と決心しました。

 

すると、、、ご近所さんが一人

一緒に行くと連絡を貰って

仲間が増えたんです。

 

ドイツ人だし男性だし

心強かったですねー。

 

今週の散歩は

先週よりももっと警察の数が増えていて

パトカーが常に街中を巡回していました。

 

そんな訳で、皆さんとても慎重になって

あまり群れずにみんなで同じ方向に歩くという場面はありませんでした。

後日、どのくらいの人数だったかという報告をみたら

散歩に参加したのは50人程度だったと。

他の同じ規模の街と比べると

とても少ない参加人数です。

だってね、散歩のリーダーが

警察から目を付けられていて

圧力をかけられているって

話しているのを小耳に挟んだのです。

(これも一緒に行ってくれたご近所さんのおかげ)

 

そして、驚く事に、その日、

ワクチン義務化反対の散歩は禁止だったけど、

この抗議散歩に対する抗議デモは

許可されていて、マイクを使って演説し

人々は市庁舎前に集まって演説を聞いていました。

ワクチン義務化反対のデモでないと分かった理由は

演説内容を聞けば分かるのですが

それよりももっと分かりやすかったのは

皆がマスクを着けていたんですね。

 

ワクチン義務化反対の散歩でもは禁止

だけど、その反対のデモは許可される。

これでは

言論の自由や

思想の自由があるとはいいがたい状況です。

 

もっとも、市民同士で

こんな風に分離するのはよくないと思うのですが

 

マスクをつけて

(マスク着用義務はドイツでは屋内だけです)

ワクチンを何度でも打つ

 

その先にあるものが何かと想像すると

どうしてもそっち側には行けない自分がいるのです。

 

週末が終わるとまた月曜日がやって来ます。

きっとまた月曜日の散歩に行くと思います。

一緒に行ってくれる人がいなくても行くだけ行こうと思います。

今は自分がそうしたいという思いが強くあって

自己満足かもしれません。

 

でも、その先にあるものを信じて

ぷらぷらと歩いて来ようと思います。