よっしーさんの日記(悪性リンパ腫と日々の独り言)

よっしーさんの日記(悪性リンパ腫と日々の独り言)

多数の検査を経て悪性リンパ腫(十二指腸原発濾胞性リンパ腫)と診断、よっしーさんの独り言を記していこうと思います。

ご来訪下さり誠にありがとうございます。

「いいね」を大勢の方から頂戴して、

重ねて御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

僕は、、努力は無駄ではない、、

と思ってる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月16日

大腸内視鏡検査を受けた、

 

 

 

6月初旬に風邪による発熱、

咳がなかなか治らなくて、

(初期の肺がんではなかった)

6月8日に予約した検査を延期、

予約は1ヶ月先になり、

ようやく昨日検査を受けた、

 

 

 

僕は、

過去4個のポリープを切除してる、

だから2年毎に大腸内視鏡検査を受けてるんだ、、

 

 

 

僕の知人、、

2人、、

大腸がんで死んでるもん、、

御二人共、45~49才だったと記憶してる、、

部長職~取締役候補、、

昇進前の頑張り、、

そりゃ頑張ってた、、

 

 

死亡前、、

ガリガリに痩せてた、、ドクロ叫び

自分で歩けなくなってたよ、、

悲惨、、

 

 

 

御一人は痔が悪化したと言ってたな、

痔だ、痔だ、痔だと言ってたよ、

御二人共、

大腸内視鏡検査、、肛門からスコープを入れられるのは

御免だと言っていたよ、、

実は痔ではなく、大腸がんだった、、

手遅れだったんだな、、

自業自得だね、、

 

御二人共

部長職以上を狙ってた、、

昇進競争真っ只中だったよ、

がんに負けたんだよ、、

最強の敵は癌だったのだ!

 

 

昇進と命、、どっちが大事なんだ、、

南無阿弥陀仏 合掌

 

僕は取締役じゃないよ、

全国事務取り纏め役だよ、、

 

御二人が亡くなって約10年、、

 

 

僕はこの10年間、、楽しんだよ!

ルンルン、、

子達の成長、

自分の趣味、

命あっての人生、、

人生を謳歌したいもんね!

 

いずれ人は死ぬんだが......、

 

 

 

 

 

 

僕が初めて大腸内視鏡検査(2012年平成24年6月)を、

受けるキッカケになったのは、

大便後、スッキリ感が無かった、、

約1ヶ月くらい、便通がなんとなくおかしかったので、

検査を受けたんだよ、、

功を奏したよ、、

大腸がん罹患は、

検査によって避けることが可能!

 

ポリープ、、腺腫⇒がんになる前に切除可能だ!

 

大腸がん罹患後、

切除して抗がん剤ガンガン注入されたら、

僕は高齢者だよ、

延命じゃなくて縮命になるかもしんないよね!

だから事前に出来る事をするんだよ、、

 

自らの命は自ら守る!

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなったが、

昨日の検査を備忘録として記す、、

 

 

 

お時間の無い方はスルーなさってください。

 

 

 

 

 

 

 

検査前日、

昼食、夕食共指定された食事(クリアスルー)をした、

夕食後と就寝前に下剤(ベロン内用液)を水で薄めて

飲んだ、

 

 

AM8:20 クリニックに到着、

AM8:30 2リットルの下剤を飲み始めた、

       約1時間かけて飲むように言われた、

    

 

AM9:00 約30分ほどで、

       下剤1.5リットルを飲み終えたところで

       看護士長さんが便が出るようでしたら

       下剤飲むのをストップして良いと言われた、

       500mlの水ペットボトル1本を手渡されて

       全部飲むように言われた、

 

 

AM9:30~AM10:30

       下剤の影響でトイレに7~8回行った、、

       最後は水のような液体がオシッコのように

       出るよ、、シャーっとね、、

 

       検査が始まる前に検査着に着替えたよ、

       パンツのお尻のところに裂け目がある、、

       大腸内視鏡検査を受けるのが恥ずかしいと

       思ってる人が居らっしゃるようだが、

       検査用パンツがあるから平気だよ!

 

 

AM10:45 点滴開始

       この間もトイレに2回ほど行った、

       出るのは液体のみ、

 

 

AM11:30 処置室へ入り、ベッドに横たわり、

       身体の左側を下にして

       身体をエビのように曲げた、

       足の膝を胸まで持ってきてエビのようにね、、

       ドクターが肛門に痛み止め軟膏を

       塗り準備完了、、

       看護師さんが、鎮静剤を静脈注入、

       その時点で僕は熟睡したようだ、、、、

 

 

PM2:00頃 僕は深~い眠りから目覚めた、、

        鎮静剤を静注してもらったので、

        まったく痛み、苦痛を感じることは無かった!

        鎮静剤はマストだよ!

 

 

PM2:30 ドクターの診察、、

      僕の悪性リンパ腫について問診があった、

      大腸にもリンパ腫が発症する患者さんが

      いらっしゃるようだが、

      今回の検査では悪性リンパ腫は無かったようだ、

      ただし、大腸の組織を採取して病理検査へ

      出すとのこと、

      細胞採取箇所2カ所

      ①回腸と大腸の狭間の細胞を採取、

      ②虫垂近くの大腸の底部の細胞を採取、

 

 

      ドクターは悪性リンパ腫無治療経過観察中なら

      免疫力を低下させないようにするのが大事だと

      仰ったので、僕はビタミン群、ナイアシン、

      にんにく(kyolic)などを摂取してると言ったら、

      免疫力のお陰で進行が遅くなっているかも

      しれないと仰って下さった、、

 

 

      診断書を2通書いて下さった、

      1通はKクリニック用

     (このクリニックを紹介して頂いたホームドクター宛)

      1通は血液内科用(O病院宛)だ、、

 

 

      病理検査の結果は7月下旬に分かるとのこと、

      来院するように言われた、、

 

      今回の大腸内視鏡検査では、

      ポリープは皆無、、

      悪性リンパ腫の進行(大腸内)の有無を

      病理検査で確認することであった、、

 

PM3:10過ぎ

      検査支払金額 金13,050円(自己負担分30%)

       

      スッキリとした気分でクリニックを後にした、、

 

 

 

 

 

 

 

 

※ちょっと独り言

 

悪性リンパ腫濾胞性リンパ腫は

化学療法(抗がん剤)で寛解するが、

再発が多い疾患と聞く、、

 

病期を理解することで自分の状態を掴むことが大事、

 

自己満足であっても免疫力低下を

防ぐように努力するのが大事だと思ってる、、

 

 

努力しても越えられない壁ってあるよね、、

でも、、頑張るんだ、、

 

自分から放棄したら終わりだ、、

 

努力は無駄ではない、、と思ってる!

 

自己満足でいいんだよ!

満足感が大事、、

 

 

 

癌は奇跡で縮小することはない、、、、

色んな化学反応で縮小するケースはあるだろう、、、、

 

 

治療も、

仕事も、

子育ても、

勉強も、

 

希望をもって取り組もう!

 

 

 

 

 

 

2019/7/17  15:15

最後までお読み下さり

誠にありがとうございました。