保護者の方とのお話し会

テーマ:

2018.12.14 晴れ

 

 

寒い…冬らしい朝。

 

 

「お母さんは雪国の生まれだから寒さは得意でしょ?」と次男に言われた。

 

 

雪国の人はね。めちゃめちゃ家の中温めるんだよ。惜しみなく暖房入れるの。防寒対策に余念がない。だから、実は寒さにそんなに強くない。…人が多いと思う。

 

 

寒いもんは寒い。乾燥してるから小じわが目立って嫌な季節だ。(もう小じわじゃないって言われたえーん

 

 

ちょっと前の保護者の方々とのお話し。

 

 

講演聞いてもらってからの懇談会の席での事。

 

 

高校生の娘ちゃんがいるお母さん。家で性に関する話しは「けっこうする」「私、なんでも話しちゃうから」と。

 

 

「彼氏ができたらちゃんと連れて来なよ。って言ってあるの。やるなら避妊しなよ」とも。

 

 

そんな会話が家庭内でできているのはとても安心だと思う。娘ちゃんも困った時お母さんに相談しやすいに違いない。

 

 

でもちょっと気になる「やるなら避妊しなよ」の部分。

 

 

「避妊しなよで、全部伝わりますか?」とあえて聞いてみる。

 

 

「え~…伝わるでしょ~」とそのお母さん。

 

 

「具体的に避妊って何をイメージします?」

 

 

「ゴムしかないよね…」左差しやや不安そうに…

 

 

そこ!!

 

 

コンドームの事話したら「避妊を教えた」となっちゃうニッポン…!!(って、ちょっと話がでかいけど)

 

 

コンドームの使い方ももちろん正しく伝えるべきだと思うけど、コンドームでの避妊失敗率はかなりお高め。避妊するなら低用量ピルやIUS(☜これ、高校生ではどうか?って議論もあるけども)って選択肢についてお母さんも一緒に考えないと、高校生だけでは選択が難しいと思う。

 

 

「避妊しなよ」には、「お母さんも一緒に考えるからね」って続けてほしい。

 

 

なんて話しに繋げて一講座終わった後だってのに、楽しいニヤリ時間が続いたのだった。

 

 

「彼氏ができたらちゃんと連れて来なよ。って言ってあるの。やるなら避妊しなよ」…この発言をきっかけにそこから延々続くお話会(?)。終わりの挨拶を何度も交わし、また続くおしゃべり爆  笑

 

 

性の話しって、結局みんな好きなんだと思った瞬間だったニヤリ

 

 

 




教材用コンドームを配り終わって空いた箱に収まるぽんずと、次に入りたいもろみ。




 


入れた拍手