ヒリヒリとほんわか体験

テーマ:
2018.1.17 


今週は、小学校6年生対象と中学校2年生対象各1回。


早起きが辛いシーズン。いろんな場所にムチ打って臨んだ。


小学校6年生対象の学校は、今回が初めて伺うところ。事前の打ち合わせで養護の先生から「様々な…(大人の)課題」について伺った。


このところ、立て続けに出会ってしまった「様々な…(大人の)課題」


つまり、性教育に慎重な大人と積極的な大人がいる…ってこと。


双方で、冷静に、熱意を持って話し合えると良いけれど、なかなかそれができない。


歩み寄れない結果、何年も続いていた取り組みが、ぶっつりと取り止めになったりもする。


悲しいことだけど、私も何度となく経験している。


最近もあった…(泣)


この学校でも、一時は中止の危機だったらしい。


でも、なんとか実施にこぎつけたそうなので、先生方の努力を無駄にしないよう頑張らねば‼と思ったのだった。


子どもたちは、おとなしくて、おっとりさん。「質問時間を設けますが、たぶん出ないと思います」との事。出なければ早く終わって🆗✌と。




こんな、すばらしいホールでの開催。


すてき❤


体育館に体育座りじゃ、冷えるし腰が痛い。良い環境で聞いてもらえるのは、ありがたい✨


で、本番。


最初はかちこちに緊張していた子どもたち…と、私(笑)


少しずつほぐれて、最後の質問コーナーは、時間切れで全部聞けず、打ちきりになるほど。


質問の中身は…


帝王切開で、何人産めますか?


双子の帝王切開の時は、2ヶ所切りますか?


なんでネコの写真がたくさん入っているんですか?


ネコと自分の子ども、どっちが好きですか?


最後のアドレス、なんでkoshihikariなんですか?


他、多数😄


みんな真剣✨


かわいい❤


 ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ


そして、中2対象は、去年に引き続きで2回目。


異動されて来られたばかりの校長先生も、前任校、前々任校でお会いしていたし、他の先生方も顔見知りばかり。養護の先生とは20年以上のお付き合いとなる。


安心照れ


中2の子たち、静かに時々ニコニコして、時々うなずきながら聞いてくれてた。


こちらも「質問時間設けますが、出ないと思います」と言われ、ほんとに全く出ず「(-_-)しーん…」


先生方、慣れている様子でちゃちゃっと切り上げ、終了。


帰り道の途中に、約束していた赤ちゃん訪問に行くと、なんと、ママが、その学校の卒業生爆笑


「めっちゃ覚えてますよ❗めっちゃ面白かった❗」と誉めてもらって嬉しい気持ちで訪問も終了。


 ニコ ニコ ニコ ニコ ニコ


どんな仕事でも、意見の違う人に出会うことはあると思う。


私の仕事なんて、自宅出産にしろ、母乳育児支援にしろ、反対派、てんこ盛り。


性教育にも、未だ根強い反対派もいるし、慎重派も多いと感じる。


時々「ヒリヒリ」体験もするけれど、その後に「ほんわか」体験があると、簡単に元気を取り戻す…という、単純な作りになっていて、得している😄


と、前向きな気分になったところで、一本の電話。


「性教育慎重派」で、養護の先生と熾烈な戦い(笑)を繰り広げたらしい、とある先生から。


「子どもたちから、わかりやすかった❕と良い感想をたくさん聞きました。来年度もよろしくお願いします🙇」と…❤❤❤


こ、これは…


子どもたちの感想にちゃんと耳を傾けて下さるすばらしい先生じゃないか‼


そして…


勝利❔❔❔(勝ち負けじゃないけど)


長々書いたけど、ほんとに書きたかったのは、最後の数行😄


お付き合いありがとうございました🙇










AD