sanmokukukai2020のブログ

sanmokukukai2020のブログ

ブログの説明を入力します。

   2022年9月三木句会報

 

      

      中秋の朝の静けさこれぞ今       加藤光樹 

      風吹けば色が流れるすすき道      吉村未響  

      日晒しのシーツの硬さ夏の果      関本朗子  

       海と空ぐるぐる混ぜて台風来            

       梨剥くや夫に問いたきことのあり          

      毒キノコ色目使いに人誘う       関根瞬泡    

      教会に静けさ残し燕去ぬ        藤井 素    

      秋麗や初産既に母の顔         白樫ゆきえ   

      虫の声祭り囃子に入り交じり      米澤 然    

       澄んだ空窓開け放ち秋招く              

      しゃかりきの地球とわれら秋出水    國分三徳    

      ひとときを伽耶の壺なる白木槿     田中 梓     

      この星を去りて銀河に連なるや     さとう桐子    

      哲学の道仄白き月の影         佐藤花子    

      残照の烏熟柿をほしいまま       太田酔子    

      秋の色躍らせ作る混ぜご飯       草野きょう子    

      混濁の世や一筋の秋の風        幸野穂高     

      寂しいと言われ驚く案山子かな     神宮前小梅   

      天高しゼウス生まれた山見上げ     小泉真樹      

      秋深し土鍋片手に男所帯           佐々木 梢    

      店の奥地味に目立つは吾亦紅      原宿美都子             

      台風や渇水地帯潤せよ         山崎哲男   

      朝寒や眉描いてより顔となる      飛鳥遊子  

       箸使い綺麗なひとや零余子飯           

 

 

    今月はいつもより少ない78句からの選となりました。最高点は未響さんの11点句「風吹

   けば色が流れるすすき道」。詩情豊かな感覚的な句です。秋風に芒の穂が一斉に揺れる様

   を見て、色が流れると感じられました。続く10点句は朗子さんの「日晒しのシーツの硬さ

   夏の果」。4隅をぴんっと張って干し竿に掛けられたシーツは、晩夏の強い日差しにシャキ

   ンと干し上がりました。主婦の感覚がすくい取られていて共感を呼びました。朗子さんには

   7点句の「海と空ぐるぐる混ぜて台風来」と5点句の「梨剥くや夫に問いたきことのあり」も。

   台風の句は、大きな自然現象をまるで盥の中のことのようにユーモラスに詠まれたところ

   がお手柄です。梨の句は、次ページで瞬泡さんが推奨句にあげられましたのでそちらを。

   「夫」は俳句では「つま」と読みます。

    「朝寒や眉描いてより顔となる」は遊子の8点句。男性陣にはハテナ?の句であろうかと

   思いきや、三徳さんも瞬泡さんも採ってくださいました。人生経験豊富なおのこはお見通

   しなのですね~。遊子には5点句の「箸使い綺麗なひとや零余子飯」もありました。つるり

   と逃げる零余子をこぼさぬように口に運ぶのはなかなか大変。「人」は主に男性を、「ひ

   と」は女性をという言い方が俳句にはあるようです。

   「毒キノコ色目使いに人誘う」は瞬泡さんの7点句。この夏、山で真っ赤なキノコを見つけ

   ました。赤は警告色でもあるのでしょう。同じく7点句は素さんの「教会に静けさ残し燕去

   ぬ」。教会の入り口に営巣していた燕。数羽の子燕が喧しく親に餌をねだっている季節は去

   り、季の移ろいを感じられたのでしょうね。ゆきえさんは「秋麗や初産既に母の顔」で7点

   ゲット。初産を待つ娘をみる母の目があります。「既に」は「すでに」としてはどうでしょ

   う。俳句は韻とともに、見た目の美しさも大切にしたいものです。

    もう1つの7点句は然さんの「虫の声祭り囃子に入り交じり」。夏の季語「祭」と秋の季

   語「虫の声」のダブリが気になりますが、情景が目に、耳に浮かぶ句になっています。然

   さんには6点句の「澄んだ空窓開け放ち秋招く」もありました。大健闘です。

    「しゃかりきの地球とわれら秋出水」は三徳さんの6点句。地球もわれらも、もうしゃか

   りき。何がって洪水やら地震やら噴火やら。戦争まで加わって。頑張らないとどうなること

   か……。その他には梓さんの6点句「ひとときを伽耶の壺なる白木槿」、桐子さんの6点句

  「この星を去りて銀河に連なるや」がありました。花子さんの5点句「哲学の道仄白き月の影」

   は瞬泡さんの添削コーナーをご覧ください。

    三徳さん特選の桐子さんの句「「混沌」の前で腕組み美術展」について一言。「混沌」

   を括弧に入れたことで、本のタイトルか、何か題名であることがまずわかり、「前で」に

   よって、あ、絵かな、と。「腕組み」で絵の前で困惑している人が浮かびます。そして「美

   術展」で全てが解明。これほど余分な説明なしに助詞2つでつないでユーモラスな1句に仕立

   てているのはあっぱれですね。

   <続きを読む>

 

 

                                                                                                     photo: y. asuka

                                                         壁に沿って一日歩くカフカかな   筑紫磐井