膣内異物 1

テーマ:

さて、今回はかなり砕けた話です。


膣内異物。


解かり易く説明すると、本来、膣内にないものが入っている状態。


人間というか動物の本能でしょうか?

穴があれば物を入れたくなる行動が。


勿論、膣内異物があれば産婦人科に受診されるのですが、異物を

入れられる行為はおおむね夜間それも深夜に多いのです。


受診される時間は普通の方なら楽しい夢をみている頃です。


私もお産とか入っていなければ体力を回復させている時間帯です。


たまのビール1杯ひっかけている時間帯かも知れません。

(開業してからは深酒は出来ませんから)



1本の電話で、


自分だけの世界から追い出されてしまうのです。


お産とか病気での救急なら全然問題ないのですが。


はあ~って感じですかね。



具体例として・・・



(その1)  タンポン


一番多いのがこれ。


タンポンのひもが切れたとかひもが膣内にはいってしまったとか。


豪快なご婦人は1ヶ月以上も入れたままで忘れてしまって、

おりものに臭いがするということで受診されます。


長期間入れていた方の膣内臭は癌臭に似ていて凄い臭いが部屋中

に立ち込めます。

診療を一時ストップして、窓全開。換気扇全開。


(子宮頚部癌(末期)では、なんとも言えない悪臭があります。)



治療は洗浄と炎症が強ければ抗生剤を投与します。


タンポンでは、さすがに深夜に来れれる患者さんは少なく、

ちゃんと診療時間内に来られます。




(その2) コンドーム


これも、タンポンに次いで多い。


妊娠したくないので、コンドームを使用する。

コンドームが膣内に入っちゃうと、精液が漏れるので

妊娠の可能が出てくる。

→急いで産婦人科へということになる。


洗浄して、受胎可能時期であれば避妊用ピルを処方する。



(その3) 裸電球


裸電球を膣内に入れて楽しまれるご婦人やパートナーが

いるみたいです。


ちょうど形がいいのでしょうか?


ガラスが割れていない場合はすんなりと取れるのですが、

大変なのは中で割れてしまい、出血されている症例です。


特に未産婦のご夫人の場合には膣が十分に拡張しないので、

血液を吸引しながら、出血の海の膣から、ガラス片をピンセット

で1つずつ除去していきます。膣粘膜より奥(腹腔内・膀胱内・

直腸内)にまで、達していないか、破片は残っていないかを

触診で確認しながらの作業です。


全部除去してから縫合に入りますが、狭い場所での縫合は

極めて困難です。


全て終了するのに2時間ほどかかったこともあります。


終わった頃、緊張がほぐれた時に、夜が白ずんできて、

一体、この時間は何だったんだろうって、自問自答してしまう。



(その4) りかちゃん人形などの頭


これはさほど問題にはならないが、一度、クスコ(膣を拡げる機器)

を膣内に挿入した途端、診察室の床にりかちゃん人形の頭が転がって

しまった。看護師さん達が笑いをこらえるのが大変そうでした。


(その5) たまご


結構多いのがこの卵。


殻付きの生卵の場合、膣内で割れてしまっても、傷がついてなければ

それほど大変なことありません。


ゆで卵の場合、割れていなければ問題はないのですが、割れてしまって

いる場合、黄身が膣壁に付着してしまい、これがなかなか取れない。

綺麗にとってあげないと、これまたすごい悪臭があります。




まだまだあるので、続きは次回に。