昨日、今日の二日間で「建設ディレクター育成講座」プレセミナーを

実施し、数社のお客様にご参加いただきました。

 

「建設ディレクターって何?」

「建設ディレクターはどんな役割をするの?」

「受講後はどうなるの?」

「助成金は使えるの?」

 

等、建設ディレクターの構想や口座の内容のご紹介に加え、

実際に講座の様子もご見学いただきました。

 

次回のプレセミナーは927日(木)、928日(金)です。

ご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

一般社団法人建設ディレクター協会

https://kensetsudirector.com/

075-431-0011まで。

2018828()30()に幕張メッセで行われました

CSPI-EXPO建設・測量生産性向上展2018で、

「建設ディレクター育成講座」を紹介いたしました。

ご多忙の中、弊社ブースにお立ち寄りくださいました皆様。

誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 

今、長時間労働軽減や働き方改革、女性の活躍等様々な目標を

持つ建設業界ですが、弊社は「建設ディレクター育成講座」を通し、

皆様の選択肢を増やしてまいりますので、導入事例、講座の内容、

趣旨、プレセミナー等ご要望にあわせて対応させていただいております。

 

ご質問ございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

 

家入龍太公式サイト

建設ITワールドにて、ご紹介いただきました♪

http://ieiri-lab.jp/it/2018/08/cspi-expo-2018-starts.html

 

さる6月28日(木)、一般財団法人建設業振興基金で、

「地域に効くi-Construction調査業務報告会」が開催されました。

「地域に効くi-Construction調査業務」とは、生産性向上や、人材育成

の取組みを進める建設会社15社の経営者に、平成28年度、29年度

2年に渡りお話を伺った結果を分析し、具体的事例を紹介する事業です。

北は北海道、南は大分まで、初年度は現地に伺う中、会社独自取組

事例をご紹介いただくと共に、経営者が様々なきっかけを経験し、地域で

生き残るため、そして、地域貢献への熱い思いを聞かせていただいたこと

印象に残っています。

二年目は、それぞれのコアコンピタンスを定量化し、奮闘する各地の

中小建設会社の経営者が事例を見て、

「うちでも出来るのではないか」

「ダメだと思っていたけれど、これなら取り入れることが出来る」

と感じ、実行に移すことで、業界全体の活性化につなげる道筋を

作ることを目標に取り組みました。

全ての集大成となる6月28日の報告会では、代表して6社の方々に

事例を発表していただきましたが、ICT人材育成など素晴らしい事例

ばかりでした。15社の「生産性を支えるコアコンピタンス」は、近日中に

一般財団法人建設業振興基金様のHPで公開予定です。

 

京都サンダーは、これからも地域の建設業の皆様に寄り添い、

お役に立てるように取り組んでまいります。

一般社団法人京都電業協会様の

「ビジネスベーシック研修」には、一般社員の他に現場管理者、

管理者の方々にも多くご参加をいただきました。

その中で、違う会社の方同士、年代の違う方同士が、出された

課題に対し、共に取り組んでいただくグループワークを実施したところ、

「違う会社の人とコミュニケーションワークをする機会は少ない」

「管理者にこそ、コミュニケーション研修が必要なのではないか」

といった、お声を多く頂戴しました。

頭ではわかっているけれど、なかなか体が動かないという、経験は

誰もがお持ちではないでしょうか。

多くの業務を抱え、責任ある立場でもある。さらに、若い人の教育も

しなくちゃいけない、技術も教えなきゃいけないと、日々考える

現場管理者の方々は、建設業界の中心的な存在です。

コミュニケ―ションに対して、知識不足ゆえに体が思うように

動かない新入社員や若手社員。知識と経験があるがゆえに、

体が思うように動かない現場管理者。

双方の意思疎通がスムーズにできた時、上下関係ではなく、

互いを信頼する仲間としての認識が生まれるのではないでしょうか。

京都サンダーは建設業界を支える方々の思いに共感し、

ともに人材育成に向けたお手伝いをしてまいります。

5月中旬、大学にて映像活用に関する発表会を行いました。

【映像活用とリカレント教育、リスクコミュニケーション】と

【映像とi-construction】、二つの討論をテーマに、講評者が

集い、意見交換を行うことで更なる可能性を探りました。

情報化施工、技術継承、教育・人材、施工品質、技術表現、

生産性の効率等、多様な角度に焦点を当て、コミュニケーション

のツールとして、また、専門性の高い分野における技術の発展

として、映像の活用事例を検証。

今後建設業界に映像がどう生かされていくか、期待が高まる会

となりました。

新入社員研修のシーズン!

テーマ:

新入社員が現場に入る季節になりました。

 

先日、(一社)京都府建設業協会様の新入社員研修を

お手伝いさせていただきました。

新人研修では、ロールプレイングを多用し、ビジネスマナーや

チームコミュニケーションの重要性を自分の経験を通して

学んでいただくスタイルを大切にしています。

役割分担に時間管理、段取り等何を大切に思ったかは、                                                          各自違いますが、自分の経験を通して体験したことは、必ず業務の

中に活かされます。

今春出会った新人さん達が活躍するために、これからも建設業

仕事の遣り甲斐や、魅力を発信し続けたいと思います。

 

鳥取県労働局委託事業

「建設業のための魅力ある職場づくり実践セミナー」で「若年者

の定着と人材育成」をテーマに、ITが当たり前となった若者世代

の特徴、新教育担当者の支援や、キャリアプラン作成の重要性

についてお話する機会をいただきました。

若者への接し方、OJTの進め方など、それぞれが抱える課題は

違っても、「何とか定着してほしい」「次世代を支える人に育って

ほしい」という思いは同じです。

主催者の鳥取県社労士会の皆さんも一緒に考え、今後の継続

学習の必要性を参加者の方々に強く説かれていました。

当日は大雪にも関わらず、開始時間には集まって下さる様子を

見て、あらためて、建設業の「管理」に対する姿勢を学ばせて

いただきました。

http://www.sander.co.jp/20171126mywaymylife.pdf

働き方改革やi-Constructionによる生産性向上が求められる建設業。

ITスキルとコミュニケーションスキルでオフィスから現場担当者を

支援する建設業の新たな職域“建設ディレクター🄬”の提唱は、建設

における女性や若手に活躍の場を拓くことを目指しています。

 

平成291月に創設した「建設ディレクター育成講座」はすでに

修了生の方々が活躍しておられます来春118日からは、第3期

を迎えます。これからも京都サンダーは、女性が男性とともに

活躍する活気ある建設業の実現をご提案して参ります。

ロボットとAIの世界

テーマ:

 

ロボットとAIの世界

 

こんにちは。

 

建設機械を操縦できる双椀双脚の人型ロボット「DOKAROBO3」を見てきました。

 

建設機械のコックピットにロボット本体を設置し、オペレータはコックピット型コントローラに搭乗してロボットを遠隔操作することで、建設機械の遠隔操作が可能となります。

力強い味方になってくれる日も近いかもしれません。

 

 

            

 

こちらは、華麗なジャンプや宙返りを見せてくれる「ボストン・ダイナミクス」

 

 

 

プログラミング教育を必須とする新教育制度も2020年スタートが決まり、プログラミングに関する情報も日を追うごとに増えて来ましたね。

こちらには、ドローンを取り入れたプログラミングの情報もありました。

 

 

AIという言葉を耳にすることも日常的になってきた建設業界ですが、AIが活躍する近未来は確実にやってくると言われています。

実務の中で統計や集計、予測を瞬時に行うこともAIなら可能です。

 

 

 

AIと共存するためにも、人も継続してスキルアップする。

学び続けることが大切だと感じました。

 

 

 

 

 

今日の京都御所では、今が見ごろの紅葉が赤く染まっています。

 

この紅葉。

 

AIやロボットにはどのように見えているのでしょうか。

 

 

 

弊社代表の新井恭子が、女性活躍支援の取組み“建設ディレクター

これからの建設業における生産性を変える”と題して、112

メルパルク新大阪で開催された株式会社タナベ経営主催のセミナー

で発表させていただきました。

 


 

建設業においても女性活躍が期待されています京都サンダーは

長年、建設業のお客様のサポートを通じて、ゆたかなスキルと

知識をコミュニュケーションで現場技術者とオフィスをつなぐ

新たな職域、「建設ディレクターⓇ」を提唱。建設業における生産

向上を目指し、20171月より建設ディレクター育成講座を

開講し、すでに第1期、第2期修了生が建設業のオフィスで活躍

しています。

 

 

 

私どもの取組み「建設ディレクターの育成」は変わりつつある

建設業界をIT活用と女性の活躍や働き方という視点でサポート

 

タナベ経営様、建設ソリューション成長戦略研究会の皆様

この度は貴重な機会を頂き、誠にありがとうございました。