三田市のお好み焼きこのみママのブログ

本場広島風お好み焼き このみ


$三田市のお好み焼きこのみママのブログ-本場広島風お好み焼きこのみ


読売テレビかんさい情報ネット「ten!」の「とことん満足!おでかけコンジェルジュ」のコーナーで紹介されました!




★このみのこだわり★


■ 塩・コショウ・うまみ調味料を一切使わない

■ 油を使わない

■ 体にやさしい

■ 胸やけがしない


ぜひ一度お越しください


兵庫県三田市川除44-1


079-562-6204


木曜店休日





本場広島風お好み焼きこのみのLINE@公式ページができました。LINEお友達でお得なクーポンやこのみの最新情報をお届けします。下の友達登録ボタンから登録よろしくね!


友だち追加数



テーマ:

こんにちは。

兵庫県三田(さんだ)市の広島のお好み焼きこのみのママです。

 

 

 

冬になると、サイレンがよく聞こえてきます。

消防車、救急車のサイレンが・・・

 

ある日には、大きい消防車2台小さい消防車2台、救急車1台、パトカーまでも続けて国道を東に向かって行っていました。

乾燥しているので、大火事になったのでしょうか、心配です。

 

冬に火事が多いですね。

火事にまでならなくても、死亡事故が起きるそうです。

それが「着衣着火」事故です。

 

 

そうです、着てる服などに火がついて死亡事故が起こってるそうです。

 

冬にフワフワした暖かい服よく着ますよね。

その服での料理などに注意!

 

ガスの火が袖などに燃え移るなどして服に広がる。

炎に直接触れてなくても、着火する場合もあります。

こんな実験も

 

 

コンロの奥にあるものを取ろうとしたり、キッチンの上に手を伸ばしてお腹部分に火が燃え移ったりするケースも。

 

起毛などの服、パジャマなどは火が一気に広がる危険性が大。

表面フラッシュ現象」といい、短時間で火だるまになる恐れがあります。

 

もし、火がついてしまった場合は、水をかぶるか転がることが有効。

走り回るのはNGです。

 

毎年、「着衣着火」によって全国で100名前後が死亡。

世代別では、60代~70代で50人、80代~90代で31人と高齢者が多いですが、10代~20代でも10人、30代~40代で26人が被害に遭っています。

 

神戸市など全国の各市が「着衣着火」事故の注意を呼びかけています。

 

高齢者がどうして多いかというと、ガスの青い炎が見えにくくなっているためだと言われてる。

 

 

高齢になると、加齢による「色覚低下」になり、見えにくい色が出てくる。

 

この「色覚低下」については、長くなるので次に詳しくね。

 

ガスの火を使ってるときは、十分注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとう。

今日も笑顔で!!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス