この期に及んで、本邦の内閣総理大臣は、ほぼ毎日のように、お友だちと宴会とかパーティを2時間程度行っているのだそうだ。

 

日本国民すべてが、新型肺炎の恐怖に慄(おのの)き、その対策を政府はいかに行っているのかを注視している真っ最中である。

もともと「李下に冠を正さず、瓜田に沓を入れず」という言葉の意味を、全く理解できない人物である。

妙な屁理屈をこね繰り返し、相手が呆れて黙ってしまうと「丁寧な説明をできた」と言って、自己満足する御仁である。

 

以前より、この方に対し、大いなる敬意と愛情と尊敬と忖度をこめて、「某孫総理」「某孫首相」「某孫宰相」と呼称していた。

しかし、それでは、敬意と愛情と尊敬と忖度の度合いが著しく少ないことを痛感した。

呼称を変更することとした。

 

「某孫酒席」。

 

理由を述べる。

日頃、「人治主義だ。隠蔽捏造体質だ。」等々と、その国家体制や運営手法を非難していた某社会主義国の行為言動と、寸分違わぬ、いや、遥かに勝る行動を示してくれた点。

(そう、この人物の某お祖父さんは、旧満州国でソビエト連邦の経済政策を真似して、「五か年計画」とかやっていた人物であった。国家を掌握した側が社会主義的な考え方を持っていると、こんな考えが、身体に馴染むのだろう。)

 

それらの国の元首は、たいてい「主席」である。

毛沢東主席、金日成主席、と言った感じ。

 

ならば、某孫首席、ではどうか。

どうも収まりが悪い。

 

パーティ大好き、宴会大好き、宴席大好き、酒宴が大好き。

国難にあたっては、常に酒席で適切な判断ができ、最適で最高の選択の下、国家を領導し続ける偉大なる領袖であるこの方である。

 

いっそのこと、主席より、酒席の方がしっくりくるのである。

 

某孫酒席。

 

本人もこの呼称変更を、本気で喜んでくれそうである。

 

この名称の下、毎日二時間の酒席を、楽しんでほしいものである。

そして、その席に参集する(蝟集、蟻集)する眷族、郎党、懐刀、有象無象、只の食客、提灯持ち、手駒、準構成員等から、新型肺炎のウィルスなどなど感染することのないよう、心の底からお祈りするのである。

 

あ、自分の周りに集まる人たちには、「首相案件だ」とか言って、真っ先にウィルスチェックをしていそうだ。

でも、この心と同様に頭も暖かい某孫酒席、「ウィルスチェックです」と言われて、慌てていつも開かないパソコンの蓋を開けていたというのは、今作ったウソ話である。

 

ニャーゴの休日、土曜版である。

 

昨晩、父から電話があった。

お彼岸の塔婆代を払いに行きたいとのこと。

 

なので、後で実家に行く予定。

慎重に外出してくるのである。

 

では、良い一日をお過ごしください。

 

今日の反省である。

 

その昔、「ドラゴンクエスト」というロールプレイングゲームがあった。

 

あるバージョンだったか、敵と戦う際に、「いのちだいじに」というモードができた。

 

味方側のHPが少なかったり、ホイミ、ベホイミが使えない状況、つまり早いところ逃げ出して、宿屋にたどり着いて一泊したいときに使うモード建ったか。

 

今のこの国の状況、少なくとも、一般国民は、現在、この「いのちだいじに」モードに入ってしまった。

 

いつどこでウィルスに感染するかわからない。

感染したら、中国政府よりひどい隠蔽政策を取っている本邦政府により、隔離すらされず、まともな医療も受けられず、自宅で自然治癒力で回復するしかない。

 

ホント、突然強い敵と出会って、命からがら逃げかえってくる心境である。

 

今は、それぞれがそれぞれのレベルで「いのちだいじに」モードを選択し、ここしばらく(それがいつまで続くかわからない)、凌いでいくしかないのである。

 

あの、思い付きで物事を行い、すべてのことを混乱の極致に陥らせ、やることなすこと全て最悪の結果を引き出して、「何もせぬよりまだ悪い」行動ばかり取る「あの人物」(誰とはもう言わない。言わずとも分かる)の、可能な限り早い辞任届の提出をもう待つばかりなのである。

 

さて、もう寝る時刻。

それでは皆さん、お休みなさい。

 

 

 

帰りのバスの中である。

さあ、今週末は、どうなるか。

観光地や歓楽街に人は来るだろうか。

たぶん、みなさん、どこへもいかなさそうな気がする。

家で静かに過ごすのが得策かも知れない。

ただただウィルス退散、肺炎平癒を祈るばかりなのである。

さて、スマホでの更新はここまで。
爾後の更新は自宅のパソコンからである。

今日の良きことである。

詳しくは言えない今の仕事。
たくさんの話を聞く仕事でもある。

筆者の知らない世界の話が次々と入ってくる。

自分の常識がまだ狭いことを認識できるのである。

帰りの電車の中である。

金曜日の夕方。
みなさん、お仕事を終えて、週末のお休みに入る直前状態である。

安堵と期待が混ざった空気と言えば良いか。
今までの職場の緊張から解き放たれ、休暇、休息へ向かう雰囲気。

少なくとも、難しいことをこれから考える招待にある人は、たぶんいない。
そして、電車定刻通りに乗り込めた。
座席にも座れている。

後は帰るばかりである。

午後の仕事場の話である。

結局、仕事は2件。
後は諸整理作業である。

今日も定時に仕事を終えて、帰宅である。

砂糖なしコーヒーにも、慣れた。

欲望のままに生きることなく、自己を抑制しながら生きる。

かっこ良いけど、なかなか出来ない。
水木しげるの漫画にあったな。

趣味人だった父親か、晩年、その趣味を1つずつやめて、死を迎えていった話。

まあ、あまり無理な痩せ我慢をせず、長く生きていけば、そのうち、欲の方が向こうから立ち去っていくようである。

しかし、還暦後一年生の筆者にとって、この世は煩悩吹きすさぶ悲しい世界。

もう少しさ迷い続けるのである。

さあ、午後も仕事である。


食後のコーヒーブレイクである。
ランチの価格が税込み594円。
予算より下回ったので、安価コーヒー店で、コーヒーを飲んだ。

今日はレシートが二枚貯まったので、こねこクリアファイルと交換である。

良い年して情けないが、只の景品をもらえるのはやはり嬉しいのである。

さあ、もうしばらく休憩である。

今日のランチ彷徨である。

通りを歩いていると、今まで入ったことのない「ひとこと」うどん屋(仮名)の看板が目に入った。
「はまぐりうどん」 

写真の大振りのはまぐりの写真に釣られて入ったのである。

この店、よくある讃岐うどん屋と同じで、自分で好きな天ぷら等をトッピングするタイプ。

カウンターで、はまぐりうどんを注文したら、ビニール袋に入ったはまぐりが14個、うどんの上に載せられて出てきた。
たぶん、ボイルされているのだろう。

はまぐりの魂に感謝の祈りを捧げて、美味しくいただいたのである。

味はまあまあ。
満腹とはいかないが、ある程度の満足はしたのである。

今週のランチ彷徨はおしまい。
また、来週に続くのである。