空色の花だいこんのあえかなり春のこぼせし小さきため息

 

 

花大根が盛りです。

薄紫の花が群生しています

 

二十年前に一株を植えたら、

たちまち庭中に広がりました。

 

その後、あまり広がるので

隅の一群を残してむしりました

 

毎年、庭隅で美しく咲いて

楽しませてくれます

 

 

 

 

 

 

参加しています。
 
俳句・短歌ランキング

 

 

 

また一人知る辺の訃報届きけり白水仙に春の雨降る

 

 

知り合いが一人旅だったと訃報が届く

 

自粛自粛で人に会えないと

訃報も届くのが少し時間が経ってから

 

そうやっていつのまにか知り人が減っていく

 

季節は律儀に巡っているのに

このコロナが収束するまでに

何人の知り人と別れるのだろうか?

 

 

 

 

 

参加しています。
 
俳句・短歌ランキング

 

 

 

けふけふと咳する人の通りけり春きたるらし花粉飛ぶらし

 

 

春一番の吹く頃に

花粉の季節が盛りとなる

 

花粉アレルギーの人がマスクをする季節

薬を飲む季節

 

コロナでマスクをず〜っとしているから

いつの間にか花粉の季節になっている

 

我が家にも一人、アレルギーがいる

急いで薬を調達した

 

通る人が咳をしていると

ああ、花粉症の人だ。 


辛そうだ。

 

 

 

 

参加しています。
 
俳句・短歌ランキング