MLBノリのブログ

2008年の松坂大輔の成績は18勝3敗、防御率2.90。

被打率はリーグベストの2割1分1厘だった上に

メジャー1年目の昨季と比べ、ほぼすべての主要スタッツを

向上させたのは立派である。


そして所属するレッドソックスは2年連続ワールドシリーズ進出にあと一歩まで迫った。
「彼が勝ち方を知っていることはメジャー入り以来の実績が証明している」
プレーオフ時のテリー・フランコーナ監督の言葉は

決して身びいきばかりではなかったはず。

残して来た数字や勲章だけを見れば

今季の松坂の実績はほとんどサイ・ヤング賞級だったと言って良い。

そして、特に注目すべきなのは松坂が入団して以来

レッドソックスが着実に「常勝チーム」への足固めをしている点だ。

「ヤンキースの弟分」、「呪われたチーム」などと言われた時代は今は昔。

過去5年間で2度(04年と07年)世界一に輝いたレッドソックスは

ヤンキースとの力関係をすでに完全に逆転させた。

全員が一丸となって勝利に向かう姿勢は野球チームの手本。

投資を惜しまないオーナー、そう明なGMまで含め

全体に確固たる意思統一がなされたレッドソックスは

現代のMLBでいわゆる「モデル・フランチャイズ」に最も近いチームと言って良いだろう。

AD

MLBノリのブログ

米大リーグ、フィリーズを退団した田口壮外野手が

カブスとマイナー契約を結んだことが明らかになった。

スポーツ専門放送局ESPN(電子版)が15日伝えた。

カブスの春季キャンプに招待され

メジャーに昇格すれば年俸は約8100万円になる。
田口は昨季、カージナルスからフィリーズに移籍し

主に代打、代走、守備固めで88試合に出場したが

フィリーズが優勝したワールドシリーズには

出場登録されたが出番がなかった。

AD

米大リーグ、ヤンキースは14日

メジャーのベンチ入り(25人)が可能となる

40人から漏れた選手の中で

2月のキャンプ(フロリダ州タンパ)に招待する選手20人を発表し

同球団傘下の3Aスクラントンに所属する井川慶投手も含まれた。
井川は昨季、メジャーで勝ち星なしに終わったが

3Aでは14勝6敗の成績を残した。

AD