土地家屋調査士あっこたん

土地家屋調査士あっこたん

土地家屋調査士試験の勉強方法や、日々の業務について ボヤいていこうと思いま~す。

あけましておめでとうございます(*‘ω‘ *)ノ鏡餅

 

ブログの更新がだいぶ滞っているな・・・と思っていたら、

いつの間にか新年を迎えていまいしたポーン!!

 

のんびりとブログを続けていきますので、今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

 

長男は3歳2ヶ月、次男は6ヶ月になりました。

次男の保育園の入園申込みはしたものの、4月に入れるのかしら・・・謎。

 

 

 

 

さてさて、長男は昨年末から「いろいろなめずらしいくるま」のパズルにはまっています。

 

裏面かつ逆さのピースを見せて、

「これどこ?分からないから教えて」と聞くと、

即「ここ」と教えてくれます。

 

・・・しかも、私が思っていた場所と違うところを示し、長男の方が正解しています滝汗

 

子供の能力って凄いな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、長男と庭で遊んでいると、おもちゃを自分で地面に埋めて、

 

「母ちゃんはそっち掘って!長男はここ掘って探すね!」

 

と言ってきました。

 

 

 

どうやら宝探し的なものが始まったようです¥

 

おもちゃが埋まっている場所は、絶対私には掘らせてくれません笑い泣き

 

 

 

 

そうか・・・君は宝探しも好きなのか真顔

 

 

 

 

 

 

そんな長男。

 

つい最近、私が放置していた18cmの直定規が気になったようで、

「これ何キョロキョロ?」 と聞いてきました。

 

長男はまだ読書きが全くできないので、

「こうやって使うと、これがどのくらいの長さか分かるんだよ」

「これは・・・長いねぇ。これは・・・短いねぇ。」

と、使い方だけ教えてあげました。

 

すると長男はリモコンやおもちゃの車に定規を当て、

「うーん・・・これは・・・・短いねぇ・・・」

と呟き始めました(笑)

 

使い方は間違っていたものの、熱心に色々な物を測って楽しんでいました。

 

 

・・・・そうか・・・・今の長男は、こういう物も好きなのね。

 

 

 

 

「これ(直定規)より長い物は、これを使うといいよ」と言って、

 

私は小さな巻尺(3.5mのコンベックス)を取り出したニヤリ

 

 

 

 

 

長男に使い方の手本を見せて、

 

「これ、かっこいいでしょニヤリはてなマークと声をかけると、

 

「かっこいい!長男がやるびっくり!!」 と言って、

 

早速巻き尺を使って、テレビ・棚・テーブルなどを測り始めたニヒヒ

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

 

・・・巻尺を使って、3歳児でもできそうな宝探しをしようじゃないか!!

 

 

 

 

 

ということで早速、宝の地図を作成。(角度だけ正しく、距離と背景は適当)

 

 

 

【方法】(分かりにくくてすみません) 

庭にトラバーを2ヵ所打って目印にして、1個を原点、もう1点はバックにする。

 

トラバー2ヵ所は糸(水糸)を張って、

地図の「目印①」に爪楊枝を差し、実際の目印①に地図を置き、超強力磁石で固定。

地図をグルグル回して、目印②の方向線と水糸を合わせる。

 

あとは宝箱の方向に巻尺を伸ばして距離を合わせるだけ。

※長男は数字が読めないので、巻尺は伸ばた状態にしておいてあげて、長男は方向を合わせるだけ。

 

 

つまりは、「方向と距離で位置が分かる」という、

ただそれだけのことです真顔ひらめき電球

 

 

 

 

 

 

庭の三か所に宝(おもちゃ・お菓子)を埋めた。

 

そして今日、宝探しを決行。  (←もう日付が変わったので「昨日」かひらめき電球

 

 

 

 

 

 

 

 

庭に出ると、「なんだこれキョロキョロ!?と早速トラバーを発見した長男。

 

 

・・・見つけるの早ッポーン!!

 

 

 

 

長男 「抜こう 目!!

 

 

私   「待って待ってポーンビックリマークこれは宝を探す目印だよ!!

 

 

と、こんな感じでスタート。

 

 

 

 

とりあえず地図をトラバーに設置。

 

 

 

あとは長男が巻尺で方向を合わせるだけ・・・・・

 

 

なのだが・・・・・・

 

 

・・・・まだまだ3歳。

 

 

 

 

 

「図の線と巻尺を合わせる(重ねる)」の意味が難しかったようで、

 

明後日の方向に向かい始めた笑い泣き

 

 

 

 

 

 

・・・・親子で四苦八苦しつつ、なんとかお宝の位置を特定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、あとは掘るだけ・・・・・

 

 

 

・・・・なのですが、

 

 

 

 

 

 

 

なぜかホイールローダーで掘ろうとする息子チーン

 

 

進まぬ掘削作業。

 

「母ちゃんも掘ってプンプン!!

 

と言ってきたので、シャベルで掘ろうとしたら、

 

「ちがう!これで掘ってムキー!!

 

 

と言って、ショベルカー(?)を手渡された笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

ショベル部分がめちゃくそ小っちゃ!!

 

 

 

 

 

二人でせっせと(?)掘って、ようやくお宝を全て掘り返したおねがい

 

 

 

 

 

 

おもちゃとお菓子が出てきて長男は喜んでいたものの、

 

 

 

・・・・・いやぁ~・・・・大変だったチーンチーン

 

 

 

 

本人がやるかは不明だけど、

 

小学生くらいになったら、平板を使って宝探ししたら面白そうだわ。

 

 

 

高校生くらいになったら、座標を渡して手計算させて、

庭に埋めたお金を探す・・・ってのも楽しそうニヒヒ

 

 

・・・どうなることやら口笛

 

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、

私が愛読している「Dr.STONE」という漫画の新刊(19巻)が出ました。

 

 

 

「敵の基地までトンネルを掘るのに、何キロ掘り進めればいいのか」という問題に、

 

三角測量がチラッと出てきました。(ほんとチラッとですが)

 

 

 

 

私が学生の頃にこの漫画が発売されていたら、

きっと楽しく色々と勉強していただろうに・・・笑い泣き (タラレバですが)

 

 

息子たちが学生になったら是非読んでほしい漫画。

 

そんなわけで「Dr.STONE」はデジタルコミックではなく、漫画本で買いそろえて、そっと置いてあります。

 

 

 

読むか読まないかは・・・・息子次第口笛

 

 

 

 

うぉぉぉ!!

こんな時間になってしまったポーン

 

それではお休みなさいzzz

 

 

 

 

神奈川県土地家屋調査士会