”企業に眠る宝の山”発掘プロジェクト

”企業に眠る宝の山”発掘プロジェクト

新しいデータ分析手法で経営課題や悩みを解決する【オフィス創発企画】オフィシャルブログ

Amebaでブログを始めよう!

アメリカの大統領選挙は最後まで接戦が予想され、

直前ではクリントン有利と大手メディアは喧伝していましたが、

結果は予想外にトランプ圧勝となり、世界に衝撃が走りましたね。

 

私もクリントンが勝つ、いや勝って欲しいと思っていたので、この結果には衝撃を受けました。

 

トランプ勝利の原因の一つに、

アメリカのグローバル戦略は、思惑とは異なって上位1%の富裕層のみに恩恵があり、

中間層が没落して所得格差が拡大し、

その結果社会全体に不満が溜まっており、

その不満を解消する政策を掲げた、ということがあるようです。

 

 

翻って日本は?

 

日本の所得格差は先進国では比較的少ない(もちろん大きな格差がありますが)といわれています。

 

そこで、格差分析の一環で、富裕層の人数を調べてみました(表-1)。

 

データソースは

【2015年ワールド・ウェルス・レポートによる、純金融資産100万ドル(日本円で1億円)以上持つ人口の多い国ランキング】

 

なんと日本の富裕層は、驚くべきことに

人数:約250万人、 人数世界ランキング:第2位、 人口比率:約2%

となっています。そして、富裕層比率はアメリカの約1.5倍です!

 

たとえば同窓会で50人集まったらその中に1人は富裕層・・・、ということですね!

無論、私ではありません。

 

表-1

この富裕層比率をみるといろいろ考えさせられます。

・ドイツの比率はアメリカとほぼ同じ。この国も格差拡大が問題視されていますね。

・中国は超格差社会であることがわかります。

・スイスは圧倒的に高い比率で、うらやましい国ですね。

・スイス、日本、中国を除くと平均的に約1%です。1%の問題が理解できます。

 

グラフ化してみると(グラフ-1)

グラフ-1

 

過去に私のブログを覗いていただいた皆様の中には、このグラフから、ハハン!と感じられた方がおられるでしょう。

 

ロングテールのある特徴的なグラフ(かなり一般的ですが・・・)です。

 

このグラフの縦軸と横軸の目盛を対数にしたグラフを作りました。

グラフ-2

 

直線の周りにデータが並んでいます。

べき剰則」ですね。呪縛直線です。

しかも直線の傾きはほぼ45度

 

複雑系が作る熾烈な自由競争状態のデータです。

 

現在超格差社会である中国が比較的近い将来、ドイツを抜いて第3位になることが予想できます。

 

その先は・・・?。