五月雨薫のDear.Rock'n'roll. 【生き辛さをブチ壊すアートのススメ】

++++++++++++++++++++++++++++++++++++


このかなしい浮き世を愛し、それでいて如何にアンチソーシャルであるか。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


岡山でイラストを描いている、五月雨 薫 (samidare kaoru) と申します。
退屈な日々に閉口するあなたの為に、日々筆をとっています。


生きづらい世に生きる、愛すべき全ての劣等生たちへ。
あなた達の人生に、常に寄り添うアートがあることを祈ります。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


テーマ:

今日和、絵描きの五月雨薫です。

 

早いもので旧作展を終えて10日以上経ってしまいました。

そのうち半分は意識を失っている状態でしたが、昨日ぐらいから少し家を片付けるということが出来始めたので、ここから少しずつ日常を取り戻していけそうです。

もう歩けない家は嫌だ~。

 

 

+++

image

今回の旧作展、おかげさまで今までで一番収穫の多い展示会でした。

結果は出すつもりで動いてきましたし、これからはもっと結果を出していって当然だと思ってはおりますが、それでもやはり2年近く表舞台にほとんど出ず、ブログもすっかり休んでアクセス数は絶頂期の5分の1という状況で、かつてメインで活動していた東京ではなく地元岡山での開催。

 

正直、「誰が来てくれるんだろう」と、思っていました。

 

あたしみたいなのはハッタリかますのが仕事みたいなもので、「復活しました!」「旧作展やります!!」などと派手に打ち出しはしましたが、内心「これで誰も来なかったらもう街歩けないな」と思ったりもしていたわけです。

でも蓋を開けてみたら、ずっと応援して下さっていた遠方の方々や、あたしが路上に座っていた時に知ってずっと忘れないでいて下さった方々など、次から次に沢山の方がご来場下さいました。

皆様のおかげで引き続き街を歩くことが出来ます。

あたしのことを忘れないでいて下さったこと、それどころかずっと待ち続けて下さったこと、本当にそれを強く感じさせて頂けた時間でした。

驚きと同時に、感謝という言葉しか出てこないです。

 

またファンの人達は勿論、バンドシーンのみんなや絵画教室の先生などなど、

「え!あなたが来てくれるとは!」

「え!まさか来て下さるとは思ってませんでした!」

「え!」

「え!え!?え!?」

みたいなことだらけで、あたしが関わった方々が思った以上にあたしのことを気にかけて下さっていることを知って終始衝撃でした。ありがとうございましたっていうかもうなんか今までほんとすみませんでした…。

今まで撒いた種が、ここにきて一気に芽を出し始めた感覚です。

 

 

 

+++

今回旧作展に向けての準備で、昔の絵を引っ張り出して見ていたら、とても素直に「なんだ、良い絵じゃないか」と思いました。

これは本当に凄いことで、今まではそんなふうに過去の作品を見てやれることなどなかったのです。

 

あたしは展示をやる度に新しく描いた作品を並べて、常に「もっともっと」「まだまだこんなものじゃない」と先ばかりを見ていて、その時その時の自分や作品達をきちんと愛してやることが出来ませんでした。

過去、そしてそこに付随する作品達を、ずっと恥ずかしいもののように隠してきたのです。

それがここ数年の間自身の過去と向き合い、整理し、まっすぐ見つめられるようになったことで、そこに付随する作品達のことも認めてやることが出来るようになり、今回きちんと展示してきちんとした価格を付けて、皆さんにご覧頂くことが出来たわけです。

 

こうなってみて、今まで作品達には本当に悪いことをしたなと。

今までももっと人目に触れさせてやればよかったなと。

今回お譲りが決まった大事な作品達を見ながら、「今までほんとごめんな」という気持ちになりました。

 

 

 

+++

古い作品というと、不思議なものであたしがまだ二十歳ぐらいの、東京で取り扱いが始まるかどうかぐらいの時期の絵が人気があったりしました。

本当に絵は技術ではないのだなと、思いつまされます。

 

二十歳頃に東京の「アリスと豆の木」のオーナーに随分持ち上げて頂いて、とても良くして頂いていたのですが、当時のあたしにはそれが良く分かりませんでした。

でも、今ならあの時の賞賛が理解できるような気がするのです。

こういうことが客観的に見れるようになったことがいいことなのかどうかということは置いておくにしても、あの頃色々な諸先輩方によくして頂いたことを思い出して胸が熱くなりました。

 

 

今回の準備で、二十歳頃の作品を当時のままのボロボロの100均の額から出して、綺麗に額装し直してもらいました。

あまり売るつもりもありませんでしたが、純粋に当時の一生懸命だった自分をねぎらってやりたかったからです。

会場で壁に並び、お客さん達に見てもらっている絵達を見ながら、あの頃のあたしが本当に報われるような思いでした。

あんな幸せな気持ちになったことは、この方28年生きてきて初めてです。

会場でも「旧作展本当にやってよかったな」、「絵の世界に戻ってきて本当よかったな」と、何度言ったかわかりません。危うくこのような気持ちになるという経験をしないまま死ぬところでした。うっかり死ななくてよかったです。

ファンの方にも言われましたが、「生きていてよかった」などと思う経験など一生のうちにそうそうあるものではないと。

あたしは本当に幸せ者です、本当にありがとうございます。

 

 

 

+++

冒頭にも書きましたが、今回の旧作展が今までで最も結果を残せた展示会だったと思っています。

(以前は東京の会場で大して在廊も出来なかった為、会場の具体的な動きは分かりませんが)

過去、思うように人が来ないことだって、絵が1枚も売れないことだってあったわけです。

 

かつて、どこかで「おかしいな」「もっと評価されてもいいんじゃないかな」と思いながら、イマイチ突き抜けない鳴かず飛ばす感のようなものを抱えていましたが、そうこうしてきて何年か前には気が付いていたのです。

原因は絵ではなく、あたし自身のメンタリティにあるのだということを。

 

当時のあたしは成功してはいけなかった。

あたしがどう変わったのかという具体的なことはアホ程ブログに書いてきたのでここでは割愛しますが、今回以前と何が変わったかというと、「あたし自身が変わった」ということ1点だけなのです。

今回は旧作展で新しい絵があるわけではありませんでしたし、あたしが休んでいた2年ほどの間に、盛り下がることこそあっても、急にファンの人達の中で「五月雨LOVE度」がブチ上ったなんてこともないでしょう。

みんなはきっと、前からずっと、あたしのことを変わらず応援してくれていたはずです。

ただそれを、あたしが100%受け取れる状態になかった。

そこから2~3年かけて、あたしに沢山の愛を受け取れる器が出来た結果が、今回の展示会の成功に繋がったのだと思います。

あたしが変わるだけで、世界はこれだけ変わる。

いや、もう「それ」が、世界の全てなのでしょう。

 

今年の頭、また作家に戻ろうと思った時、もう結果は出るだろうと思っていました。

しかしそれを実際に目の当たりにした時、現実ではないような不思議な感覚で、「ああこれがあるべき世界なんだな」と思いました。

あたしは今まで、ずっと別のところで迷子になっていたようです。

今回の盛況ぶりを母も喜んでくれ、「おめでとう!今まで描き続けてきたご褒美だね、在るべき姿だと思う」と連絡をくれました。

本当に、本当に嬉しいです。

 

 

 

+++

「あたしが絵を描くと、こんなに沢山の人が喜んでくれるのか」、という衝撃。

知っていたようで知らずにいたような気がします。

あたしは今まで、一体何を見ていたのでしょうか。

 

「もう絵なんてやめてやるー!」「普通の主婦になるんだー!!」と言ったりもしていたのですが、少し落ち着いて考えてみて、「絵をやめたとして、お前に何が出来るんだ」と。

「そうだ、絵しか描けないんだった」と。

 

わざわざ東京から来てくれたファンの人が、「でも、本当にやめたかったらやめてもいいんだよ」と言ってくれました。

こんな優しい人達に囲まれて、あたしは本当に幸せ者です。

もうきっと、どこにもいかないと思います。

療養中、応援してくれていた人達や、作家仲間、絵を描いていなければ出逢うことがなかった人たちのことを考えていて、「みんな元気にしてるかなー会いたいなー」と思っていました。

そしてそういう人達にまた会おうと思ったら、あたしはまた絵を描くしかないじゃないかと思ったのです。

また会えてよかった。

 

 

 

+++

あたしが絵を描いて、お客さんが喜んでくれて、あたしも嬉しくて、会場にお金が落ちて額縁屋さんも儲かって、みんなが嬉しいし誰も不幸にならない。

もうこんなことが今後繁栄しないわけがないじゃないですか。

やっていることが間違っていなければ、全て上手く噛み合うようになっているのだということを、今年作家に戻ると決めてから身をもって体感しています。

 

今まで絵を描いてきて、これほど「やってきてよかった」と思ったことはありませんでした。

生きていてよかった。あたしはあなた方に生かされています。

この感謝の気持ちは今後良い作品をもって返させて頂きます。

これからもっとえげつない絵を描いていこうと思っておりますので、今後ともお付き合い頂けますと幸いです。

またアートの世界でお会い致しましょう。

愛を込めて。

五月雨薫でした。

 

 

 

――――――――――――――――――――――――

五月雨薫7th個展

”KAORU SAMIDARE OLDWORKS.”

2018/08/25-2018/09/09

@Synergy73

image

活動をほぼ休止していた五月雨の3年ぶりの個展。ずっと応援して下さっていた方々への意思表明と、これまでの自己の整理を兼ね、地元岡山で旧作展を開催。

詳細はこちらをクリック。

―――――――――――――――――――――-――――――――――――

 

――――――――――――――――――――――------

【当ブログについて】

サミダレの時間の感覚が世間一般と大きくずれていることや、

ワーキングメモリ、キャパシティの小ささなどから、

コメントのお返事などが大変遅くなりがちです。

特に基準はありませんのでまちまちですが、

2週間後などにこっそり返信が付いていたりします。

ご理解の上お付き合い頂けますと幸いです。

いつもありがとうございます。

――――――――――――――――――――――------

 

サミダレカオルオーダーメニュー
―――――――――――――――――――――
オリジナルレザーペイント(オーダー受付休止中)
オリジナルイラストオーダー(オーダー受付休止中)
オリジナルグッズサイト「SamidareKaoru Artworks.」
―――――――――――――――――――――


テーマ:

今日和、絵描きの五月雨薫です。

 

先週の日曜日に旧作展が終わりまして、金曜日は猫の祭典の搬入でしたし「やることいっぱいあるから動かないと!」と動き出したはいいものの、やはり疲れが取れていなかったようで週末のスケジュールのハードさに負け、月火と暴食したのちに延々に寝てました。

いま思い切り胃もたれしてます。

 

 

+++

やっと会場写真整理したので紹介したいと思います。

ご都合つかずご来場いただけなかった皆様に、少しでも会場の様子が伝わりますと幸いです。

 

今回の個展はあたしが路上活動を始めた2009年から去年2017年までの、主に手元に残っていた作品を一気にご覧頂ける内容となっておりました。(うち3枚はすでに個人蔵の物をお借りしました)

 

会場全体。入り口側から。

IMG_3450.jpg

IMG_3448.jpgIMG_3449.jpg

左手奥に座敷スペースがあり、そちらにも展示が出来ます。

 

 

会場入り口手前から奥に向かって、年代順に38枚展示しました。

我ながら圧巻の物量です。

こちら入り口側。評判の良かった今回のキャプションは段ボール仕様。

一番右側のアリスの絵が今回では一番古いです。IMG_3528.JPG

IMG_2636.JPG

 

店内奥側から。

IMG_2653.JPG

 

そして奥側の向かいの座敷スペースに2016年と2017年の作品。

IMG_3455.JPGIMG_3524.JPG

 

 

 

他壁面画像。

IMG_3446.JPGIMG_3447.JPG

IMG_3525.JPG

IMG_3453.JPGIMG_3456.JPG

壁側の棚にはグッズがズラリ。

 

 

革ジャンは試着して撮影可でした。

キャップと合わせて記念撮影して下さった皆様ありがとうございました。

IMG_3451.jpg

直接描いているハンドペイントですが、プリントだと思われている方がたまにいらっしゃいました。

 

 

Tシャツも。

IMG_3452.jpg

 

 

一番奥側のソファ席から。

IMG_3454.JPG

こんな良い雰囲気のお店、そうそうありませんね。

大変な物量の展示作業にもお付き合い頂き、本当に感謝です。

 

 

+++

今回計算していたわけではなかったのですが、一番古い絵と一番新しい絵がどちらもアリスになるという出来すぎた流れでした。

2009年のアリスはあたしが19の時の時のもので、アリスが「大きくなる薬もとい大人になる薬」を飲んで吐き出しており、去年描いたアリスの生首の「Goodbye wonderland.」は、「今までの自分を一度徹底的に殺す」というコンセプトで描いたものです。

リスタートの為の展示としてはこの上ない流れだったと思います。

 

また今回の展示作品のうち、先の「Goodbye wonderland.」、「JET BLACK LICENCE.」、「Cow girl.」はお借りしたものでした。

これらはあたしが気に入っているもので、すぐに売約済みとなり人目に触れる機会がほとんどなかったもの、再度あたしも見れたらいいなと思う作品の一部でした。

「JET BLACK LICENCE.」は2014年の東京個展のタイトルだった作品で、今回もとても人気がありました。今回はこれをお借りできたことで今までの個展のタイトルイラストが全て揃う形となり、個人的にとてもよかったと思っています。(この点に気が付いた方はおそらくいらっしゃらないと思いますが。)

 

 

+++

会場の解説はここまで。

長くなるので感想などは次回に続きます。

 

 

 

――――――――――――――――――――――――

五月雨薫7th個展

”KAORU SAMIDARE OLDWORKS.”

2018/08/25-2018/09/09

@Synergy73

image

活動をほぼ休止していた五月雨の3年ぶりの個展。ずっと応援して下さっていた方々への意思表明と、これまでの自己の整理を兼ね、地元岡山で旧作展を開催。

詳細はこちらをクリック。

―――――――――――――――――――――-――――――――――――

 

――――――――――――――――――――――------

【当ブログについて】

サミダレの時間の感覚が世間一般と大きくずれていることや、

ワーキングメモリ、キャパシティの小ささなどから、

コメントのお返事などが大変遅くなりがちです。

特に基準はありませんのでまちまちですが、

2週間後などにこっそり返信が付いていたりします。

ご理解の上お付き合い頂けますと幸いです。

いつもありがとうございます。

――――――――――――――――――――――------

 

サミダレカオルオーダーメニュー
―――――――――――――――――――――
オリジナルレザーペイント(オーダー受付休止中)
オリジナルイラストオーダー(オーダー受付休止中)
オリジナルグッズサイト「SamidareKaoru Artworks.」
―――――――――――――――――――――


テーマ:


独学でずっとやってきて、一昨年あたりついに行き詰まった。

一人でやれるところまでやってきてしまったように感じて、「これだ」という現場で教えを請う決断をした。

そうして今基礎からやり直そうと、あたしなりに全力で真摯に教えを請いに行っているつもりなのに、真実が何も見えず、ここまできて未だプライドを捨てられてないなどと言われる。

.

.

まともに絵1枚描くことすらできないのに、あたしはここまできて未だにプライドなんて安っぽいものを振りかざしてるのかと思うと、もう恥ずかしくて恥ずかしくて、涙を我慢することができなかった。

.

.

学校や大学では絵を習わなかった。

だから一人でずっと、誰にも負けないように愚直に自分のスタイルを極めてきた。

その今までやってきたことが、ここにきて邪魔にしかならない。

あたしが描いているのは嘘ばかりのつくりもので、目の前にあるものをまっすぐ捉えることが出来ず、あげくそれを自覚することすら出来ないのだ。

悔しくて恥ずかしくて、本当に逃げ出したかった。なんて情けない気分なんだろう。絵が描けないといって泣いたのは初めてだったかもしれない。

.

.

次からどうすればいい。

先生が言っていることはわかる。

しかしわかるのに、わかるのに出来ない。

少しずつ形をとるのは速くなってきたし、少しずつ上達しているようではあるけれど、一見そう見えるだけで、これでは今までと同じ小手先の技術が上がっていくだけではないか。

先生はあたしのクセや思い込みをハズす方法を考えてくると言ってくれていた。

あたしもかなり長いスパン、このことについて考えていかなければならなさそうだ。

.

.

極めない人生、などというものがあるのだろうか。

すでに愛するファンの人達に囲まれ、誰もあたしを追い立てたりなどしないのに、あたしはもっとこの先にいきたいと思ってしまった。

ほどほどでやめておけばこんな思いもせずにすんだものを、あたしは一体どこにいこうとしているのだろうか。

きっと、これを一生繰り返すのだ。

.

.

2018-09-16


テーマ:

今日和、絵描きの五月雨薫です。

 

何だかんだで色々やることがあり、なかなかブログで個展のまとめが書けれません。

この土日月は絵の勉強で外出しないといけないので来週になってしまうかと思いますが、真面目に書きますので何卒お目通しの程よろしくお願い致します。

 

で、今日はちょっと別件。

個展のことでいっぱいいっぱいでお知らせが出来ておりませんでした、この秋猫好きの猫好きによる猫好きの為のイベント、「猫の祭典」に参加致します。

IMG_3358.JPG

街のあちこちで猫をテーマにした展示や催しを行うイベントで、今年で6回目。

今年は初の試みとして、岡山に加えて倉敷でも日程をずらして開催されます。

それぞれのスポットで色々とイベントがあるので、岡山でも倉敷でも是非どうぞ。

岡山が9月22日から10月14日で、倉敷が10月20日から11月4日です。

イベントのフェイスブックページはこちら。

https://www.facebook.com/nekonosaiten.art/

 

 

 

あたしは日曜日に個展会場から引き上げてきた「Tow headed cat.」など奇形の猫シリーズと、「猫又の暁」などを本日主催に預けてまいりました。

IMG_3356.JPG

(↑納品準備、昨日の一晩でやっつけたぜ…。)

 

いやいや、こういう地元のイベントに出るのって何時ぶりですかね?

あたし一個人としては特に新作があるわけでもなく、物販も何時もの内容から猫関連のものだけをチョイスした感じですが、イベントは猫がお好きな方にはたまらない内容だと思いますので、近隣の方、猫がお好きな方は是非街歩きしてみて下さい。

あ、猫又Tシャツの単色バージョンは全サイズ出しました。(カラーバージョンはもうサイズが抜けまくりだったので出してません)

あたしの絵と物販は、岡山ではアトリエ&ギャラリーCoCoさん、倉敷ではアトリエ1/Fさんでの取り扱いになるかと思いますのでよろしくお願い致します。

 

 

 

以下開催マップなど詳細。

色んなところで画像のパンフレットが手に入るかと思いますので、見つけたらお持ち帰りくださいませね。

IMG_3359.JPGIMG_3360.JPG

IMG_3361.JPG

 

IMG_3362.JPGIMG_3363.JPG

 

 

というわkで今回はお知らせのみで失礼いたします。

この土日はデッサン会で絵描きまくってまいります。押忍。

 

 

 

――――――――――――――――――――――――

五月雨薫7th個展

”KAORU SAMIDARE OLDWORKS.”

2018/08/25-2018/09/09

@Synergy73

image

活動をほぼ休止していた五月雨の3年ぶりの個展。ずっと応援して下さっていた方々への意思表明と、これまでの自己の整理を兼ね、地元岡山で旧作展を開催。

詳細はこちらをクリック。

―――――――――――――――――――――-――――――――――――

 

――――――――――――――――――――――------

【当ブログについて】

サミダレの時間の感覚が世間一般と大きくずれていることや、

ワーキングメモリ、キャパシティの小ささなどから、

コメントのお返事などが大変遅くなりがちです。

特に基準はありませんのでまちまちですが、

2週間後などにこっそり返信が付いていたりします。

ご理解の上お付き合い頂けますと幸いです。

いつもありがとうございます。

――――――――――――――――――――――------

 

サミダレカオルオーダーメニュー
―――――――――――――――――――――
オリジナルレザーペイント(オーダー受付休止中)
オリジナルイラストオーダー(オーダー受付休止中)
オリジナルグッズサイト「SamidareKaoru Artworks.」
―――――――――――――――――――――


テーマ:

今日和、絵描きの五月雨薫です。

 

報告が遅くなりすみません。

無事旧作展終了ました。

IMG_3339.JPG

おかげさまで本当に素晴らしい2週間で、これから気持ちを新たに活動していくにあたり、これ以上の企画はなかったと思っています。

 

旧作展後からひたすら食べては寝て食べては寝てを繰り返し、やっとパソコンの前に座れるまでに回復いたしましたので、これから遅れている発送業務やお返事などを片っ端からやってまいります。

何時もお待たせしてすみません。

寛大なお気持ちに感謝いたします。

 

 

+++

最終日、搬出を手伝って下さった皆様と記念にパシャリ。

IMG_3335.JPG

あたしが何も言わなくてもみんな積極的に手伝ってくれて、あたしを介して初対面の壁もなくなり、凄まじく暖かい空気に包まれておりました。

それでなんというか「完全に愛しかない空間」だったので、胸がいっぱいになって、

 

「え?なんだろう?あたしみんなに何を返したらいいのかな?焼肉とか奢ったらいいのかな?」

 

などと言っていたら、場が「wwwww」ってなってましたが、ずっと応援して下さっている方にこの上なく優しいトーンで

 

「絵を描いたらいいと思うよ」

 

と言われて「あ、そうか!」ってなりました。

いやほんと、「絵なんてやめてやるー!普通の幸せな主婦になるんじゃ―!!」などと宣っていた時期もありましたが(今回遠方から来てくれた作家仲間に「そりゃ無理だよ」って言われたけど)

 

あたしは一体絵をやめて何をしようとしていたのでしょうか…。

 

本当にありがとうございます…。

 

 

 

+++

色々と書きたいことはあるのですが、とりあえず真っ先に皆様との記念写真を一気に紹介しておきたいと思います。

会いに来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

またお会いできる日を楽しみにしております。

 

IMG_3313.JPGIMG_3314.JPGIMG_3315.JPGIMG_3111.JPGIMG_3317.JPGIMG_3318.JPGIMG_3319.JPGIMG_3321.JPGIMG_3322.JPGIMG_3323.JPGIMG_3324.JPGIMG_3325.JPGIMG_3326.JPGIMG_3327.JPGIMG_3328.JPGIMG_3329.JPGIMG_3330.JPGIMG_3333.JPGIMG_3334.JPG

 

 

最後はsynergyのユキさんと!IMG_3336.JPG

いつも綺麗だぜ!!

大変お世話になりました!!!あいらぶゆー!!

 

 

次回から会場写真や諸々の解説、まとめに入ります。

引き続きチェックの程よろしくお願い致します。IMG_3246.JPG

 

 

――――――――――――――――――――――――

五月雨薫7th個展

”KAORU SAMIDARE OLDWORKS.”

2018/08/25-2018/09/09

@Synergy73

image

活動をほぼ休止していた五月雨の3年ぶりの個展。ずっと応援して下さっていた方々への意思表明と、これまでの自己の整理を兼ね、地元岡山で旧作展を開催。

詳細はこちらをクリック。

―――――――――――――――――――――-――――――――――――

 

――――――――――――――――――――――------

【当ブログについて】

サミダレの時間の感覚が世間一般と大きくずれていることや、

ワーキングメモリ、キャパシティの小ささなどから、

コメントのお返事などが大変遅くなりがちです。

特に基準はありませんのでまちまちですが、

2週間後などにこっそり返信が付いていたりします。

ご理解の上お付き合い頂けますと幸いです。

いつもありがとうございます。

――――――――――――――――――――――------

 

サミダレカオルオーダーメニュー
―――――――――――――――――――――
オリジナルレザーペイント(オーダー受付休止中)
オリジナルイラストオーダー(オーダー受付休止中)
オリジナルグッズサイト「SamidareKaoru Artworks.」
―――――――――――――――――――――

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス