Positive life in Singapore

Positive life in Singapore

美味しいものとお酒・旅行が大好きな私のシンガポール生活中心に、旅行記、一時帰国等、近況報告を兼ねてほぼ毎日更新しております。

おはようございます😊

 

 

 

一時帰国すると真っ先に食べたいと思うのがお蕎麦。

基本的に一時帰国中は日本でだからこそいただける美味しいものを食べ歩くのを一番の楽しみいしておりますが、シンガポールで暮らすようになってから、お蕎麦が1番恋しい!といってもいいほど、お蕎麦屋さん巡りをするのは一時帰国の際のお楽しみの1つです。

 

お鮨や和食は少々お高くはなりますが、シンガポールでも日本同様のお味が楽しめますが、お蕎麦だけは難しいのです。

最近は、ホーカーでも日本蕎麦をいただけるようになりましたし、手打ちのお蕎麦屋さんもあるのですが、やはり日本でいただくのとは違いがあるように感じます。

 

特に今回は一時帰国の期間が長かったので、いつも以上にお蕎麦を楽しめたので、お気に入りのお店や、記憶に残るお蕎麦屋さんをご紹介しようと思います。

 

⭐️神楽坂「蕎楽亭」の2色そば(1,050円)

 

 

夜伺って、美味しい天ぷらや鴨焼きなどを楽しんだ後に、〆で美味しいお蕎麦をいただけるという最高のお店

つなぎ一割と十割の2種類が楽しめる2色そばで、香りの違いを楽しませていただきましたラブラブラブ

 

⭐️千住「千寿 竹やぶ」の十割、田舎、粗挽そば(それぞれ990円)。

 

 

その日によって蕎麦の産地は変わるようですが、私は栃木産の蕎麦が好きなようだと、実感させてくれたのがこのお店。

牡蠣の天ぷらも絶品で、蕎麦飲みもOK

 

 

絶対にまた伺いたいラブラブラブ

 

⭐️銀座「真田」の鴨せいろ。

 

 

銀座で鴨せいろがいただきたくなったら伺う、お気に入りのお店です。

今回はディナータイムに伺って、〆に鴨せいろをいただいたので、お蕎麦の量は半量にしていただきました。

だし巻き卵も絶品ラブラブラブで、伺ったら必ずいただきます。

 

⭐️日本橋「紅葉川」の鴨せいろ(1,390円)。

 

 

昔から通っている、日本橋のお蕎麦やさん。

このお店の鴨せいろをいただいて、鴨せいろ好きになったと記憶しております。

鴨のお出汁が効いたつけ汁が最高なのですラブラブラブ

 

⭐️目黒「川せみ」の鴨せいろ(1,020円)。

 

 

お昼に伺い、私はすぐに席につけましたが、食事を終えてお店を出ると行列ができていました。

量が少なめだったのを残念に感じるほど、もう少しいただきたかった爆  笑

 

以上が今回伺った東京のお蕎麦屋さんの中で、私が個人的に気に入っているお店です。

そして、記憶に残ってるお蕎麦屋さんはまだあります。

 

⭐️宇都宮「蕎音 しずる」のざるそば1.5合(825円)。

 

 

栃木産のお蕎麦が好きだからか?とにかく美味しかったラブラブラブ

一口いただくとお蕎麦の香りが広がって、最高に私好みのお蕎麦でした。

日帰りでわざわざ食べに行ってよかったと思いました。

 

⭐️茨城県にある道の駅「常陸大宮 かわプラザ」の鮎天ざる蕎麦(1,250円)。

 

 

道の駅内にあるお蕎麦屋さんとはいえ、手打ちで、常陸の秋そばを大好きな鮎と一緒に楽しめましたラブラブラブ

鮎の天ぷらとお蕎麦の相性が良くて、印象深いお蕎麦です。

 

 

やはり、日本のお蕎麦って美味しいグッ

また次回一時帰国したら、美味しいお蕎麦屋さん巡りをしたいと思います。

 

 

 

Gakko

Instagram    gakko_fooddiary

                    the_gyalo