クラプトンのサプライズ新曲‼️こんなでたらめは耐えられない‼️ | ありすママの東大に行ける子を育てる親学
新型コロナウイルスに関する情報について

ありすママの東大に行ける子を育てる親学

”ありすママの東大に行ける子を育てる親学教室”のブログへようこそ!”親育てアドバイザー ありす”が、東大生を育てた母親だから言える「ありす式親育て法」をお伝えします。子どもの才能、脳力、能力を伸ばすための親の在り方をお伝えします。

【こんなデマラメには耐えられない】

うわー、これこそ反骨精神‼️

ナント、自らの体験から作曲した‼️

クラプトンが、ワクチン批判‼️



レジェンドであるエリック・クラプトンが、

サプライズで新曲を発表❤️


その曲名は、

「This Has Gotta Stop」

(止めなければならない)


クラプトンは昨年12月、ロックダウン反対を訴えるヴァン・モリソンの

「Stand and Deliver」に共演して、

その2ヶ月後にアストラゼネカワクチンの

1回目を接種したんですねぇ💦


クラプトンは接種後の副作用について❓❓

「両手も両脚も動かなくなり、

感覚がなくなって、熱を帯びた」

とコメントしています😱


さらには、

「自分は静かな反抗の道を歩み続け、家族を存分に愛することができるよう、当局の指示には従おうと思う。だが、今こうして分かったことを黙っているわけにはいかない」


こういう思いから、新曲をサプライズで

作曲されたのでしょうね☺️


そして、悲惨な医療問題についても、

語っていて、歌詞の内容には❓❓


🔸何か間違っている方に進んでいるのは

わかっていた

🔸法が施行され始めた時から”“手が動かない🔸汗が止まらない

🔸不自由すぎて泣けてくる

🔸もう我慢できない”と歌っている。


さらにサビでは❓❓

🔸これは終わりにしなきゃいけない

🔸もうたくさんだ

🔸こんなデタラメには耐えられない


と、歌っているのです❤️


今年7月には、「(ワクチン接種証明を

求めることで)差別されたオーディエンスがいるステージでは演奏しない」と発表‼️


そしていよいよ米国ツアーは、

9月13日のテキサス州フォートワース公演

から9月26日のフロリダ公演まで続く予定。


反骨精神のクラプトンは、

今起こっているコロナ禍、ワクチン禍への

怒り、矛盾を音楽に込めて、

世界中に発信されています‼️


またこのMVのアニメーションビデオは、

今まさに起こっているコロナ禍を、

想起されられるクラプトンと思いが

こもったビデオです😃


こうして、世界的なミュージシャンの

クラプトンが発信してくださることは、

本当に心強いですね‼️ 


ぜひ、ご覧になってくださいませ‼️

↓ ↓


 ニュース記事


❤️さてここで、私が愛用している

数々をご紹介しますね❤️


皆さんのお役に立てたら、

嬉しい限りです~🎵


やはり何はなくとも、体が資本です❗

自分の体は自分で守る❤️


とにかく良い食材、良い素材、

優れた商品を使うことで、

食べ物、睡眠、精神の安定によって、

心穏やかに快適に過ごせます😃


心と体が喜ぶものをご紹介していきますね✨

親育てアドバイザー 村木有子(…のmy Pick


『秋川牧園』の食材宅配お試しセット

  

  

   

  

  


 【宝泉華(ほうせんか)】大地を守る会のおせち料理

 


イベントバナー