パラレルキャリア(複業)専門家
美宝れいこです
 

(Facebookで近況を発信しています)

 

 

先週土曜日(2/27)に
女性活躍推進プロジェクトUMECO主催の
就活学生の方向けキャリアモデルトークイベントに

ゲスト登壇させていただきました🎤

 

 

イベントでは入社から起業までの20年間を

グラフで凝縮してお伝えしましたが

 

なかなかアップダウンが激しい

キャリア人生ですね(笑)

 

私の場合、短大を卒業したらすぐに

留学しようと思っていたので
就職活動をしていなかったんですが

 

途中、急遽留学という選択肢がなくなり

周りの同級生が次々に就職が確定し終わった頃に

かなり出遅れてスタートし始めた。
というところからでした笑い泣き

 

なので、新卒で入社した会社は
入れるところに入った。

っという感じで
特に就活を頑張ったとか
苦労したとかもなく

 

あっさり決まったのが
近畿日本ツーリストの

海外旅券手配の部署でした。

 

シーズン時期は深夜まで働いていましたが

ツアーや旅券と向き合う日々。

初めての会社勤めということもあり
やりがいとか充実感なんて

実感している暇もありませんでした。

 

そこからすぐに転職を何度か繰り返し

最終的には16年間勤め上げた

会社に巡り会うことができました。


会社員時代は、最終的には
女性初の事業部長という役職までいただきましたが

会社員時代も山あり谷ありで
今思うと、社長や役員の方たち

そして上司には多大な迷惑をかけたなと
反省することも多くあります笑い泣き

なんせ、

飲み会には参加しない。

マラソンや会社のアクティビティにも参加しない。

言いたいことは上司関係なく言う。

 

と、会社からしたら可愛げのない
なんとも扱いにくい役職者でした(笑)

 

どんなに偉い人であっても
自分に納得いかないことは
頑として譲ることはなかったし


仕事をしにきているのに
何でマラソンしなきゃいけないの?

 

と意味がわからないものに関しては
 
「マラソンには出ません。
それが会社として認められないなら
役職を平社員まで戻していただいて
結構です!!真顔」なんて言っていました(笑)
 
飲み会も基本的には行かない(笑)

 

とにかく仕事とプライベートを
きっちりと分けていたし
自分の信念というか
成果を出していれば過剰なコミュニケーションはなくても
チームはまとまるし仕事はできる!
なんて尖った感じもありました(笑)

 

それが、役職が上がるにつれ
少しづつ丸くなったりする部分もありましたが
基本的なスタンスは大きくは変わらなかったかな。

 

ただ、部下や一緒に働くチームメンバーに関しては
何かを言う。って言うことは
ほとんどなかったです。
 
いかに気持ち良く
パフォーマンス高く取り組んでもらえるか。
適材適所は何なのか?を考え
 
担当をお任せしたら
その人に一任する。いちいち口を出さない。

ただ、相談されたら意見を言うし
情報共有だけは徹底してもらう。
 
これは、なにかあった時に
私が責任を全てとるのが役職者の役目だと
思っているので、何も知らなかった。
とならないように
つねに進捗は確認できている状態にしておく。

 

その上で、担当者やチームが失敗やミスをしたら、
原因を解明して改善策を考え
その上で、私が会社に報告し謝る。

なので、グイグイ引っ張るリーダー
と言うよりは
なんとなくいるリーダーだったかな(笑)

でも、気づいたら
働きやすくなってない?
環境がよくなってない?
仕事楽しくない?

 

って感じてもらえるように
なって欲しいなあと思っていました。 
 

 

「誰と働くか」というのは

会社員の時も今も大切な要素であるのは変わらない

と感じていて

 

モチベーションを「上げる」のではなく

モチベーションが「上がる」環境と人のところに

自ら選択して身を置き

上手く自分のパフォーマンスを発揮できる

適材適所を見つけることが

大企業や有名企業に入るよりも

大切だと思っています。

 

 

これから社会に出ることに不安を感じたり

悩んでいる学生がとても多かったけれど

転職は悪ではないし

これからはどこに勤めるかより

自分の強みをどう活かすか?を知っている方がいい。

 

 

そして、やりたいことを1つに絞る必要もなく

やりたいことはドンドン挑戦して

自分の可能性を見つけていければ良いと思います。

 

 

そのために、パラレルキャリアという

選択肢を今から知っておくことも

人生の幅が広がっていくと思います。

 

 

そして、早速事務局の方から参加者アンケートを

昨日フィードバックいただき

読みながら泣きそうになりました…。

 

 

▼学生たちからのアンケート

【イベントの感想】

・初めて前向きに楽しい就活イベントだと感じた。

・沢山のキャリアを積んでこられた女性の話を聞く機会はあまりないので非常に面白い内容でした。

・私自身ネガティブに考えることが多いので、お話を聞いていてとても励みになり、頑張ろうと思えました。

・自分の学部学科で就ける仕事に限らず、視野を広く持ってやりたい事を見つける大切さを学びました。

・新しいキャリア象についての話を聞けて良かったです。

・すてきな社会人の方とお会いできてよかったです!

パラレルキャリアの具体的な働き方についてもお話を聞いてみたかったです!

・働く中での苦労よりも、どう乗り越えたのかのポジティブな要素が聞くことができてよかったです。このコロナ禍でニュース全体がネガティブになっている中、将来に「不安」を抱かざるえない状況でした。ですが、今回の 美宝さんのお話、質疑応答で答えて下さった内容を聞いて救われました。やりたいことがなくても、まず好き なことから探してみよう!何となくワクワクすることを見つけよう!やってみよう!っと言うように前向きに、良 い意味で楽観的に考えることができました。

・私はやりたいことがとても多いのですが、特にやりたいことがないという友達が多いので、今日のお話がとて も参考になりました。

・何のために働くかなどの参考になりました。

・年齢や立場、価値観などが異なる人と話し合ったり、意見を共有したりする機会はほとんどないので、いろん なお話を聞けて貴重な時間でした。

 

 

【印象的だったお話】

・やりたいことを見つけるにはやってみる!自分から楽しい場所に行く!

・やりたいことは感情で選ぶ、というのは非常に女性的な発想でしっくりきました。

・自分が何に向いているのかわからない時に、まわりの意見ではなく、自分が好きかどうかワクワクするかどうか、で選択することが大事だというお話が印象に残りました。

・給料が貰えなくてもやりたいと思えるかというお話。

・50 代 60 代になってもその仕事を続けている想像ができなかったという、美宝さんのお話が非常に印象的で あり、他の仕事にチャレンジするきっかけは何であっても良いということに気づけました。

・本当に興味のある事を見つける。

・「なりたい自分」を口に出すこと!

・美宝さんが「エール」・応援 をテーマに、一歩踏み出せない人、挑戦する人を応援すること。そして、感謝し あう気持ちを大切にされていることを聞いて感動しました。

・「社会人:自分の人生を自分で作っていける!」「自分のしたいことが評価され給料をもらえてラッキー!」こ んなに身近に社会人を最高に楽しんでおられる大人の方に出会えてよかったです。ここまで、働くことを楽し めるように色々な経験を積もうと思ました。

・好きなことか得意なことか、どちらを仕事に繋げるかの話

・自分がロールモデルになる。

・自分の感情に心を向けること。

・「時間がない」ということを言い訳にせず、隙間時間を見つけて、時間を有効活用する。自分のやりたいことを素直に受け止めて、実行してみる。

 

 

今回のイベント登壇で

学生のみんなへこれからの未来に

少しでもポジティブにエールが贈れたら

本当に嬉しいです!!

 

 

今後は、学生たちへもっともっと

働くことを楽しんでいる

ワクワクな大人が社会にはたくさんいることを

伝えられる機会を増やしていけたらと思います✨

 

 

 
 
 
 

ベルパラレルキャリアの無料オンラインサロン↓

 

ベル業界初!パラレルキャリア専門誌
「Aile(エール)通信」
季刊発行↓

 

 

パラレルキャリア(複業)専門家
美宝れいこです
 

(Facebookで近況を発信しています)

 

 

今日は、関東圏の温泉施設に来ています。

 
年明けから昨日まで
怒涛の仕事が詰まっていて
毎日、オンラインでの商談や
ミーティングも重なり
2021年になってからあまり休まず
一気に走ってきた感がありました。

 
もちろんやりたい仕事で充実しているので
心は全然元気なのだけれど
思いのほか、結構体は疲れていたようで・・・

 
昨夜、うとぅ君(=夫)が
そんな私を見かねて
急遽温泉に誘ってくれました🥳


とはいえ、引き続きやることはあるので
午前中にゆっくり温泉に入った後は
お昼を食べて、またパソコンを開いて
ちょっとお仕事をした後に
今、このブログを書いています。

 
ブログもね、書きたいことは
毎日山のようにあるのだけれど
なかなかアウトプットが追いつかない💦

 
Facebookはほぼ毎日更新しているので
良かったら近況はFBを覗いてみてくださいね!

 
さてさて、前置きが長くなりましたが(笑)

 
昨日は、Well−Being EXPO に
基調講演として登壇させていただきました。

 
 
私たちパラレルキャリア推進委員会からは
「働く女性が企業で活躍するために必要な
Well−beingとは?」というテーマで
お話をさせていただきました。
 
 
こちらのイベントは24日〜26日間開催され
来場者は前回は1,000人以上。
 
私たちと同じ日に登壇されるのは
フリーアナウンサーの笠井アナウンサーや
NTTdocomoなど著名人や大手企業。
 


 
その中でトップバッターということもあり
さらに、ウェビナーという
相手の顔が見ないスタイルでの
初めて経験する講演ということもあり
実は、超緊張しました笑い泣き
 

 
しかも
今回は、同じパラレルキャリア推進委員会の
海外支部長の田中ななさんとのW登壇🎤
 

 
お互いの時間配分は決めていましたが
スムーズにバトンを渡せるのか?
ドキドキ。

 
自分1人で話す講演スタイルであれば
50分の中でいかようにも調整できますが
2人でピッタリに時間を合わせるには
私が早めるにも遅めるわけにもいかない(笑)

 
目の前にはパソコン2台と
大きな秒針までわかる時計アプリを写したipad。
そして、手元にはiphoneでストップウォッチ⏱
と、かなり時間を気にして当日進行していました真顔

 
ななさんのブログを読んだら
ななさんも同じように時間配分に
一番気を使っていました爆  笑
 
 
私の場合、緊張すると超早口になってしまい
ものすごいスピードになってしまうので
そこに気をつけながら話していたら

講演を別室で聞いていた夫から
「なんかアナウンサーみたいな喋りだったよ。」
と軽いダメ出し笑い泣き

 
でも、内容は最高に良かった!と褒めてもらい
ご視聴いただいた方からもすごく共感した!
というご感想をいただけて一安心。
 
 
私はパラレルキャリアを推進していますが
それを必ず取り入れて欲しい!!と
企業側に推奨しているのではなく
 
パラレルキャリアを取り入れていくことで
企業にも従業員にもメリットがある。
 
だから、パラレルキャリアを始めたい人が
挑戦できる環境を整えて欲しい。
というメッセージでお伝えしています。
 
そして、女性が活躍していくことで
企業にも社会にも大きく貢献でき
経済効果があるという
具体的なデータと一緒にお話ししました。
 
 
女性活躍が進まない原因は
多岐に渡っていて
大きな原因は「環境」と「経験」であり
 
それを改善していくためには
企業・行政・個人
この3つの方向から取り組む必要がある。
ということもお伝えしました。
 
今回は、短い時間だったので
本当にさわりの部分のお話しとなりましたが
もっと企業の経営層の皆さまに
引き続きお話しをさせていただきだいな
と思いました。
 
企業のWell−beingと
働く女性のWell−being
 
これからの日本社会に必要であり
SDGsと同じくらい
共通目標になっていくと思います。
 
今回、素晴らしい機会をいただき
私たちパラレルキャリア推進委員会も
もっと社会に貢献できること。
 
個人として、もっと取り組めることが
あるのではないか。と
新しい気づきになりました。
 
 
ぜひ、またこのテーマでお話しできることがあれば
パラレルキャリア推進委員会のメンバーの
事例なども踏まえながら
深掘りしてお伝えできればと思います!!
 

平日の昼間という時間帯にもかかわらず
ご視聴いただいた皆さま

 
応援してくれたパラレルキャリア推進委員会 
ありがとうございましたー!!!チュー
 
 
 
 
 

ベルパラレルキャリアの無料オンラインサロン↓

 

ベル業界初!パラレルキャリア専門誌
「Aile(エール)通信」
季刊発行↓

 

 

パラレルキャリア(複業)専門家
美宝れいこです
 

(Facebookで近況を発信しています)

 

 

Docomo×M3のJV会社である
株式会社empheal様と
パラレルキャリア推進委員会で

「企業で勤める女性の活躍を応援する」プロジェクトとして

昨年より毎月企業向けセミナーを共催しています。

 

 

今月は、「働く女性の本音」をテーマに

少人数で勉強会となります。

 

先日、パラレルキャリア推進委員会内で

緊急アンケートを実施し

ズバリ管理職になりたいか?なりたくないか?

その理由なども公開していきます。

 

また、参加いただた企業間同士で

女性が活躍していくための取り組みとして

どんなことをされているかなどもシェアしていきます。

 

「働く女性が企業で活躍するために必要なこと」

をテーマにした勉強会では

 

*働く女性の取り巻く環境について

*女性の意欲は低いのか?

*ロールモデルの限界とは?

*管理職志向はあるのか?ないのか?

*管理職になりたくない理由は?

*会社に取り組んで欲しいこと

*社外の制度を活かすには?

 

などもお伝えしていきますので

ぜひ、お時間のある

 

・人事部の方

・事業責任者の方

・経営者の方

 

は企業単位でお申込みくださいませ。

勉強会詳細とお申込みはコチラ

 

 
 
 
 
 
 
 

ベルパラレルキャリアの無料オンラインサロン↓

 

ベル業界初!パラレルキャリア専門誌
「Aile(エール)通信」
季刊発行↓

 

 

パラレルキャリア(複業)専門家
美宝れいこです
 

(Facebookで近況を発信しています)

 

コロナで大きな打撃を受けた飲食店が

それでも継続していくためにある挑戦しました。

 

 

 

パラレルキャリア推進委員会の

PR・プロモーションチームにご依頼いただいた

コロナの影響を受けた飲食店の応援プロジェクトは

田中ななさんがリーダーとなり

ブローガー10名の方に

ご試食後感想をアップしていただいたり

クラウドファウンディングに挑戦したり

昨年の11月からななさんが伴走をしてきました。

 

 

ななさんの想いは

純粋にコロナで大打撃を受けた

Marina&Grillさんを応援したい!

という、素直な気持ちで取り組まれてきました。

 

 

いよいよ、そのクラウドファウンディングも

あと6時間となりました。

 

コロナで都内の飲食店は大打撃。

Marina&Grillさんも例外ではありません。

 

でも、そんな中でも自分たちに何ができるのか?

この未曾有の事態をどう乗り越えられるのか?

 

悩み、考え、行き着いたのが

自慢のメニューの一品である「インドカレー」を

みんなに自宅で召し上がっていただくこと。

 

でも、普通の店舗が

冷凍カレーで通販に挑戦するには

大きなハードルがいくつもあります。

 

真空パックの機械

冷凍する機械

サイトの立ち上げ

店舗を運営しながら通販の準備

 

最小の人数で新しい事業を1つ立ち上げる。

コロナで売り上げが大きく落ち込んでいる中

容易なことではありません。

 

それでも、新しい道を切り拓くために

お店の方、スタッフの方、そしてななさん。

 

みんなが一丸となって取り組んできたプロジェクト。

 

いよいよ残すところ6時間となりました。

 

プロジェクト自体は

目標金額に達成が難しい状況ですが

それでも、少しでもMarina&Grillさんを

応援していただきたい。

 

 

ご自宅で、ご家族で

本格的なインドカレーを召し上がって

応援していただけませんか?

 

コロナの影響を受けている飲食店に

「みなさんからのエール」をお願いします。

私は、店舗で同じカレーをいただきましたが

忖度抜きで、PR抜きで、本当に美味しかった。

 

インドカレーが好きな方なら

きっと喜んでいただけると思います。

 

このプロジェクトリーダーを努めた

田中ななさんの熱い思いは
こちらから読んでください。

 

ぜひ、その気持ちを、想いを

応援していただけたら嬉しいです。

 

クラウドファウンディングで応援ができない方も

シェアだけでも嬉しいです。

どうか、Marina&Grillさんにエールをお願いします。

 

パラレルキャリア(複業)専門家
美宝れいこです
 

(Facebookで近況を発信しています)

 

 


毎年、成人式になると苦い思い出があります。
 


我が家は6歳上の姉がいて
姉は成人式の時に振り袖を
仕立ててもらっていました。

私は、小さな頃から赤やピンクが好きだったので
母にはずっと成人式には
赤の振り袖を着るからね!と宣言して
 
もちろん、父も母も
「成人式の時はみほが好きなのを着なさい。」
 
と、言って賛成してくれていたんですが…
 
 
私が成人式を迎える一年前に父が他界…
 
 
そんな状況でも
赤い振り袖を着れると思っていた私は
急遽、お姉ちゃんのお下がりを着ることになり
不貞腐れて母にすごい文句を言ってしまいました…
 
私とお姉ちゃんは好みが真逆なので
お姉ちゃんが選んだ振り袖は嫌。
 
こんな渋い緑なんて着たくない!
全然かわいくない!
お姉ちゃんだけズルい!
こんなの着るなら成人式なんて行かない!
 
なんて、ヒドイわがままを言って
母を困らせ傷つけてしまいました。
 
今思うと、そんなに着たいなら
自分でアルバイトして用意するべきだし
急にシングルマザーになって落ち込んでる母に
そんなこと言うべきじゃなかったと
本当に心から反省していますが
 
当時の私は母のことを思いやることができず
こんな笑顔で食事をしていますが
実はまだブーブー文句を言っている時の写真です。



 
結局、短大卒業式に
ピンクの袴を用意してくれて
願いを叶えてくれたし

 
振り袖の写真撮影や
記念テレホンカード(笑)を作ってくれたり
母なりに一生懸命お祝いしてくれてたんだなぁ。と…
 

今日、たまたまお姉ちゃんと
当時の話しになり
 
「お母さんは、子どもにお金の心配や
苦労をかけたくない人だったから、
みほに好きな振り袖を着せてあげられなくて
本当に辛かったはずだよ。」
 
と言われて、
改めてなんてヒドイことを
言ってしまったのかと猛省。
 
 
いつか、母に天国で会った時に
きちんと謝りたい思い出の一つです。
 

そして、この成人式から後日…
まあまあ良い値段した
姉の振り袖用のファーショールを
うっかり間違えてゴミに出して捨ててしまい
母と姉の2人から
こっぴどく叱られたのも苦い思い出です(笑)
 



 
 

ベルパラレルキャリアの無料オンラインサロン↓

 

ベル業界初!パラレルキャリア専門誌
「Aile(エール)通信」
季刊発行↓