今月のPPCのテーマは「親の自制心の高め方」でした。
ファシリテーターは、鹿内佳代子、コーファシリテーターに大倉光恵、オカァーナ留美が加わりました。
ハリソンのPPCはメンバーが月を追うごとに親しくなっています。
お互いのことをよく知りつつあるので、
「今日のアイスブレイクは、“私は実は○○です”という自己紹介にしましょう。とっておきの貴女をご紹介してください」と始めました。
最初は、なかなか進まず、サークルのお約束である「質問はパスしてもよい」の裏ワザを使う方も現れるほど・・・。
みなさん あ、っと言わせる 意外性のある「実は 私は、、、、」…が 次々 出てきて  大笑いで盛り上がりました!
次に、今月のテーマに入りました。
選択理論心理学からご自分の5つの基本的欲求を知ることからスタートしました。
それぞれの欲求が増えるとき、減るときにどういうことが起こるかを
1つ1つ丁寧に見直しました。そして、それぞれの欲求の高い人でグループになり、
実生活でどうであるかを意見交換しました。
皆さん、それぞれに欲求の度合いが違い、改めて自分を見つめなおす良い機会となりました。
「自分の欲求が何かわかり、これから何をすれば充電できるのかわかったことが一番良かったです。」
「ぜひ、家族の欲求も知りたい!」というお声があがりました。

その後、2017年9月から始まったPPCの毎月のテーマを振り返り、
どのテーマが印象に残りましたか?どのスキルを意識して使うようになりましたか?
ご家族やご自身に変化はありますか?と振り返りの時間を持ちました。
みなさん、色々な嬉しい変化のご報告がありました。
「今まではゴスペルに参加しなくて無理やり歌わせていたけど、PPCに参加して、子どもの気持ちに寄り添って、子どもが自分から歌うのを待っていたら、最後にはみんなと一緒に楽しそうに歌ってくれた!」と涙がこぼれる体験談もありました。
「“いつかは参加する”と子どもを信じる力がお母さんにありましたね。それがお子さんに伝わったのでしょう」と周りの方からのフィードバックもありました。
「今までは、すごいね、上手だね、と声をかけていたけど、プロセスフォーカスを意識した声掛けにかえるようになりました。するとスイミングがとても上達しました。」
「私がPPCで学ぶ事を主人がとても興味をもってくれるようになりました。

PPCについても嬉しいご感想をいただきました。
「PPCは良い話を定期的に聞くことができる」
「家族が日本にいるので、なかなか話ができないけど、ここにくると自分の話をきいてもらうことができる」
「PPCは私にとって必要な安全基地です」

PPCは9月までしばらくお休みになるので、今回はポットラックランチをしました。
持ち寄るお料理の打ち合わせをしていないのに、
フルコースの豪華なメニューとなりました。
お皿に一度では載せきれなくて、何度もおかわりしないといけないほどです。
心もお腹もいっぱいに満たされました。

みなさま、昨年9月から始まったPPCにご参加いただきありがとうございました。
私たちファシリテーターにとっても、このPPCでみなさまとご一緒するお時間は学びと感動がつまった珠玉の時です。

夏休み明けの9月に皆様にお目にかかれることを心より楽しみにしています。
出会ったこと、感じたことをいっぱいお聞かせください!
皆さまがより良い夏をお過ごしになられることをお祈りしています。