仕事を成功させることも

恋愛、結婚、もっと大きく言うならば人生そのものを上手に歩みたい

と誰もが思うと思います。

そう願わない人はいないと等しいと思いますが

この思考に実は叶わない原因が存在しています。

 

全ての人生はうまくいっていて、ほぼ計画通りに進んでいると

捉えてみてください。

いかがでしょうか?

 

こんな筈じゃないと捉えている時は自分に無いものを求めていると思います。

これもダメ

あれもダメと。

 

しかし、全てがそもそもうまくいっているなら安心して

そのまま進むだけでしょうね。

 

はらはらドキドキする映画を見ている時って

この先どうなっちゃうんだろ?

そんな不安が湧き上がってくるとおもいます。

もし、その映画の結末を知っていて

ハッピーエンドだろうが、悲しい結末だろうが

答えが決まっていれば諦めもつく筈です。

 

未来をうまくいかせたいと言う願いが大きければ大きいほど

今うまくいってないと思っていればいるほど

不安が増してくるものです。

 

人生を安心して受け入れることこそが

安心できる未来と直結しており、

思い通りの人生を歩んでいけます。

宇宙のシステムを理解してこそです。

 

しかし、そう簡単に思考をコントロールできないからこそ

多くの人々が悩み、苦しむことを選択しています。

 

人間がもっとシンプルに夢や願望を叶えることができることに

気づけていないのが現実です。

 

心の汚濁(おじょく)を解消することで

人間ならどんな生き方をしてこようが、どんな環境におかれていようが

自分の理想に近い豊かな人生を歩めるとしたら

こんな簡単なことはないですよね。

 

遠回りするのが好きな方にはあまり意味のない情報かもしれませんが。。

 

https://www.okamto-masayoshi.com

2022年が始まりました。今年はどんな1年になるのか?こんな1年にしていきたいと思うなど、それぞれの抱負があると思いますが、僕は今年の元旦に面白い出来事がありました。

1月1日の朝に自宅でくつろいでいたところ、僕の寝室の隣にある部屋が何やら騒がしいので、そっと部屋の扉を開けてみると 一羽のスズメが部屋の中を飛び回っています。

窓などはしっかり閉まっているので、一瞬驚きましたが、その部屋は以前からエアコンを設置していない部屋でして、エアコンの室外機とつなげるための穴はプラスチック製の蓋で閉じていました。どうやらその蓋をスズメはくちばしで穴を開けて侵入してきたようで部屋の中を『パタパタ』と翼の音を立てて自由に飛び回っています。

僕の姿を見るとスズメは驚いたようで激しく部屋の中をあっちに、こっちにと場所を移動し続けます。

その後、部屋の窓を開けると外に飛んで行ったので僕もスズメも一安心!

昔からつばめが巣をつくると運気が上がるとかスズメが家に入ってくると幸運が飛び込んでくると僕の田舎では言われていたのを思い出し、正月早々からとても気分が良くなるスタートを迎えることができました。

昨年から神社参拝の帰り道に鳳凰の姿をした雲が目の前に現れたり、鳥が姿を表すことが度々起きています。鳥は平和の象徴でもあり、元旦から縁起の良い始まりに感謝です。

本日1月4日から僕は本格的な仕事始めです。

午前中はヒーリングのお仕事がありましたが、午後は氏神様の神社参拝に行き、今年は穏やかな1年に世界がなれるように祈願してこようと思います。

皆様も良き1年にしていきましょう!


岡本マサヨシオフィシャルサイト


 

デジタルを駆使しないと遅れを取る時代というのはとても生きづらさを感じると最近思いますね。

 

そんなこと言うとおじさんの象徴のようではありますが、 SNSを使ったマーケティングをしませんかという営業電話が毎日のようにくるのはあまりうれしくはありません。


これからの時代はメタバースやNFTなど、ついていくのがやっとな感じですよ。
というよりついていきたくないと感じてしまうのは僕だけでしょうか?

 

人間はどこに向かうのでしょうか?

 

仮想現実の中でビジネスって何の意味があるのかなぁ?

 

人は人と会って人間としての成長があると僕は心から思います。

 

 

そんな時代の中、昨日著名な詩人&画家の須永博士先生のご自宅にお邪魔させていただきました。

 

ご自宅に訪問させていただくことになったきっかけは、うちの会社役員の田中氏の一言でした。

 


「岡本先生、須永先生のところに会いにいきませんか?」


ご縁をいただいた経緯を少しお話しさせてください。


実は、僕の浅草のサロンに飾らしていただいている『心』という筆書の素晴らしい作品は、田中氏が大切に家に保管していた須永先生の作品なのです。(借りている状態)

浅草のサロンの内装を整えていた今年初め・・1月だったと思います。


セッションルームの壁に、素晴らしい絵とか何かを掛けたいねと、田中氏と話していたところ、彼が「すごいのがある!!」と、持ってきてくれたのが、下の写真にもある須永先生の『心』でした。

そして、壁に飾りながら一言・・・「会いにいきませんか?」

これがきっかけとなり、昨日お会いさせていただいたのでした。

 

 

 

 

 

 

ご自宅の扉を開けると、真正面に笑顔で座っている須永先生がいらっしゃり、奥様と共にとても暖かく迎えてくださいました。

須永先生は今年80歳になられたそうで、これまでの作品が作られていった経緯などをおもしろおかしく、そして感動的にお話ししてくださり、笑いの耐えない素敵な時間を過ごさせていただきました。

奥様の入れてくださったコーヒーを飲み(大変腰の低い奥様で本当に素晴らしい方!!)、心も体もホッコリ温まり、弟子の池田、田中氏、そして僕はその朗らかな空間に包まれておりました。

 

壁にはところ狭しと先生の作品が飾られていて、全てが愛で溢れていて感動!

仙人のような笑顔で話を聞かせてくださった中で、先生が何度も何度も伝えてくださったのは『とにかく恐れず、好きなことをやりたいことをやりなさい』でした。

 

 

須永先生はとにかくアナログな方だと思います。

 

携帯も持たない、パソコンもやらない。

 

絵と詞を描き続けながら、所持金が180円の時も奥様と二人で乗り越え、放浪の旅人をしてきたそうです。

 

60年間好きなことをやり続けてきた瞳の奥は満足感に満ちていました。

 

今も変わらず描き続けていると話してくださりました。

 

 

僕ら3人はそれぞれの心に気づきがあったようです。


1時間位してご自宅を後にしましたが、胸のあたりが『モゾモゾ』する感覚を3人とも感じていたのです。


「この気持ち・・何なんだろうね・・」と確かめ合うと、まるで神様に会ってきたかのような感覚を全員が感じていたのが分かりました。

 

三人が共通して得たことは、

 

人が喜んでくれるなら労を惜しまず、その人の為に仕事をするということでした。

 

 

迷わずやりたいことをやってきた人の話はエネルギーがあります!

 

12月今年も終わりに近づきましたが多くの人々が幸せになっていただくお手伝いを来年もパワーアップさせていきたいと心から思いました。

 

田中氏素敵な環境をつくってくれてありがとう。

 

須永先生ありがとうございました。

 

このブログを読んでくださった方も、好きなことを存分にやれる人生を送っていただけたら嬉しいです。