この季節。3月まで毎月1回

有機肥料、EM菌で発酵させた自家製肥料で元気な土に中で育った

吉田農園のこだわりの蓮根が届きます。

この蓮根とってももっちりして甘く、糸引く美味しさ音符

 

 

いつもそっと季節の花を添えて送ってくださる心配り。

お会いしたことのない農家さんの暖かさを感じますおねがい

 

 

 

 

 

そんな中。

 

福山の南の端っこ。

 

田舎の小さな料理教室。~さくらさく~にて

 

 

4回目の国際薬膳学院認定講座「はじめての食材効能薬膳」

1日目の講座無事終了いたしました。

 

 

 

 

 

朝から夕方まで

しゃべる! しゃべる! しゃべる~!

皆様のお腹がいっぱいになるまでお伝えします。

長時間の座学、皆様頑張ってくださいましたおねがい

 

 

 

 

今朝は、グッと気温が下がり冷え込みました~。

まずは、ご参加下さる皆様を

 

 

冷え対策のスパイシー茶

でお迎えします。

 

 

陳皮は、温州ミカンの皮を干したもの。こちらもお腹を温めて消化を助け、身体の水はけを良くしてくれます。

紅茶ベースで、生姜、陳皮、シナモンに大好きなメープルシロップを少しだけ落とします

 

生姜は身体を温めて汗を出す。風邪でぞくぞくっとしたときに効果的。

シナモンはお腹の冷えをとり、がっつり温めてくれます。

顔は火照るのに足元は冷える、冷えのぼせにも効果的。

 

 

 

私たちは季節の中にあり、その移りゆく変化の中で暮らしています

 

 

 

それぞれの季節が持っている「気」がどういうものか、

そして、その「気」私たちの身体のどう影響し、どの臓腑にに影響してくるか。

 

 

薬膳に関わる簡単な陰陽五行を交えながら学んで頂きます。

 

 

私たちの体質、体調によって、過ごしやすい季節、苦手な季節があり、それぞれの季節におきやすい不調があるのです。

 

 

臓腑すべてが助け合って、補い合いながらバランスをとっていること。

一つの臓器が不調になると、ほかの臓腑にも影響していくこと。

 

 

五味、五色の効能と、今日は五性を三性にわけて学んでいただき、

 

 

 日本の四季折々の流れの中で育まれる作物の薬膳的視点からみた効能とあわせて

 

 

それぞれの季節、体質、体調に合わせてどんな食材を選んでいくとよいかを知っていただき、

 

 

 

食材ソムリエに向けて、

 

1か月皆様の生活のなかで食材選びや食卓の中で意識しながら学んでいただきます。

2回目はお正月明けなので、

おせちを頂きながら、食材の薬効を思い出して下さるといいな~。

 

 

 

はじめて中医学を学ぶ方には、難しく感じることもあるかと思いますが、

 

少しずつ学んでいくと、点と点が繋がっていき、

少しずつ繋がっていくと、知ることが楽しくなっていきます音符

 

 

中医学・薬膳がほとんど初めてですが、と~っても興味を持って学んで下さいました。

10時~17時までが、あっという間だった言って頂き、嬉しい~。

 

暮らしの中ご自身の体調と照らし合わせながら、楽しんで学んでいただけかな~。

 

 

 

今日はまず、はじめのはじめの一歩

 

季節と身体と

食材の味、色、性質が持つ効能と繋がり。

どんな食材にも薬効があるということを知っていただければマル音符

 

 

 

私たちの身体は私たちの食べたものでできています。

 

 昨日食べたものは、今日の身体を、

 今日食べたものは、明日の私たちの身体を作ってくれます。

 

 

 

…今日の講座の薬膳ランチメニュー…

 

厳しい寒さに向かう冬。頑張る腎の働きを黒い食材で助けながら、

乾燥に弱い肺を守るメニュー。

寒い冬に向けて、補い潤すことを意識して。

 

 

 

✽ 黒豆ごはん

 

 

 

黒豆は、身体の水はけを良くする浮腫みとり、血も補いサラサラにしてくれます。

黒豆がとっても甘い!

 

 

 

✽ 薬膳スープ

 

 

 

 

潤しの豚。スペアリブと、玉ねぎ、白葱、クコの実、棗、山薬(山芋を干した薬膳食材)、

昆布、干し椎茸、ブロッコリーの芯をコトコト煮出して作ったスープをベースに。

黒木耳、肉厚の椎茸、ちょっと厚めのレタス(チャオチャオ)とブロッコリーを加えて。

 

 

黒木耳は、血を補い血管の弾力を強くしてくれます。コリコリ感が気の滞りも解消!

椎茸は、胃腸を強くして元気を補います。疲れや体力不足も補います。

レタスには血を補いサラサラにして美肌の効果も。

 

 

 

 

✽ 蕪のあま酢漬け柚子風味

 

 

蕪には、消化を助けるジアスターゼも。上がった気を降ろしてくれるのでのぼせにも効果的

柚子の香りで気分もスッキリ。こちらも消化も助ける働きがあります。

血液ををサラサラにして、汚れた血液を排出してくれる効果の高い紅花もちらします。

 

 

 

午後のお茶は、

 

✽胃腸をととのえる食後茶

 

柚子、生姜、陳皮、黒糖のブレンド

黒糖には、お腹を温め血液サラサラ効果と、甘味で緊張した身体もほっこり緩みます。

 

 

先日、お山にとりに行った柚子を使いました。

 

実は…このお茶今日初めて作ったのですが、大好評!美味しい~ラブラブ

柚子の香りが、座学で駆使してる脳をスッキリ!

 

 

 

講座をさせて頂くたびに、

 

もっとわかりやすく、楽しく中医学と薬膳をお伝えできるようにと

 

いろんな課題を感じさせていただいています。

 

 

私も皆様と一緒に一歩づつ一歩づつです星

 

ご参加くださった皆様、ご覧くださった皆様

有難うございましたおねがい

 

 

 

年末に来年2月のお味噌作り教室。

春からの重ね煮コース受講。募集開始予定です。

 

興味のある方はどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

重ね煮と薬膳講座のお問い合わせ、お申し込みはこちらから 矢印  ここをクリック

                     

 ✽ クリックするとメールが開きます。お問合せ時は、お名前、ご住所、連絡先をご記入ください。

宜しくお願い致します。

 

お問い合わせ、お申込みいただいたメールへ、受信後3日以内に返信いたします。

4日経過しても返信がない場合は、メールが届いていない恐れがありますので

再度おご連絡下さいますようお願いいたします。

 

 

~さくらさく(*^-^*)~