サクラサク桜塾スタッフブログ

サクラサク桜塾スタッフブログ

★東淀川区上新庄・箕面市坊島の学習塾★生徒を成長させるには講師が成長するしかない!
溢れる熱意とバイタリティで日々を精一杯過ごしていっています!!

教育理念「共育」


桜**家庭と共に子どもを育てる


桜**大人が共に子どもと成長する





教育方針「じりつ(自律・自立)学習」


桜**自分の行動を計画し、振り返ることができるようになること


桜**成功体験を通じて自分の夢や目標を実現していくこと




ホームページ:http://sakura19.com




お問い合わせはお電話か、こちらお問い合わせフォーム
から




学校 上新庄校:06-6320-3919


学校 箕面校:072-725-3919







テーマ:

こんにちは!
箕面校講師の西村です^ ^
 

突然ですが、最近、蚊にかまれないなーと思うことありませんか?? 

噂によると、35度以上だと蚊は活動しないみたいです、、、!暑いのは辛いですが、これはちょっと嬉しいですよね! 
 

さて!今回は夏にしたいこと!について。いっぱいあるんですけど、私は特に流しそうめんをしたいなぁと思います。竹を使う本格的なほうの笑 
暑いので、食欲があまり起こらない。それで食べないままでいると体力がでなくて、なにもする気が起きない、、。

みたいな連鎖が私は起こりがちなので、楽しく食べられる本格的な流しそうめんをしたいです。 そうめんじゃなくても、野菜とかお肉も流せば楽しく食べられるのでは??と恐ろしいことも考えています。笑
 

体調を崩さないように、しっかり寝て、しっかり食べて、しっかり動く習慣づくりを作っていくことをこの夏にまずは実行したいです。異常なこの暑さの中でも、流しそうめんを楽しむことからはじめて、楽しく乗り切りたいですね^ ^


テーマ:

大桐校の井です。

暑い日が続いており、夏バテに注意しなくてはいけませんね。

 

さて、本日TVで”理科は社会で役に立つのか”報道されてました。

TVでは、小学6年生と中学3年生に「理科は役に立つと思っているか」と、アンケートを取っていました。

 

【アンケートの結果】

小学6年生:73.0%

中学3年生:56.1%

が、理科が社会で役に立つと答えてました。

 

 

この結果から、役に立つと感じてくれている子どもが多いですね。

理科を主に教えている私はとてもうれしい結果ではあります。

 

しかし、理科が社会で役に立つと感じている小学6年生が7割以上に対し、中学生3年生が6割弱である原因は

何にあるのかを考えさせられました。

 

原因は”興味関心と探求心”であると思います。

中学生になると、化学、生物、物理、地学の4単元の知識を各学年で学びます。

そのため、小学生のときより、かなり多い知識を理解しないといけなくなり、知識の理解が困難な状況になると、

「どうしてこんな知識を学ばないといけないのか」、「しらなくても生活に支障はない」など、感じてしまう子どもが

多くなります。どの科目にも言えることですが、「学ばなくてもいい」と、感じてしまうと興味関心は感じられなくなっ

てしまい、「なぜ、その現象が起こるのか」という探求心も弱まります。それにより社会で理科がどのように利用さ

れているのかも知らずに終わります。

 

理科で一番大切なことは、”世の中の様々な現象が、なぜ起こるのかを疑問に思い考えること”です。

疑問に思い考えることで、社会で活用されているものへの発見があります。

この発見を経験できた子どもは”理科が社会で役に立つ”と感じると思います。

 

子どもだけで、社会に理科が役立てられているのかを知る機会を増やすのは難しいこともあるので、

私たち大人が、情報を与えることも必ずしも必要だと思います。

 

中学生はどうしても”高校受験のため”と考えながら理科を勉強てしまいがちですが、私は高校受験の内容と合わせて、

理科への興味関心と探求心を抱かせることを意識して授業を行っていきます。


テーマ:

大桐校の井です。

 

中学3年生の部活が終了していくなかで、受験を少しずつ意識させるために子どもたちに話をしていることを今回は紹介します。

 

1.国語、数学、英語は積み重ねが大切

 ・基礎力がとても大事になるため、大幅な点数向上がすぐに出にくい。

 ・基礎力を身につけたから応用問題が解けるわけではない。

 ・応用問題を数多く解くことで、徐々に立式及び解き方を理解していく。

 

2.5教科での点数向上は理科と社会が鍵

 ・国語、数学、英語は急に点数を向上させるのが難しくなってくる。

 ・理科、社会の入試では、一問一答レベルの基礎知識で半分以上の点数を取れる。

 ・国語、数学、英語より短期間での点数向上が達成しやすい。

 

以上、2点を夏期講習1週目に子どもたちへ話をしました。

 

夏期講習の目的は、前回のブログでも言いましたが、”知識を蓄え、骨組みをつくる期間”です。

子どもたちがこの期間を有効に過ごせるよう、勉強だけではなく意識向上と勉強の計画性を身につけられるよう努めていきます。

 


テーマ:

こんにちは。

大桐校の井です。

 

夏期講習が始まり、早くも1週間が終了しました!

今週は主に各教科で1年生の復讐をメインに行ってきました。

 

”勉強をやらないといけない”と、思っているも行動にできない。。。

私も昔そうでしたね。”期限が迫らないと焦らない”なんてこともあります。

 

大人の私たちでも難しいことを子どもたちに「やれ!」の一言で済ましてしまっても、

意識の向上と合わせて行動へは導けないです。

桜塾のスタッフは、勉強面だけで気持ちを向上させるのではなく、通常会話の中でも

信頼関係を築くことで、より高い意識向上ができるよう目指しています。

 

夏期講習もまだ始まったばかりですが、知識向上の他に意識向上に努めていきます!

 


テーマ:

こんにちは!
箕面校講師の堀戸です!


今年の夏は猛暑が続いてますね〜
大学に行くまでにいつも汗だくになってます笑笑


今回はそんな夏にしたいことについて書いて欲しいって松村先生からご依頼を頂きました。

今年はダイエットしていこかなって思ってます!笑笑
筋トレのせいか体重が異常なまでに増加してしまい去年から比べて10キロも太ってしまいました笑笑
お腹周りのお肉もたっぷりです笑


じゃあなんでダイエットをするかというと今年は海に行く予定ができてしまったのです!
このままではまずい!と思いダイエットを決意しました!毎日のランニングと筋トレを重ねてなんとか7キロは落とす事に成功しました!

あともう3キロ!なんて思っていますがいつまで続くのやら笑笑


けれど自分で決めたことなので最後まで貫いて頑張らなければなと自分を毎日鼓舞しています笑笑
目標を持って充実した夏休みを過ごしたいです!

 


テーマ:

こんにちは。大桐校の井です。

今週の23日(月)から夏期講習がスタートしました。

 

いつもとは違う授業時間で行う夏期講習では、午前中から眠い顔をしながら入ってくる子どももいます。

しかし、「眠い・・・」と、いいつつも授業が始まれば一生懸命問題を解く姿を見せてくれます。

 

中3年生の夏期講習でやることは、ずばり”知識の骨組みづくり”です!!

この夏にどれだけ、各教科の1年生から3年生の学習した基礎知識を詰め込めるかです。

 

知識の骨組みができないまま入試過去問や問題を解いても意味がないです。

しっかり、知識を蓄え、蓄えた知識をアウトプットする練習をすることが大切です。

 

知識のアウトプットは冬期講習でみっちりやりますので、この夏から冬期講習までに知識の骨組みと、

肉付けをしていけるよう桜塾スタッフ一同奮闘していきます!


テーマ:
夏バテ予防の食べ物まだ食べてません。野上です。


最近スマホにあるヘルスケアというアプリを活用して、1日にどのくらい歩いたのか(距離・歩数・階段)確認しています。


まぁあくまでスマホが動くことで?GPS的なもので?サーチしているでしょうから、期待はしていないのですが、最低これだけは動いた!という結果を見るだけでも楽しいですし、まだまだ動けるぞ!と自分に言い聞かせていますw


暑いから動かない、外に出たくないなんて言わずにね。
私たちが子供の頃には子供は外で公園で走り回ってましたから。

ちなみにいつぞやの私の歩数は20歩でしたw
ほぼ動いてねぇww


それでは、皆さん夏期講習頑張っていきましょう(^^)

テーマ:

桜塾の井です。

 

本日はとても、とても、とても暑い日でした。

実をいうと、私、東北人(福島県)なんです!

実家は今も福島にあり、私は高校まで住んでいました。

それからは、東京、北海道、宮城と東日本を飛び回っていました。

 

去年まで、「夏を感じたいんだー!」と、叫んでいましたがもう叫びません。

大阪は、”あ つ す ぎ” です・・・。

 

本日、桜塾では中学3年生が模試を受験していました。

部活の大会、部活の練習の後にも関わらず、5科目集中して取り組んでいる姿は素晴らしいものでした。

 

まだまだ、気温も暑くなってきますが、塾も夏期講習に向けて熱く気持ちを入れていきます!!


テーマ:
こんばんは。だんだんと悲しいような嬉しいような色々なものが混じり合って逆にスッキリしている野上です。



というのも、もうすぐ20代が終わります
まだ若い!と周りでは言われますが、
皆さん当時は同じ気持ちだったのでは?
と思い、いやいやーと笑いながら返していますw


松村先生も(以前まで在籍していた眞岡先生もですね)同世代なので今年は桜塾にとっては何か違う1年です。


私はまだペーペーなので松村先生の時には子供たちも含めて何かしようか?みたいなね。
(このブログは松村先生も読んでいるはずなので、こうやって匂わしておけばソワソワし出しますw)


私自身15歳から母の友人の子供さんに家庭教師を3年間し始めまして、
18歳で大学受験をした塾にそのまま雇われる形で講師となりました。(塾長と出会った塾ですね)
その後24歳の時に難病を患い、コンビニでリーダークルーになり、27歳で桜塾に加入です。

桜塾も3年目。
この先生という立場になり、早15年
まぁ一度離脱したことを踏まえても中堅と言えるでしょうか。

時間というものは早いですね。

自分の子供の頃に描いた理想の30とはかけ離れていますが、今思えば現実味のない30でした。
ですが、現実味がないからと諦めるような、投げるような生き方はもう病に関してだけでいいと決めているので、ここからまた一歩ずつ成長していきたい・生きたいなと思います。


ブログを読んでくださっている保護者様方、
ブログをたまたま立ち寄ってくださった方々、
桜塾の先生方、

今後ともよろしくお願いいたします。



テーマ:

大桐校の井です!

 

早速ですが、大桐校の顔がやっと届きました。

「さくらの個別 桜塾 大桐校がここにあるよー!」 って、教えてくれる素晴らしやつです。

 

写真では、大きさがわかりにくいですが、かなり大きいです!

 

設置には少し時間がかかりますが、設置できましたらまたお伝えします!!

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス