晴未(harumi)です。

 

 

{F7CF42B5-46C7-485B-A282-AA83FF11F7AD}
毎年、8月の終わりころにぶどう狩りに行っていました。父は、以前山梨に単身赴任していたので、知り合いも多く、仲良くしているブドウ園の方から毎年はがきが来て、よく買いに行きました。


高いけど、ブドウ園のブドウはおいしいですね。ラブラブ

 

 

 

 

{C88C85F0-5897-44B7-A72E-CBB727EFB085}
ブドウ園で、ブドウをつまみぐい 味見しながら麦茶を飲む時間が格別で、よく実家の家族と行きました。イエローハーツ

実家は、果物好き。
 
 
帰りに、ほうとうを食べてくるのが定番で小作へ寄り道していました。
 

 

 

{6C54D927-1DC9-4252-944C-E20F43C147F5}

 
まだまだ、こんなことを思い出してはメソメソしています。
 
若いころ両親を立て続けになくし、今は、ご主人の方のご両親を介護していて、先日、義理のお父様を亡くされたばかりの
友人に会ったときに教えてもらったこと。


 
その気持ちは、ずーっとあるよ。
『なんで、なんで』って泣くときが今でもあるといっていました。
胸がキューっと痛くなる感じタラー
 
 
 
そうなの。そんな前からなのがーん
 
 
 
だからね。それは仕方がないことだし、喪失感があるけど思い出すことも供養になるからといっていました。クローバー
 
 
今まで、人の死というものにほとんどかかわらず生きてきてしまったので、この経験を積んでいる人が別人格のステージがかなり上の方に思えてきました。
 
 
 
人には、いろいろな課題があるのでしょう。
自分の悩み
パートナーの悩み
会社・経営の悩み
親族の悩み
などなど‥
 
 
今回の、私の両親2人と1匹の病という課題は私ではどうすることもできないことでした。
 
 
最後の日に父と約束をしたのです。
父の日だったのですが、病院ばかり行っていたので父の日のプレゼント次に来るときに帽子を持ってくるからねと。照れ
 
 
 
その日の夜に亡くなってしまったので、あたらしい帽子を買ってあげられなかったと
後悔していたら、主人が買ってあげなよ。
棺の中でかぶらせてあげたらいいよとたいよう。
その言葉でどれだけ救われたか。
 
 
そして、父は新しいジャージに、新しい帽子をかぶって旅立ちました。
 


帽子似合っていました。おんぷ
かっこよかったな。
 
 
 

私もそうやって何度も、身内や友人に励まされ、大切な人を失った事実を受けれ、

自分の悲しみを受け入れてきました。

ほんとに助けてもらってきました。ありがたいことです。


 

 

 

そう言った大切な人を亡くしてしまって

その時間から動けなくなってしまっている人たちに、こころを開いて話ができる方や専門家の方に相談するのがいいと思います。




私も今年は、記憶喪失の時間が割とあります・・・アセアセ




 仕事をしていてよかったとこんな時に思います。


 

 

NEW

 桜桜10月の対面セッション可能日桜桜

 

ご希望日相談ください。

 

9月対面セッション

9月27日17時~ 1枠 空室

 

電話・スカイプなどをご希望の方は希望日をご相談ください。

スカイプなどは、22時の受付できる日もございます。

宝石赤 スピリチュアルセッションお申込み  

宝石赤 お問い合わせ