二番館2階の男性のご入居者様

 

しばしばアップしてきましたが、料理がお得意です。

 

 

 

今回は天ぷらを揚げて頂きました。

 

天ぷらって、作る人の腕で、出来上がりが全然違いますよね。

 

しかも9人分の天ぷらを、同じように揚げるのって大変ですよね。

 

 

それを、ご入居者様は見事に揚げて下さるので、

 

職員は大助かり。

 

はっきり言って職員が作るのよりはるかに美味しい天ぷらを食べれて

 

他のご入居者様も大喜び。

 

そして、大好きな調理作業に取り組んで、ご入居者様はとってもイキイキされていました。

 

皆さんに喜んでもらえて、とっても嬉しそうでした。

 

三方丸く収まる(?)、ご入居者様の調理活動でした。

さくらの家自慢の、ご入居者様全員が調理作業に参加する参加型献立

 

今月は手作りシューマイでした。

 

 

シューマイ作りは手作業が多くて、ご入居者様皆様に参加して頂くのにうってつけなんですよ。

 

 

いつも言っていることで恐縮ですが…

 

私たちにとっては、シューマイを作るなんてありえないことですが…

 

ご入居者様が現役主婦バリバリだった昔は、何でも手作りするのが当たり前

 

 

だからシューマイ作りは、楽しいだけでなく

 

手先のリハビリになるだけでなく、

 

脳を刺激して認知症の進行予防になるだけでなく

 

懐かしい昔の日々を思い出させてくれる、ノスタルジックな作業なんですよ。

 

ご入居者様がいきいきする作業なんです。