プロカウンセラーやスピリチュアリストからも相談される、不登校・発達障害・うつを抱えたご家族のための“花波動セラピー”

「“花波動セラピー”」は、植物が持っている自然の力と遠隔ヒーリングによる波動調整で、調和された心の状態を取り戻す自然療法です。

NEW !
テーマ:

HSPや敏感体質な人は、

私たちの周りに意外に多いものですね。

 

逆に、鈍感体質の人もいますね。

 

私の個人的な見方では、

敏感体質の人のオーラは繊細

鈍感体質のオーラは強固です。

 

 

 

なぜ、わかるかと言いますと・・・

 

対面でヒーリングをしますと、

オーラの強弱が自然と感じるんですね。

 

それって、主観的では?

と言われればそうなんですが、

 

ホントわかるんです(汗)

 

 

オーラの強弱って、

生まれつきだと思います。

 

ですから、ご自分の体質を知って

上手に生きていくことをお勧めします!

 

 

私の場合も敏感体質でした。

子供の頃は、夜の闇が怖くて

中学生になるまで一人で夜道を歩けませんでした(汗)

 

「なにか・・・いる・・」と

見えないんですが、気配を感じて怖がりでした。

 

新宿駅の人混みも苦手で、

いつもぐったりしてました。

 

そこで考えたんですね。

 

こんなに敏感でマイナスのものを引き付けるのなら

逆にプラスのものを引き付けてやろう、

これを身につけて日常を過ごそうと思い立ちました。

 

目に見えないエネルギーに敏感ですから、

水晶を身につけたり、

気が出るグッズを持ち歩いたり

 

気功を学んで、

経絡やオーラの周りのエネルギーの循環を良くしたりと

いろいろやりました。

 

多分、

ヨガや呼吸法も良いと思います。

 

これらの身体やオーラのエネルギーを良くして

力を付けることって大事だと今では思っています。

 

 

さらに、興味があったので

山梨にある白川神道も習いました。

 

そこでは、「祓いに始まり、祓いに終わる」

神道の作法や神髄を初歩的ですが学んだんですね。

 

そこで、祝詞や言霊のパワーを実感しました。

また火打石を身体にカチカチっとするのが

とてもマイナスのエネルギーが取れることがわかりました。

 

 

今年、折しも・・・

寺山心一翁さんの講演を聞かせていただいて

合点がいくお話を伺いました。

 

人は何かしらのマイナスのエネルギーが憑いている。

これを取り除くことが健康の、

そして意識の進化に繋がるということでした。

 

寺山さんの場合、

ご自分が弾くチェロの音色で講演にきていた私たちの

マイナスのエネルギーを取ってしまいました!

これには驚きでした。

 

寺山さんがかつてがんになって

病院の治療を止めて自宅療養してた時、

 

近くの神社で裸足になり

大きく鐘をならしたら・・・

 

身体の後ろが軽くなって

スッキリしたとお話してくださいました。

 

裸足になって地球から気のエネルギーを頂く

さらに自分の身体にある微量の電気を土に返す(アーシング)

鐘の音で邪気を取り除いた経験が、

 

ああ、これだと思われて

毎日の日課にされて行ったそうです。

 

結局は、寺山さんは他にもいろいろされて、

がんを自力で治すことになりますが、

とても参考になるお話ではないでしょうか?

 

 

ここでまとめてきますね。

 

<敏感体質の人の予防として>

繊細なオーラに付着しやすいマイナスのエネルギーを取り除くこと

①身体から力が出る気のグッズを身につける

②気功やヨガ、呼吸法で気や血流の循環を良くする

③心が強くなる言霊や真言などみつけて行う

④気の良い神社やパワースポットでエネルギーを充足する

 

これらを自分なりに相性の良いものを実行して

過ごしていくとオーラも強化されていくと思います。

 

また、私が扱っている植物のエッセンスにも

オーラを強化して、マイナスのエネルギーを受けないものが

幾つかあります。

 

これらをあなたの精神状態やオーラの状態を観察して

ピッタリの花波動エッセンスとして提供しています。

 

上記のことを参考に実行されて・・・

過ごしやすい毎日を創造してください。

 

花波動セラピーを試されたい方はこちらへ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)