昨日の夜、義両親が2週間の

バケーションに旅立ったニヤニヤラブラブラブラブ

 

行き先はプエルトリコ。

昨日の記事にも書いたように、

旦那のファミリーはプエルトリコ人。

私はお会いしたことないけれど、

あちらには親戚がたくさん住んでいる。

 

去年も、義両親はこの時期にプエルトリコに

バケーションに出かけた。

 

聞いた話によると、

プエルトリコのクリスマスって

 

すごいらしいポーン

 

こちらではクリスマス当日の25日が過ぎると、

年末ムードはやや漂うものの、

そんなに盛り上がらないし、

お正月はふわーーっと特に何もなく過ぎていく。

(日本のお正月が恋しい・・・チーンチーン

 

でもプエルトリコでは、サンクスギビングの

お祝いムードの延長戦でそのままクリスマスに突入し、

 

25日が過ぎてもお祭りムードは収まらない滝汗

 

いや、むしろどんどん盛り上がり、

そのまま新年を迎え、

そこで終わるかと思えばそうでもない。

 

1月6日のスリー・キングス・デーまでが

ホリデーなのだそうだ。(ポーンホリデー長っ)

 

 

義両親、プエルトリコ人。

おじいちゃん、おばあちゃん、プエルトリコ人。

叔父さん、叔母さん、親戚、プエルトリコ人。

義両親の友達もほとんど、プエルトリコ人。

 

旦那に出会うまで、私はそれまでの人生で

プエルトリコ人の方とお会いする機会なんてなかった。

 

カリフォルニアはメキシコ国境の州だから、

メキシコ人は多いけど、プエルトリコ人はそんなにいない。

 

カリフォルニアに住んでいて

プエルトリコ人に会う機会は少ないはず。

 

なのに、旦那とのご縁のおかげで、

カリフォルニアにしか住んだことないくせに、

私はこれまで、たくさんのプエルトリコ人の方と

お会いしてきた。

 

そこで日本人の私が思う、

プエルトリコ人の人達が集まった時あるある。

(あくまで”私が思う”ですので、あしからず。)

 

パーティーが大好き。

 

情に熱く、感情が大げさ。

 

底抜けに明るい。

 

お酒めっちゃ強い。

 

サルサの音楽がないと生きていけない。

 

音楽が流れるとじっとしていられない。(すぐ踊り出す)

 

パーティーの盛り上がり方が半端ない。(声でかい)

 

音楽はいつも大音量。(耳キーーーーーンってなる滝汗

 

 

 

そして、

 

 

 

スペイン語の曲、みんなで大合唱ニヤニヤニヤニヤニヤニヤ

(歌えないし、踊れない私はいつも手拍子笑い泣き

 

 

 

そんな陽気なプエルトリコの人たちが集まる

1年に1度のお祭りシーズン。

 

伝統的な音楽バンドが街の至る所で音楽を奏で、

島全体がお祝いムード。

知り合いも、知らない人もみんな一緒に盛り上がるのだそうだ。

 

 

去年はフライトの関係で夜出発し、

翌日の朝5時にプエルトリコに到着した義両親。

 

「お義父さんとお義母さん、無事着いたかな?

お義母さん飛行機では一睡もできないって言ってたから、

今頃しんどいんちゃうかなー?」

 

って私が旦那に言ったら、

 

「そうだね。電話してみよっか?ニヤリ

 

ってなりまして。

 

現地時間朝の9時に電話した。

(この時点で義両親のプエルトリコ滞在まだ4時間)

 

電話に出た義両親。

 

「無事着いた?疲れてない?大丈夫?」

 

って旦那が聞いたら、

 

「大丈夫よ~デレデレデレデレ(超ご機嫌)

フロリダの空港でトランジット待ってる間に、

ワイン飲んで~、今はね~朝ごはんと一緒に

マティーニ飲んでるの。


今マティーニ、3杯目ニヒヒ

 

「・・・・・・真顔」(私)

「・・・・・・真顔」(旦那)

 

着いてまだ4時間ですよね?

 

朝の9時ですよね?

 

 

お義父さんとお義母さん、

バケーション朝から思いっきり楽しんでるね滝汗ハハッ

(まだあと2週間あるけど、ペース配分大丈夫か?)

 

テンション上がって、ハメを外しすぎた二人。

結局、バケーションの途中でお義父さんが体調崩して、

お義母さんもそれに引き続き、

 

2週間後に2人でゲッソリして帰ってきた笑い泣き笑い泣き

(言わんこっちゃない)

 

 

でも今年は、プエルトリコ全体が

ハリケーンの甚大な被害を受け、

今でも電気が通っていないところが多く、

義両親の親戚の半分も、家に電気が通ってないそうだショボーン

 

「クリスマスにボランティアに行こうおねがい

 

情に熱い義両親。

お義母さんの提案で、

今回またプエルトリコに行くことに決めた二人。

 

「困ってる人を助けに行く」

そう言って出かけて行ったけど、

 

でも、私は密かに思っている・・・・

 

 

きっとパーティー三昧やろ!ニヤニヤ

 

 

AD

以前ちらっと書いたことがある「主食」の話。

(→アメリカ人の旦那に衝撃を与えた、日本のモテる料理の代名詞

 

言葉も価値観も文化も違う外国で生きていると、

心はやっぱり自然と張り詰めてしまう。

 

そんな時、

 

「はぁ~」と心が解れる瞬間は、

やっぱり慣れ親しんだ和食を食べる時。

 

そんな”食べるとホッと安心できる家庭料理”のことを

英語では コンフォートフード と呼ぶ。

 

小さい頃から食べ慣れた味のことを言うので、

日本語で言うなら お袋の味 だろう。

 

私と旦那、生まれも育ちも違う国。

必然的にコンフォートフードもまるで違う。

 

旦那はアメリカ生まれのプエルトリコ人。

プエルトリコはカリブ海に位置しているので

料理も南国の島!という感じの料理が多い。

 

旦那はパンも好きだけど、

旦那のコンフォートフードベスト3は

 

実はパンではないびっくり

 

プエルトリコ料理で一番メジャーな料理であり

旦那のコンフォートフードNO1がコレ↓

ライス&ビーンズ

プエルトリコ人の人たちは

これを月に数回は必ず大きな鍋で作って食べる。

 

私は義理の妹が作ったものや、

旦那のおばあちゃん、親戚など・・・

様々な人が作ったライス&ビーンズを

これまで食べてきたけれど、

 

そうして気がついたのが、

 

どれも味が違うし、作り方も若干違うポーン

 

日本でいうなら”味噌汁”のような、

各家庭のオリジナリティが出る料理なのである。

 

旦那はやっぱり

「おかーちゃんのが、一番うまい酔っ払い

と言うので、

私はこっちに引っ越してすぐ、

お義母さんに作り方を教えてもらった。

 

名前のとおりライス&ビーンズは、

味をつけて炊いたご飯と煮込んだ豆。

 

 

でもこのご飯、長粒米笑い泣き

 

 

長粒米は細長く、炊くとパラパラになるお米。

ふっくら、モチモチなんて求めちゃいけない。

いや、逆にお義母さんは

「パラパラするように炊けなかったら、失敗よ真顔

と言うほどだ。

 

旦那はこの長粒米を食べて育っているから、

毎日食べるお米がパラパラしてても気にしない。

 

でも私のコンフォートフードは和食。

美味しい和食には、

ふっくらモチモチの短粒米が必須。

 

パラパラ米でお寿司とかゲロー

おにぎりにできないお米なんて嫌だチーン

長粒米はライス&ビーンズの時だけでいい。

 

旦那は和食が好きだけれど、

べちゃっとしたお米が苦手。

 

そこで勃発する長粒米と短粒米の戦い戦い

 

アメリカでは、長粒米を食べる人の方が多く、

値段も短粒米に比べて断然安い。

 

「わざわざ高い短粒米買わなくても、

安いんだし長粒米でいいじゃんえー

 

「これはね、値段の問題じゃないんだよえーん

毎日食べるお米は短粒米じゃないと嫌だ」

 

短粒米高いとか言いながら、

結局いつも短粒米に落ち着く我が家。

でも確かに高いっちゃ高い。

 

居候生活を早く終わらせるために、

早くお金貯めて引っ越さないといけないので、

食費は抑えたいと思う気持ちはお互い同じ。

 

そんなこんなで昨日、

近所のコストコに行ってきた。

 

クリスマス間近の日曜日のコストコ

 

 

鬼混みゲロー

 

クリスマス用の商品もたくさん。

きれいなクリスマスツリーがあったけど、

写真撮り忘れたガーン

私の好きなマジックソープやーーー

このサイズが2本で$13ドルはいいな。

クリスマスのウィッシュリストに入れておきたい。

 

ってぶらぶらしてたら、

こんなお米を発見!

$20ドルで50LB!?ポーンポーンポーンポーン激安やん!)

 

どうせ長粒米でしょうえーと思って見たら

中粒米!

 

・・・・・真顔

・・・・・真顔

 

旦那と私、コストコの米コーナーで

無言で見つめ合う。

 

中粒米って何なん???

あんた、パラパラなん?

それとも、ふっくらモチモチなん?

 

どっちなーん????

 

でも、長粒米と短粒米の間ってことよね、きっと。

 

「買ってみる?ニヤリ

 

「えっ滝汗 50LBだよ!

美味しくなかったらどうすんの!!」

 

これ買って、長粒米みたいにパラパラだったら、

食べきるまで、

 

私、地獄やぞ滝汗滝汗滝汗

(毎日ライス&ビーンズか?)

 

でも、食べてみないことには、真実は分からない。

もしかしたら、ふっくらモチモチかもしれないじゃないか!

そうだとしたら、かなりお買い得。

 

そこで・・・・

 

 

旦那に背中を押され、

 

買ってしまった滝汗ハハッ

 

清水の舞台からダイビングです笑い泣き

 

家に帰って、早速炊飯器で

炊き込みご飯を炊いてみた。

試しに、短粒米と同じ水の量で。

 

炊飯器からピーーーっと炊きあがりのお知らせが滝汗

(恐怖の音にしか聞こえない)

 

恐る恐る蓋を開ける私。

しゃもじでそーっとかき混ぜる・・・

 

パラパラしてない!!!!ニヤニヤお祝い

 

いける。混ぜた瞬間、思った。

でも、一応どこまでいけるか試してみよう。。

 

ギュッギュッギュッ

に、に、握れた~笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

でもやや硬め。

たぶん、もう少しお水多めで炊いたら

もっと美味しく炊けそうな気がする。

 

あとは、これでライス&ビーンズが上手く炊ければ

我が家的には文句なし。

今度試したら、また紹介します。

 

ということで、

 

長粒米と短粒米の戦いは、引き分けウインク

落ち着きそうである。

 

AD

昨日の記事をAmebaトピックスで

取り上げていただき、

本当にたくさんの方に”いいね!”や

読者登録、心温まるコメントなどをいただきました。

 

いきなりのことだったので、

とても驚いていますが、

すごく嬉しかったです。

 

皆さん、本当にありがとうございます。

 

読者登録してくださった方、

少し時間はかかるかもしれませんが、

私も皆さんのブログを読みに伺うつもりです。

 

どうぞこれからもよろしくお願いします。

 

 

さてさて、シャワー効果があったのか、

疲れていたのか・・・同居初日は

普段だったらあり得ないくらい早い時間に就寝。

 

でも、

明日の朝は絶対に

義両親より早く起きねばお願い

と心に誓って寝た。

 

なぜなら、

 

前日にお義母さんが

「明日の朝は、私がみんなの朝ごはん作るからねニヤニヤ

とおっしゃられていたので。

 

これが実家ならね。

朝ごはんができたくらいの時間に起きて

「おはよ~ご飯できてる~?」

って寝ぼけまなこでキッチンに行っても

どうってことないですけどね。

 

 

 

なんせ私~嫁ですから~滝汗

 

 

 

しかも、旦那いませんから~笑い泣き

(あいつ、どこいった)

 

 

 

お義母さんが料理し始めたら、

邪魔にならない距離で、

必要な時はいつでも手伝える態勢を

保っておかなければいけない。

 

そうはいっても、

「手伝いましょうか?」

って言ったらどうせ

「いいのよ。1人でパッパとやりたい派だからー」

って返されるのは分かっているから、

結局私がやることなんてないのだけど。

 

それでも、たわいもない会話をしたり、

「美味しそうおねがい

って褒めちぎったり、

”その場にいる”ことが嫁の務め。

 

教えていただいたやり方で

コーヒー淹れるのは私が担当

(なんとか覚えてた滝汗

 

ソーセージ・スクランブルエッグ

ハッシュブラウン・クロワッサン

 

というめっちゃアメリカンな朝食アメリカ

大変おいしゅうございましたデレデレ

 

お義母さんのドン引くとこたくさんあるけど、

リスペクトするところもたくさんあって、

その一つはとても料理が上手なこと。

 

私も料理が趣味なので、和食とかは

けっこう上手に作れていると思うけど、

やっぱり料理の幅ってなかなか広げるの難しい。

 

でも、国際結婚の良いところといいますか、

お義母さんが作る料理は、

私が作ったことない料理や味付けなので、

とても新鮮で勉強になる。

 

それに、旦那の”お袋の味”はやっぱり

マスターしておかねばならないので、

いつもお義母さんの料理、勉強させてもらってます。

 

満腹後のベッドメイキング。

 

ここはこうで~シーツはこうして~

枕はここに置いて~滝汗(枕何個あんねん!)

(思い出せー。私の脳みそ、やり方全部思い出せー)

 

よし、けっこう上手くできたんちゃうニヤリ

なかなかやるじゃん、私。

 

そうこうしてたら、お義母さんが部屋へとやってきて、

ベッドを凝視真顔

 

そして一言。

 

 

「ちょっと違うのよね~ニヤニヤ

 

そう言いながら、おもむろに枕をどかし、

布団をひっぺがし始めるお義母さん・・・

 

はい、もう一回~笑い泣き笑い泣き

 

布団が左右対象ではなく、

枕の位置も微妙に違ったようです。(すみませーんショボーン

 

完成形はこのようになります。

この写真は、実はブログ用に撮ったわけではなく、

毎朝これを見てベッドメイキングするように

撮りました・・・笑い泣きハハッ

 

そして、なんとか2回目でオッケーをいただき、

昼間は義両親が外出。

 

私は家で自分の荷物を片付けたり

平和な時間~酔っ払い

 

 

がしかし・・・・

 

平和に1日は終わらなかった。

 

外出してた義両親が、夕方帰宅。

「こんなん買うてきたでーウインク

って買ってきてくれたのは

 

クリスマスツリークリスマスツリークリスマスツリー

 

お心遣い、感謝いたします爆  笑

 

$5だったらしいので、大きさも小ぶりですが、

生のもみの木なのでいい香りもするし、

とても素敵!

 

 

息子大喜びで、義両親も嬉しそうで、

いい夜だわーって思っていたのも束の間笑い泣き

 

「オーナメントを飾りましょ」ってなったんですよ。

お義母さんが大切にしているオーナメント。

どれも思い出が詰まったものらしい。

 

「全てのことがちゃんとしていないと気にいらない」お義母さん。

「全てのことが適当でいい」お義父さん。

 

対照的なんですね、これが。

 

今朝のベッドメイキングも、お義父さんだったら

「あぁ、いいんじゃないニヤニヤ

って一発オッケーだったと思う根に持ってる?)

 

で、去年のクリスマスにオーナメントを

片付けたのが、どうもお義父さんだったようで。

 

適当に片づけちゃったんですね~、これが。

 

箱の中身ぐちゃぐちゃ。

 

それを見たお義母さん、

だんだんご機嫌が傾いて斜めになっていくのが

見て取れる滝汗滝汗滝汗

 

 

そして、お義母さんが中身を持ち上げた瞬間、

 

 

ガンガラガッシャーーーーーーン

 

ひぇぇぇぇーーーーーーーーポーンポーンポーンポーンポーン

お義母さんがバランスを崩し、

滑り落ちたオーナメントたちが、割れる割れる。

 

全員固まる。

 

時間が止まる。(タイムマシンください)

 

お義母さんの大事なオーナメント・・・

お義母さん一瞬 チーンこうなったと思ったら・・・

すぐお義父さんに

 

「あんたが去年、きちんと片付けないから

こうなるのよ!!!ムキームキームキー

って八つ当たり笑い泣き

 

「もうやらない。飾り付けは、また明日」宣言と共に、

今夜はお開き!となりました~ゲッソリ

 

みんな、平和に過ごそうや!

ラブアンドピースやで!!笑い泣き

 

って心の中で叫んでいた第二夜でした。

 

 

 

AD

昨日の掃除の続きになりますが。

 

1日掃除し続け、私ヘトヘトのまま

旦那帰宅後、大荷物抱えてすぐ義両親宅へ。

(って言っても、車で5分の距離ですけど)

 

「僕はまだ自分の部屋の片付けや掃除が残っているから、

今日はアパートで寝泊まりするからね真顔

と私を義両親宅に残し、

滞在5分で早々に撤収する旦那(笑い泣きひどい)

 

私引っ越し前から、ずっとお義母さんに言われてました・・・

「家に来たら、我が家のルール色々教えてあげるからね!ニヤニヤ

 

旦那が去って数分、

座る間もなく家のルール説明ツアーがスタート滝汗

(ちょっとだけ座らせて~)

 

OCDのお義母さん。

お掃除大好きお義母さん。

物が散らかるの耐えられないお義母さん。

 

そんなお義母さんのルール説明

 

めっちゃ細かい笑い泣き笑い泣き

 

しかも、

「この洗剤は重いから。こことここに手をかけて、

洗濯機に傷がつかないように、こうやって置くのよ。

 

はい、やってみて真顔

 

って実践講座付き。

 

正直今思い返せるルールは半分くらいしかありません滝汗

きっとその都度私の記憶が蘇ってくれることを

ただひたすら祈るばかり。

 

メモすればよかった。

ノート買ってくればよかった。

後悔先に立たず。

 

もんのすごい量のルールを教えていただき、

「はい。はいっ。」

と返事だけは感じ良く、笑顔付きで乗り越える・・・

 

一通り各部屋のルール説明&実践講座が終わり、

「そろそろ息子を寝かせないといけないので、

今日はこの辺で失礼します~ちゅー

と切り上げようとしたら、

「はい、おやすみ~。続きはまた明日ねニヤニヤ

ゆっくり寝なさい」

 

 

ルール説明、終わってなかったーー笑い泣き

 

明日も続くという心の準備できてなかったーチーン

 

足取り重ーく自分の部屋に向かい、

息子を寝かしつけて、

シャワーを浴びようと思った私。

 

お義母さんが、私たちのためにと

バスルームをホリデー仕様に

可愛く装飾してくれていた。

 

とても素敵~デレデレ

 

お義母さん色んなところに細かくて、

タオルの畳み方、ハンドソープの置き方にまでこだわるけど、

家は確かに恐ろしいほど整っていて

モデルハウスに住んでいるかのようにキレイで素敵ですウインク

 

さてと、シャワー浴びるか~と

シャワーカーテン開けたら

シャワーヘッド、でかっポーン

 

写真では伝わりにくいですが、

通常サイズの倍くらいある特大シャワーヘッド。

 

お湯出してみたら、

このシャワーヘッドがすごかった!

シャワーめっちゃ出てきた!

 

ここはウォーターパークか!

 

いうほど広範囲でドバーーっとお湯が

上から降ってきて、

思いがけぬ最高のリフレッシュデレデレデレデレ

 

ちょっと違うけど、

目を閉じたら気分はこんな感じ

 

今日1日の疲れ、半分くらい吹き飛んだ笑い泣き

 

これでリラックスして寝られる。

明日は明日。

頑張れ、嫁の私。

 

そう気持ちをリセットして、初日は眠りについた。

 

 

実は今、引っ越しの真っ最中。

 

2年住んだアパートを出て、

少しの間義両親のお家でお世話になった後、

新居に引っ越す予定。

 

義両親の家に居候・・・

気が重いチーンチーン

 

私たちのアパートの退去日は14日なのに、

義両親が11日から2週間のバケーションに

出かける予定のため、

早く引っ越ししろえーって言われ続け、

家具とかもサンクスギビング前には

半ば強制的にこっちの家に移されたポーン早っ

 

お義母さんが前に

「土日は私の仕事が休みだから、

S君(息子)は私が見てるから、その間に

2人で掃除したり引っ越し準備したらいいのよーウインク

って何度も言ってきたので、

 

お願いしないのも失礼かと思い、

「今週の日曜日は旦那が休みなので、

2人で掃除したりしようと思ってるんですが~。

その間、息子のこと見ていただけますか?」

ってお義母さんに昨日メールしたら、

 

即電話がかかってきた(嫌な予感滝汗

 

案の定、

「あんたたちは、いっつもそうやって

ギリギリまでやらなきゃいけないこと

先延ばしにしてえー

今週はS君の子守りできないわよ、

バケーションの準備が忙しいから」

 

って電話越しで15分、文句言われましてチーンチーン

 

いやいやいや、退去14日で、今日まだ7日だから!

ギリギリじゃないし。

別に息子のこと見てもらわなくても、

全然大丈夫なんですよ。

息子の子守りしたいってごり押しされたから

気を使って言っただけだったのに、まさかの展開。

 

引っ越す前から、心折れるぅぅーーー笑い泣き

 

バキバキの心をなんとか立て直し、

掃除はまるぅーく掃除するのが得意の私が、

今日は隅の隅まで四角く掃除した。

 

ほぼファビュロソでね!!!

 

(ファビュロソってなんぞや?と思った方はコチラ→アメリカで家の掃除はこれ1本!?おすすめの多目的洗剤

家の中、ファビュラスな香りが充満ニヤニヤ

(ちょっと使い過ぎて頭クラクラしたけど)

 

朝からずーーっと、休憩も入れずに掃除した~

まぁ、これで年末の大掃除しないから、いいか。

 

そんな中、必死こいて掃除している私の携帯に

旦那からメッセージが届いた。

「僕のおばあちゃんに電話して、

ハローって言っといてくれる?」

 

はぁ?真顔

なぜ今日?

なぜ今このタイミング?

なぜ昨日言ってこない?

 

っていうかお前のおばあちゃんだろ

自分でハロー言えやムキー

 

いや私、旦那のおばあちゃん大好きなんですよ。

よく電話もするんですが、

タイミングゥゥーーーどうにかならんのかーー笑い泣き

空気読めよ、こっちはトイレ掃除中やぞ

 

 

心臓の具合があまり良くないおばあちゃん。

電話かけたら、息苦しそうだった。

(結局電話かけた

 

昨日、カリフォルニアの各地で起こった火災。

おばあちゃん家も避難区域に入っていたようだ。

「家から避難しなさいって言われたけど、

あたしゃーこの家が好きだから、どこにも行かん真顔

って言うてました。

 

おばあちゃん最強

もう84歳ですし、家から避難したくない気持ちも

分からなくないけど、家族としてはこういうのやっぱり心配。

幸い避難解除になったようでよかったけれど、

カリフォルニアは山火事多いですから、ね。

 

そんな感じで電話を切って、掃除を再開。

 

あれ?ヨギーは?と思って探したら、

捨てる予定で部屋の隅に置いておいた

ブランケットの中に・・・ポーンポーンポーン

ご注文お待たせしました~ヨギーサンドイッチです。

 

「あの~ヨギーさん、それ捨てるつもりなんですけど。

そんなに気持ちよく寝られると、捨てにくい・・・

 

掃除はかどりません!