画像と記事をお借りします。




宝塚歌劇月組「ミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-』」の制作発表会が、本日8月20日に東京都内で行われた。

【写真】宝塚歌劇月組「ミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』」制作発表会より。(メディアギャラリー他25件)

日本オーストリア友好150周年を記念して上演される本作は、「エリザベート」や「モーツァルト!」などを生み出してきたウィーン劇場協会が、2017年に制作したミュージカル。オーストリア・ウィーンにある老舗ホテルの御曹司ジョージ・エードラーと、オーストリア出身のハリウッド女優エマ・カーターの物語が、コメディ要素を交えてつづられる。制作発表の冒頭では、ジョージ役の珠城りょうと、エマ役の美園さくらが、パフォーマンスを披露した。

続く会見には、珠城、美園に加え、本作の協賛を務めるUCC上島珈琲の上島達司代表取締役会長、ウィーン劇場協会のフランツ・パタイCEO、同劇場のミュージカル芸術監督で本作の脚本を担当するクリスティアン・シュトゥルペック、脚本・アイディアを手がけたティトゥス・ホフマン、宝塚歌劇団の小川友次理事長、潤色・演出の齋藤吉正が登壇。

シュトゥルペックは「本作は、オーストリアと深い結びつきのある新作ミュージカルです。どこが自分の故郷で、どこが自分の家なのか?という重要な問いを、オーストリアの伝説とも呼べるシンガーソングライターのラインハルト・フェンドリッヒの名曲をふんだんに使い描きました」と本作についてコメント。また、珠城と美園のパフォーマンスに触れ、「本当に感動しました。リハーサルも拝見していたのですが、パーフェクトに役に合っていますね」と笑顔を見せた。

ホフマンは「先にラインハルトの楽曲をどこに配置するか決めてから、後付けで物語の筋を作りあげました」と本作の制作秘話を明かし、「最終的には、あたかも物語のために楽曲が制作されたかのような作品に仕上がりました。世界的にも有名な宝塚で、この作品が上演されることをうれしく思います」と述べる。さらに「成功を祈ります!」と日本語でエールを送ると会場からは盛大な拍手が送られた。

「月組はミュージカルに強い」と座組みに信頼を寄せる齋藤は、「珠城りょうはトップスターになってからベテランの風格を増し、とても頼もしい存在です。美園さくらは先日の『オン・ザ・タウン』でも成長を見せてくれています。オーストリアという国が持つカルチャーやメッセージ、そして歴史を、この作品を通して伝える義務があると思っています」と真摯に語る。

続く珠城は「ウィーン劇場協会が制作したミュージカルを宝塚歌劇が上演するのは、『エリザベート』に続き2作目。そんな作品に携わることができ、身が引き締まる思いでいっぱいです。本作は、『エリザベート』と世界観や雰囲気、楽曲の毛色も180度違います。月組にとって新たな挑戦になるかと」と微笑む。また自身が演じるジョージについては、「ホテルの御曹司ではあるけれど、ごく普通の青年です。彼の一番のテーマは両親からの独立。この作品では男女の恋愛だけではなく、家族愛や友情、祖国愛が、素晴らしい音楽に乗せて紡がれます。観終わったあとに心温まる物語で、日本でも共感してもらえるはず。大切に丁寧に、いい作品に仕上げていければ」と意気込んだ。

美園は「実際にウィーンでも観劇したのですが、華やかで、それでいてスタイリッシュなパフォーマンスに感激しました。現地で得た感動を、余すことなく日本の皆様にお伝えしたい」と瞳を輝かせる。そして「ハリウッド女優のエマは、華やかに生きるなかで孤独や苦悩を抱えています。美しい故郷に戻ってきて、そのときに感じる彼女の心の解放を、音楽に乗せて繊細に表現できるよう、精一杯がんばります」と決意を新たにした。

公演は、10月4日から11月11日まで兵庫・宝塚大劇場で行われたのち、11月29日から12月28日まで東京・東京宝塚劇場で上演される。チケットの一般販売は、兵庫・宝塚大劇場公演分が8月24日、東京・東京宝塚劇場公演分が10月20日にスタートする。

■ 宝塚歌劇月組「日本オーストリア友好150周年 ミュージカル『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』」
2019年10月4日(金)~11月11日(月)
兵庫県 宝塚大劇場

2019年11月29日(金)~12月28日(土)
東京都 東京宝塚劇場

作曲・作詞:ラインハルト・フェンドリッヒ
脚本:ティトゥス・ホフマン、クリスティアン・シュトゥルペック
オリジナル・プロダクション:ウィーン劇場協会
潤色・演出:齋藤吉正

□ キャスト
ジョージ・エードラー:珠城りょう
エマ・カーター:美園さくら
リチャード・ラッティンガー:月城かなと
ヴォルフガング・エードラー:鳳月杏
ロミー・エードラー:海乃美月
パブロ・ガルシア:暁千星




宝塚歌劇の月組公演「I AM FROM AUSTRIA -故郷は甘き調べ-」(10月4日~11月11日宝塚大劇場、11月29日~12月28日東京宝塚劇場)の制作発表会見が20日、都内で行われ、トップ珠城りょう、トップ娘役美園さくららが出席した。

【写真】宝塚月組の珠城りょうと美園さくら

エリザベート」「モーツァルト!」など、日本でも人気のミュージカル作品を生み出したウィーン劇場協会による作品で、日本初演。

珠城は「ウィーンに行って実際に見てきましたが、非常に愛されている作品ということが分かりました。日本初演は責任がありプレッシャーですが、多くの方に共感していただける物語だと思います。大切に丁寧に、いい作品に仕上げていきたい」と話した。

美園も「日本初演ということで身の引き締まる思いです」と話した。

ホテルの御曹司と、オーストリア生まれのハリウッド女優が出会う物語。オーストリアでは17年に初演された





お正月の北九州での公演に関しての打ち合わせに、私も参加させて頂きました。

緊張しましたが、この子のおかげで 心が和らぎましたラブ


来年 1月5日(日)に北九州ソレイユホールにて行われます公演で 宝塚OGと共演できるチャンスですおねがい

応募資格:小学5年生から40歳までの女性
 
課題 :声楽、ダンス、自己紹介、面接 

声楽は課題曲はございません。
ご自分が歌いたい曲をカラオケ持参にてお願いいたします。
カラオケもない場合はアカペラでも構いません。

踊る事が出来る服装とシューズ(バレエシューズやダンスシューズ)をお持ちください。
 
受験料:5000円
 
応募方法:1、申込書が必要になります。郵送にてお申し込みください。
 
申込書のご請求とご記入後の送り先
〒892-0842  
鹿児島市東千石町1-31  九工ビル3階  ザ・バレコン事務局
 
2、申込書を送付と同時にゆうちょ銀行へ受験料をお振り込みください。
ゆうちょ銀行 
 [記号ー番号] 00830-5-151035
[口座名] ザ・バレコン  スペガラ
 
申し込み締め切り: 2019年 9月15日(日)
(チラシには8日とありますが、15日に変更されました)
 
お問い合わせ:090-4265-2049 藤田
 
10月、11月、12月は振り付けが数回ある程度ですが、年末には特に集中して福岡でお稽古がある予定です。
 
受付開始時間:10時
オーディション開始時間:11時

当日は終日を予定しております。
 
オーディション当日は、演出の太田哲則先生も
お越し下さいます。
宝塚OG、 宝塚の演出家太田哲則先生  そして2000人が入る大きなホールで、是非夢の共演を果たしてください。
 
たくさんの方がチャレンジしてくださいますようにキラキラキラキラキラキラ