初めてのママ、産前から産後・断乳まで安心と笑顔をサポート! 咲助産院ブログ

初めてのママ、産前から産後・断乳まで安心と笑顔をサポート! 咲助産院ブログ

千葉県佐倉市にある母乳ケア、初めてのママの専門院。
妊娠中からママになる準備のお伝いをはじめ、産院退院後すぐからのサポートでママに安心と笑顔をお届けします。また、おっぱいの痛みや乳首の痛みを解消し、安心して子供をスクスク育てられる母乳育児を応援します。

断乳しようかな・・・

どうやってしたらいいのかな・・・?

 

 

同じ内容のことを動画でも話しています。

動画の方がいい方はそちらをご覧ください

リンクは下の方に☆

 

35歳以上の初産ママへ

産前産後の

母乳ケア×ココロのサポート

でママと赤ちゃんに寄り添い

「安心」と「笑顔」をお届けする

助産師の徳永です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます照れ

 
 

 

断乳するママの素朴な疑問。

「どうやって断乳すればいいのかな?」

 

 

 

今回は断乳の仕方について

一つの方法をご紹介します。

 

 

①    断乳する日を決める

家族の協力が得られるときをお勧めします。

 

 

②    断乳する日に向かって徐々に授乳回数を減らしていく

 

断乳後の猛烈な張りを軽くするために。

 

 

 

③    1週間前、3日前、1日前くらいに子供に伝えておく

 

まだ話してもわからないかもしれないけど

伝えておくと分かってはくれている。

突然よりも心の準備が子供なりにできます。

そしてご自身の心の準備にもなります。

 

 

 

④    決めた日に断乳決行

 

お子さんは泣いてほしいと訴えるかも・・・

でも、一度決心したら、めげないで頑張って!

 

 

 

⑤    張って、パンパンになって

 

痛い、辛い時には圧抜き程度に搾る

搾りすぎないことがポイント。

搾ったら少し熱を持つので濡らしたタオルなどで

軽く冷やしてくださいね

 3日目くらいになると張りが落ち着いてきます。

 

 

 

⑥    3日目以降は痛いときにだけ搾り1週間後くらいにキレイに搾ります

 

 

 

 

私としては断乳後

しっかり残りの母乳を出してしまった方がいいと思いますので

母乳外来や助産院などで断乳後のケアを行うことを勧めます!

 

また、授乳中に乳腺炎や何らかのトラブルがあった方は

乳腺が硬くなっていることもありますので

ケアしていきましょう!

 

 

断乳して、ほとんど出なくなっているにも関わらず

乳首を頻回に触っていると

分泌が止まらないことがあります。

 

何度もまだ出るかな・・・まだ出るかな・・・と

触りすぎないようにしていきましょうね

 

 

断乳が済んだら乳がん検診もお忘れなく!

ご自身の健康にも気を配ってくださいね♡

 

 

 

当院でも断乳後のケアを行っています

断乳を考えている

そうしたらよいかやっぱりわからない

断乳後のケアをお願いしたい

ということがあればぜひご連絡ください

 

 

動画はこちらです!

 

 

宝石緑 宝石緑 宝石緑 宝石緑 宝石緑 

咲助産院では

 

カラダとココロを維持できるように

あなたに寄り添います。

 

ホッと一息つけるそんな時間、

そんな場所をあなたへ

 

 

 ◇◇◇◇◁◁◇◇◇◇◇◇◇◇

 佐倉市 咲助産院

 

 

 

個別相談、受け付けています!

LINEからお問い合わせください

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはLINEが便利です!  

 

ハートぜひLINEにご登録くださいハート

 

 

LINEご登録いただくと

 

現在のあなたの悩みや不安に関することで

1回無料相談をプレゼントしています!

 (1回20分)

 

LINE登録後に「相談」と送ってくださいねちょうちょ

 

 

お問い合わせ、ご相談は

↓   ↓   ↓

  

 

HPはこちら

↓ ↓ ↓ 

http://saki-josanin.com

 

こんにちは!

 

 

35歳以上の初産ママへ

産前産後の

母乳ケア×ココロのサポート

でママと赤ちゃんに寄り添い

「安心」と「笑顔」をお届けする

助産師の徳永です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます照れ

 

今回はママから聞かれる質問の一つ、

胸の大きさと母乳の出の関係、

「おっぱいは小さいと出ないの?」

という質問にお答えします。

 

 

 

 

結論から言うと、

 

おっぱいが小さくても母乳は出ますビックリマーク

 

おっぱいの大きさ=脂肪の量。

母乳の量とは無関係!

 

おっぱいの大きさは脂肪の量で変わってきます

 

でも、母乳を作るのは脂肪ではなく“乳腺”という組織で、

脂肪の量(つまりはおっぱいの大きさ)は

母乳を作る量にも貯める量にも関係ない

ことがわかっています。

妊娠していないときは脂肪と乳腺、

それぞれの組織の量は同じぐらい。

 

妊娠すると多く分泌されるホルモンの影響で、

乳腺組織が発達しおっぱいが大きくなります。

 

 

そして、出産を経て授乳するようになると

乳腺組織が脂肪の倍ほどまでに発達するのですガーン



おっぱいが小さい人でも、母乳育児はできますし

母乳はでますラブラブ

 

 

おっぱい小さいから出ないのかな・・・

 

もしもあなたが母乳を与えたいと

思っているのなら、

 

妊娠中からあきらめずに、

 

大きいから、小さいからではなく、

 

しっかり授乳していきましょう!

 

そうすれば、母乳は出てきますキラキラ

 

 

ですので安心してくださいねラブラブ

 

 

 

 

初めてだからこそ安心を♡

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^~~~

 

咲助産院では

 

カラダとココロを維持できるように

あなたに寄り添います。

 

ホッと一息つけるそんな時間、

そんな場所をあなたへ

 

 

 ◇◇◇◇◁◁◇◇◇◇◇◇◇◇

 佐倉市 咲助産院

 

 

 

個別相談、受け付けています!

LINEからお問い合わせください

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはLINEが便利です!  

 

ハートぜひLINEにご登録くださいハート

 

 

LINEご登録いただくと

 

現在のあなたの悩みや不安に関することで

1回無料相談をプレゼントしています!

 (1回20分)

 

LINE登録後に「相談」と送ってくださいねちょうちょ

 

 

お問い合わせ、ご相談は

↓   ↓   ↓

  

 

HPはこちら

↓ ↓ ↓ 

http://saki-josanin.com

 

 

 

ずっとずっと頑張ったけど

やっぱりこっちのおっぱいは

うまくいかない・・・

 

もう片方は調子がいいのに

もう嫌になっちゃうな・・・

 

というあなたへ。

 

(動画の方がいい方は

下のyoutubeからご覧ください☆)

 

35歳以上の初産ママへ

産前産後の

母乳ケア×ココロのサポート

でママと赤ちゃんに寄り添い

「安心」と「笑顔」をお届けする

助産師の徳永です。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます照れ

 片方のおっぱいだけトラブル続き

片方だけうまくいかない

片方だけやめたい

 

そんなことできますか?

 

 

できますキラキラ

 

 

人間にはおっぱいは2つありますから。

 

 

本当は両方あげられるのがベストでしょう。

 

だけど片方しか授乳したくないならそれもありかな。

 

 

どうしてもあげられない理由

あげたくない理由

 

ていうのがありますよね。

 

 

お母さんであるあなたが

やめたい

と思うほどに大変であれば

やめてもいいんじゃないかな

 

 

さっきも言ったけどおっぱいは二つあります。

一つがダメでも

一つは大丈夫だから

 

 

片方だけ断乳

片方だけ授乳する

 

母乳を続けたいと望むのであれば

 

そんなこともできます星

 

 

 

 

もっと自由にもっと楽に育児しよう

 

動画の方がいい方はこちらから

↓↓↓

 

 

宝石緑 宝石緑 宝石緑 宝石緑 宝石緑 

咲助産院では

 

カラダとココロを維持できるように

あなたに寄り添います。

 

ホッと一息つけるそんな時間、

そんな場所をあなたへ

 

 

 ◇◇◇◇◁◁◇◇◇◇◇◇◇◇

 佐倉市 咲助産院

 

 

 

個別相談、受け付けています!

LINEからお問い合わせください

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはLINEが便利です!  

 

ハートぜひLINEにご登録くださいハート

 

 

LINEご登録いただくと

 

現在のあなたの悩みや不安に関することで

1回無料相談をプレゼントしています!

 (1回20分)

 

LINE登録後に「相談」と送ってくださいねちょうちょ

 

 

お問い合わせ、ご相談は

↓   ↓   ↓

  

 

HPはこちら

↓ ↓ ↓ 

http://saki-josanin.com