さーくんブログ

さーくんブログ

さすらい者の独り言

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

昨年末の紅白歌合戦で「いきものがかり」が数年ぶりにYELLを唄っていた。

 

発売されてからもう10年くらいになるのか?掛け値なしで良い歌だと思う。

 

しかも最近ボーカルの子も高音で変に気張る感じが無いと言うか、キンキンした感じが無くて

 

とても素直に耳に残ると言うか歌の印象が以前よりも数倍良くなった気がしてた。

 

なんだか仲のいいグループだな~~と、その時画面を見て思っていたのだが、そのすぐ後に

 

活動休止を宣言したのにはちょっと驚いてしまった。う~~ん・・・やっぱり同じ形っては

 

何時までも続くものではないんだな・・・

 

以前からちょくちょく私のブログには登場しているが、私には血を分けた奴がいる。

 

そうあの毎朝まるで施術の様なプチ整形を繰り返す、昨今話題の証人喚問の場なら

 

出廷した時点で、そのメイクからして偽証罪に問われると言うか刑事訴追は免れないであろう

 

娘である。実は、この娘に私は昨年大変悪い事をした。

 

無茶苦茶世間ではクールと言うかアイス、と言うより絶対零度の感情女として通っている奴だが

 

その実「家族大好き」の変わった奴である。これを、私の個人的な事情で一方的に

 

一人ぼっちで福岡の地に置き去りにしてきた。いやいや、まあ冷静に考えれば

 

「いつか必ず訪れる事がちょっと前倒しになっただけ」であるとか「大学で上京していたら

 

もっと早くこんな時は来ていた」のであるのだが、奴は絶対にそんなことを望まない。

 

家族と離れるのは絶対に嫌らしい。これを私の個人的な理由で置いてきた。

 

ある意味受け入れざるを得ない一時別離なので、そこは大人の奴も受入はしたものの

 

まあ悔やむ悔やむ。で、本来「いつまでもガキじゃないんだからしっかりしろ!」と言うべき立場の

 

私が、全く子離れが出来てないものだからこれまた悔やむ。完全な馬鹿親子である。

 

一人で可哀そうだな~~なんて思い出して涙が出たりする。いかんいかん!!

 

こりゃほんまもんの馬鹿親だと、心を鬼にして「頑張れ!」「しっかりしろ!」と言い続けた。

 

そんな奴がこの春、無事に大学を卒業し、今日から社会人となった。

 

就職はこれまで生きてきた福岡で決めた。この別れと言うか離れ離れは、流石に馬鹿親の

 

私でもしっかり消化できている。子供が、子どもでなくなるわけではないが、一人前の大人として

 

社会に自分の選んだ船に乗って漕ぎ出していくんだ。これを悲しむ馬鹿などいるわけも無い。

 

いや、本当の本音を言えば、就職を選ぶに当たって、私が住んでいるこの四国の地を

 

選択してくれないかと願わなかったわけではない。が、当たり前に考えて若者がこの先を

 

生きていくには人も経済も元気で活発で賑やかで生き生きした街であった方が望ましいに

 

決まっている。なので、ここまで出かけた「こっちで仕事しないのか?」は飲み込んだ。

 

奴も奴なりに悩んだ末、今度は自らの意思で分かれて生活する事を選択した。

 

なので今は心から晴れ晴れしい気分だ。まあ、30数年前の私がそうであったように、

 

流石に奴もこの1週間はこれから続く仕事地獄を前に気分が塞いでいたようだ。

 

そりゃそうだろ。大体大学の3、4年生ってのはモラトリアムなんて言葉では生ぬるいくらい

 

猶予期間が多すぎると言うか恵まれすぎている。そりゃギャップで悩むはずだが

 

これこそ自業自得だ。笑って見送るしかない。

 

ただ、こんないい加減な私でも一応「親」である。なので敢えて彼女には、30年以上

 

仕事をし続けてきた者として殊更に偉そうに言わせてもらえるならと言う条件付きで

 

「多くのものを吸収し、悩み苦しみもがきながら自分の弱さと向き合えばいい。

 

経験則として仕事なんて楽しい事は一つも無い。だからこそ仕事なんだと俺は思っている。

 

そこで最近の人たちがよく言う「自分探し」など出来るはずもない。

 

そんな余裕があるならもっと必死に働けばいい。その疲れ切った先に

 

自分の進むべき道が少し見えればいい方だろう。ただ、人は生きる為に歯を食いしばって働く。

 

である以上、何をどう間違ってもその仕事で命まで落とす必要も理由も一切ない。

 

本当に仕事の事で「死にたい」なんて馬鹿な事を思うなら、それは主客転倒している。

 

辞めればいい。何か月かくらいだけなら、当然贅沢など望むべくもないが飯くらいは

 

食わせてやる。帰ってくればいい」と、、まあ親馬鹿のやせ我慢丸出しだとお叱りを

 

受けるだろうが言ってやった。まるで「北の国から」の吾郎さんだな。

 

~~さよならは悲しい言葉じゃない 其々の夢へと僕らを繋ぐYELL~~

 

多分、多くの方が今日新たな想いを胸に抱いて、其々の未来へ旅発っていかれただろう。

 

希望を胸に抱く若者は後ろを振り返る配慮も一切必要ない。私もそうだったように

 

前を、ただ真っ直ぐに前を向いて進めばいい。が、そこで躓こうが転ぼうが知りもしないし

 

手も差し伸べられもしない。それが大人が生きていくと言う事だ。

 

ただ、忘れないでほしいのは、笑われようが貶されようが、馬鹿の様に「助けて」を

 

待っている誰かがきっといると言う事。少なくとも私はそんな馬鹿で良いと思っている。

 

どうか若者の未来に幸多かれと心から願うばかりである。

 

頑張れよ~~!!


テーマ:

昨日「違う!」と文句ともいえない愚痴をこぼしておきながら

 

加えてようやく春になろうかと言うこの時期に全く季節外れのタイトルであるが

 

松田聖子の「夏の扉」・・・

 

昨年に書いたブログでもちょっと触れたが、実は私、昨年の4月からそれまで住んでいた

 

福岡から遠い場所で生活を送っている。

 

まあ誰でもお分かりだと思うが新し土地ってのは何かとやりにくいと言うかストレスが

 

様々な場面で溜まるものである。

 

食事、仕事、地域の決まりごと・・・すべてが以前の場所とは全くと言って良いくらいに違うから

 

仕方ないと言えば仕方ない。また良く出来たもので、それらの事々は全く不満が解消される

 

と言う訳では決してないが、慣れると言うかある程度受け入れらるように耐性もついては来る。

 

が、どうにもこうにも最高級のストレスが解消されない事もある。

 

新しい土地に来て最高のストレスは「床屋」であると私は言い切りたい!

 

いや、きっとハンサムで加えて頭の形も言い方はこのストレスと無縁であろうことは

 

容易に想像がつく。が!私はハンサムとは程遠い人間だ。加えてと言うか、その所為で

 

ハンサムではないと言ってもいいのかも知れないが頭の形が悪い!物凄く悪い!!

 

何度か言った事があるが、中学生の時悪さをして強制的に坊主頭にされた時、

 

鏡に映るその化け者の様な顔に人生を失望し、更にグレてしまった暗黒史を持つほどに

 

頭の形が悪い。なのでこの数十年、この床屋でのカットにだけは細心の注意を払ってきた。

 

が、新しい土地に来るとそんな注意は払えない。いや払えないと言うより聞く耳を持って

 

貰えない。何件かある床屋から外見と店内を覗き見て選択をした挙句選んだ店で

 

「失敗すると取り返し付かなくなるから、取敢えず短めにカットしてください。」

 

と頼んだにも関わらず、鏡越しに見ても「切り過ぎだろ!!」が明確に解る。

 

「あっあっ、ちょっと待って」と呟いているにもかかわらず、この人何を思っているのか

 

チョキチョキチョキチョキ切る斬る伐る!!!何の信念だよ!!

 

いや、ちょっと待てよ。もしかするとだ。普段と言うかこれまで30年間私の髪を切り続けてきた

 

友人である理容師は、私の注文を忠実に聞くが余りに、本来のと言うか専門職のプロとして

 

この頭の形と髪の毛の質を唯の物体としてみた時に、客の注文よりも「絶対この方が似合う」

 

と言うカットの仕様があったのを我慢していたのかも知れない。とすれば、この理容師は

 

私をこれまでの経緯もなにも無い唯の一人の客として私をみている以上前述したように

 

「このようにカットした方が絶対いい!!」と言う職業意識で私の注文など度外視して

 

バリバリカットしているのかも知れない。よし!!委ねよう!!君に賭けてみよう!!!

 

と、カットが終わって一言「すみません。短くし過ぎちゃいましたね・・・」

 

・・・・・・

 

って、なに蚊の泣くような声で言っとんじゃ~~!!

 

こりゃなんじゃ??パイナップルか??どうしてくれんねん!?

 

~~髪を切った私に 違う人みたいと あなたは少し照れたよう ~~

 

って、照れとる場合か!?!?3か月かかるわ!元に戻るのに!!!

 

どなたか讃岐地方にとびっきり腕の立つ理容師はいらっしゃいませんでしょうか??

 

ご紹介お願いします・・・

 

(明日はちょっとまじめな話をを書きます)


テーマ:

またまた一年ぶりになる。何度も書こうと思いながらサボっていた。

 

いや、一年も書かないでいて「サボっていた」も無いと我ながら思う。

 

これは完全に「忘れていた」もしくは「逃げていた」敢えて言えば「考え無いようにしていた」

 

という、まるでやる気のない学生の様な良い訳であると自覚はしている。

 

こんな無責任極まりない私ではあるが、実は何度かこのブログのメッセージで

 

お手紙も頂戴して「これは書かなければまずい!」と言う自責の念は抱いてはいた。

 

が、その自責の念すらあまり真剣に受け止めると押しつぶされそうだったので忘れたふりをした。

 

何のことはない、やっぱり「サボっていた」のであることに変わりも言い訳も無い。

 

しかし人間あまり過去に拘るものではない。大切なのは前を向いて未来を見据える事だ。

 

よし!そうしよう!!昨日までのいい加減な私の事は忘れよう!

 

と、猛烈なブーイングが飛んできそうではあるが、今日からまた時々ブログを更新すると決めた。

 

決めたんだからしょうがない!誰が何と言おうと、嫌だ!って言っても決めたんだよ!!

 

と、開き直りも甚だしいが、まあまた良ければ時々お付き合いいただきたい。

 

で、書こうと思ったのだが何を書けばいい??

 

・・・・・・駄目だ。何も浮かばない。

 

やはり単純な生活は人間の思考も停止させるようだ。

 

と、思いつつ先程テレビを見ていたら「卒業ソング」特集があっていた。

 

なるほど・・・今は卒業と入学のシーズンなのか・・・

 

あ~~私もいろんな曲を思い出すな~~あっ!!柏原芳恵ちゃんだ!!

 

大好きだったな~~等と、何気に流れる曲と画面を見ていたら

 

松田聖子ちゃんの「卒業」が流れてきた。

 

これこれこれ!!!これ私の青春時代のど真ん中のどストライク!!

 

知る人ぞ知るアルバム収録の今では隠れてもいないが、隠れた名曲である。

 

~~四月からは都会へ 行ってしまう貴方に打ち明けたい気持ちが

 

でも,このままでいいの 唯のクラスメートだから~~

 

あ~~~可愛い!!なんと性格の可愛い控えめな子だ!!

 

以前も書いたので覚えている方もいらっしゃるともうが、猛烈な百恵さま信者の私は当時

 

「ポスト百恵」等と言われたアイドルは全て否定する捻くれた性格で、その筆頭である

 

聖子ちゃんは決して好きな歌手ではなかった。まあ世間でも言われていたように

 

「ぶりっ子」なキャラも好きではないよりむしろ「嫌い」と言って良いくらいだった。

 

が!この曲の控えめな歌詞には心奪われた。可愛い!!こんな子こそ彼女にしたい!

 

いや、本当はこっちがしたくても向こうが「お断りします!」なのだが、まあそれくらいこの一曲で

 

彼女の印象が180度変わるくらい好きな曲だった。それが流れている!これは画面を見ねば!!

 

・・・・・・

 

と、そこに移っていたのは、多分最近の彼女のコンサートの画像であろうが、まあ猛烈なメークと

 

バリバリのドレスと言うか衣装に、これでもかってくらいに盛られた、昔の桑名正彦か!?

 

って髪型の彼女がステージを所狭しと走り回り元気いっぱいにこの歌を歌っている画面。

 

いや、違うだろう!!これはこの曲のイメージとして一番使っちゃいかん画像だろう!!

 

ディレクター!!!違うぞ!!!馬鹿者~~!!

 

まあ、なんだろうな。結局、こういった一昔、いや、三昔前の曲になんて何の思い入れも無い

 

若者がこういった番組造ればこうなるんだろうな。

 

実際、私にとれば全く何の感情も抱けない乃木坂46の曲が感動のドラマ仕立てになってたりするもんな~

 

卒業って言うと何となくではあるが今でも胸の奥が甘酸っぱい様な、それでいて切ない様な

 

何とも50過ぎのおじさんがこのセリフを吐けば気持ち悪い感覚を持っていたのだが・・・

 

今日を持って宣言します!

 

私「卒業」から卒業します!!!

 

あっ、若い頃の斉藤由紀ちゃんだ!!!あ~~やっぱり卒業は良いな~~

 

って優柔不断から卒業したい・・・


テーマ:

復帰第一段、および第二弾の記事が奇しくも闘病日記の様になってしまった事は


全く私の意図していなかった事であるが、なんだか辛気臭い記事になってしまって


申し訳なかったと心から反省している。


闘病はあくまで生活があってこその話である。ではその生活はどうしていたか?


我ながら今更にして思えば馬鹿なと言うより無謀な話だと思うが、誰も注目もしていない


と知りつつも、例えそれが地方議員と言えども、議員たる者、皆様からお預かりした


大切な税金の使い道を決め、況してやその中の一部から給与を頂戴している以上


その職責を一身に背負い、兼職を持つ様な腰掛程度の意識であってはならない。


と言う思いから、ある意味退路を断って議員職一本に打ち込んできたために、落選した途端に


「50歳無職」になってしまった。これはほとほと困り果てた。


ただ、大変有難い事に大変多くの方々から、昔取った杵柄もあり「うちの会社に来ないか?」


と言うお誘いをお受けした。感謝してもし足りない。だが、何となくそれもご迷惑をお掛けしそうだし


なにより自分なりに無謀とは感じつつもやってみたいことがあったので、それらを全てお断りし


アルバイトをしながら自分なりの夢に挑戦してみる事にした。


と、言う訳で50にして求人誌を購入しアルバイトに勤しんだ。いや~、これは結構つらかった。


条件が良い仕事が見つかったとはいえ深夜の冷蔵倉庫で慣れない仕分け作業の肉体労働。


腰に爆弾抱えてもいるし、何より全く初めての仕事で、ぶっちゃけ言ってしまえば、自分よりも


二回りは若い社員(私の担当は実に清々しい若者だったが)に顎で使われる様な仕事だ。


改めて現代社会の生き辛さを痛感しもした。


で、やりたかったことと言うのは、自分でも驚くくらいにこの数年間勉強もしてきていたし


これまでの経験を活かして「社会人経験者採用枠」の「公務員試験」を受験してみる事だ。


当然の様に、周囲からは「そりゃ絶対無理だ!」の大合唱だった。


まあ、冷静に考えればその通りである。通常の採用ですら圧倒的に狭き門である上に


50と言う年齢を考えればこんなもん全国で実績としても過去に一人か二人しか合格して無い。


が、まあダメで元々と言うつもりで受験してみた。しかし蓋を開けてみるとまず応募の少なさに


愕然とした。35歳くらいまでの応募は結構あるのだが、この歳、即ち年齢制限なしと言う応募は


圧倒的に少ない。私の調べた限りではあるが全国で10~15自治体くらいしかないのだ。


この中で10個くらいに願書を送ってみた。結論から言うと、書類選考で8割は落された。


で、一次試験からきちんと受験するタイプの自治体の試験に大変有難い事に合格できた。


そう!実は私、明日から地方公務員になります!!


「なんちゅう無茶苦茶な人生なんだ、お前は!!」


周囲の方々からは励ましもお叱りも受けた。が、せっかく得たチャンスなので


これから残りの人生、この事にこの身を捧げようと考えている。


が、この際いくつか問題がある。


先ず一つが、この私を拾って頂いた自治体が、福岡でも、況してや九州でもないって事だ。


実は今、四国の香川県のどこかでこの記事を書いている。


また追々書くが、兎に角福岡の地元には、それこそこれから人生の全ての時間をかけても


返せない程に恩のある方が沢山いる。その方々を置いて、いや別れて、福岡を出なければ


ならない。これは猛烈に悩んだし苦しんだ。だが、敢えて私は我儘を通させて頂くことにした。


当然、多くの方々と離ればなれになる。これは想像以上に辛い事であった。


中でも一番辛いのは、親馬鹿と笑われるだろうが、馬鹿の様に仲の良い娘と離れる事だ。


が、人は何かを得る為には何かを諦めなければならないのは世の常だ。


現時点において後悔はない。寂しさは思いっきり募ってはいる・・・


で、今一つの問題はこのブログだ。


私はこれまで、自分の言葉は自分自身で責任を取るつもりでこのブログでも、またHPでも


自分の思い通りの事を、それこそ赤裸々に、歯に衣着せずに書き綴ってきた。


が、これからはある意味私も組織の人間となる。である以上、組織に迷惑をかける訳には


いかない。


ブログを閉鎖しようかとも考えた。が、この一年間、何故か毎日数十件とは言え、更新されない


こんなブログを訪問してくださる方々がいらしゃり、昨日の再開にはあれほど暖かいお言葉も


頂戴した。加えて言えば、全く手前味噌ではあるが結構面白い事を我ながら書いている。


これを閉鎖するのはもったいない気がしてきた。


なので、明日からこのブログ名前とプロフィールを変えさせて頂く。


前から知っている人は私の本名も知っているし、もしかしたら過去の記事を読めば名前も出て来る。


が、明日からは「さーくんのブログ」とさせて頂く。ご了承いただきたい。


更新も頻繁には行えないかも知れない。が、ボチボチ続けさせて頂く。


良ければ読み続けて頂きたい。


本名を隠して内容が変わるか??いや多分変わらない。


これまで通りであろう。と言う訳で、私なりの重大なお知らせでした!!!


テーマ:

昨晩、ある意味清水の舞台から飛び降りるような気持ちでブログを投稿したのだが


暖かいお言葉をいくつも寄せていただけたことに心の底から感謝している。


なんと言う暖かい読者の方々なんだ!!


ううううう・・・・


と、泣き続けたい気分ではあるがそれだと何も書けなくなるので、ここは心を鬼にして


本文へと移行させて頂きたい。


昨晩も書いたが、この一年間は災難続きと言うかこれでもか!ってくらいに病気に


悩まされ続けた一年間であった。どの病気も大変苦しいのではあるが、その中でもやはり


「尿管結石」の再発は心身共に猛烈なダメージだったと言えるだろう。


もうとにかく痛い!!痛いったら痛い!!


これはもう誰でもそうなるらしいが、大の大人が身体をくの字に曲げて悶え続ける様が


この病気の典型的な症状であるらしい。はっきり言って「もう殺してくれ!」と言いたくなるほど痛い。


今更であるが、「尿管結石」とは腎臓の中で出来てしまったカルシウムやシュウ酸の結晶が


尿管に落ちてくる症状である。当然、この石が狭い尿管を無理矢理通ろうとするその際に


猛烈な痛みを伴う訳であるが、実は痛みの原因はもう一つある。


この石が尿管で詰まってしまい、本来であるなら腎臓から膀胱へ流れる尿を堰き止めてしまう。


すると腎臓が「腎盂炎」と言う炎症を起こしこれが猛烈な痛みを伴うのだ。


私も一度体験しているとは言え、またこの猛烈な痛みに襲われ急患で真夜中に病院に駆け込んだ。


が、病院に着いたところで結論から言うと施術は朝になって医師が来てからしか出来ない為


根本的な治療は出来ず、所詮「痛み止め」で誤魔化すしかないのだ。


で、その際登場するのが、私の大嫌いな「座薬」!


覚えていらっしゃる方もおいでだろうが、私はこの坐薬がとにかく苦手なのだ。


「どこまでいれるの?」「どれだけその後の便意を我慢すればいいの??」


解らない事だらけ。急患のベッドに横になり痛みに悶絶し「あ~~また座薬か」と思いつつ


「はいはい・・・座薬ですね・・・ちょっと起していただけますか?入れてきますので・・・」


我ながら潔い。いや、本当に嫌なんだ座薬は。効くのに時間かかるし。これだけ痛いと


それほど効かないし。けど入れないより良い。完全に諦めて起き上がろうとすると思いもよらない


言葉が聞こえてきた。


「あっ!!ご無理なされないで下さい。そのままで結構です!!私が入れますから」


えっ????なに???何を言っているんだ???


見ればぱっと見、看護師2年目くらいであろうか。可憐な美少女が凛として私の方を


まるで母親のような意志の強さで見つめているじゃないか。


いや、その職業に対する強い意志は充分に理解できるし尊敬もする。


きっとナイチンゲールがいれば「貴女こそ看護婦の鏡」とその細い身体をしっかりと抱きしめるであろう。


が、その崇高なる意志は賞賛に値するが、勇気と蛮行は紙一重だ。


よりによって何の手入れもしてない、それこそお風呂にすら入っていない私の無防備な肛門に


その可憐で繊細な指先を突っ込もうなんて、いくら医術用の手袋をしているとは言え、それは


例えれば真っ赤に燃えたぎる溶岩の渦巻く噴火口に蝶が飛び込んでいくようなものだ。


いや、それは申し訳ない。それこそ親御さんに合わす顔もない。こんな無茶をさせる為に


娘を看護師にしたはずもない。「あっ、いや、それは自分でするから」と言う私をまるで遮る様に


「大丈夫です!!そのままで」と言うが早いか彼女、私のズボンとパンツを


あっという間に引き摺り落とす。「あっ!!あっ!!ちょっとまって、ちょ・・・」


「大丈夫!!力を抜いて・・・」


いや、彼女、もし男性だったらきっと多くの女性が自分の意志とは別にとんでもないことになって


しまう様な、それこそ脚本のあるAV男優さんもビックリなくらい物事の進め方がスマートだ。


「ああっ・・・・」


吐息を漏らす間もなく彼女は事を終えてしまった。しかも嫌な顔一つせずに・・・


天使だ!!私は生ける天使を初めて見た!!


加えて、ここで今一つの奇跡が起きていたのだ!!


先程もちょっと触れたが、痛み止めは、あくまでも対処療法としての痛み止めであって、


決してその症状の原因である部分を根本的に治している訳ではない。


即ち、痛み止めより痛みの方が酷ければ、いくら薬を施したところで痛いので。そう誤魔化しなのだ。


が、なんとこの彼女に私の大事な部分に指を入れられた時によほど気持ちが良かったのであろう。


私の尿管が見事に開き、その瞬間、腎臓の腫れも治まると言う奇跡が起きていたのだ。


本来であれば薬を挿入して数十分後に痛みが誤魔化されるのとは全く違い、彼女の挿入と


同時に私の身体から全ての痛みが消え去ってしまった!!


事実、その後レントゲンを取り、早朝に医師の診察を受けたのだが、医師がその画像を見て


「あれ~~この時痛かったですか??腎臓も腫れて無くてとっても綺麗ですよ!!」


だったのだ。なんという事だ。こんな所に隠れた、いや神の手を持つ名医が存在したのだ!!


まあ、当然の様に、翌日には再び腎臓が腫れて結局今一度急患で運び込まれ、その翌日施術、


となるのであるが、その時もう一度彼女の姿を探したが、見る事は無かった・・・


どうしたんだろう???まさか指先から身体が腐って・・・


いや、そんなはずはないと信じよう。


しかし今もヘルニアの影響で背中と足が痛いんだが・・・


スミマセン。どなたか彼女探して頂けませんでしょうか???


今度はきちんと準備もしておきますので、ゆっくり挿入お願いします!!


あっ、いかん!!こんな所に私の隠れた願望が顔を出してしまった!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス