衆議院議員 さかい学のスタッフブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

会報をお届けします!

さかい学の妻です。私もスタッフの一人。



現在、事務所で会報を鋭意作成中。



しかし、状況が刻々と変わり、それこそ前の日にさかい学が話していたことと違うことが報道されていたりで、どこで区切りをつけようか、悩む日々です。


とは言え、発行日まであとわずか。


一人でも多くさかい学の政治に対する姿勢や思いが伝わるように、しっかりと編集していく所存です。

大地に生かされてます

さかい学の妻です。私もスタッフの一人。



今日は権現さんのおまつりの日。



土地を守ってくださっている白山権現さんにお詣りしました。


ここのところいろいろありますが、お詣りしたら、少し心が穏やかになった気がします。



帰りに、ずっとさかいくんのことを応援してくださっている方のお宅に寄り道。


亡くなったオヤジさんが、骨の髄まで自民党という方でした。


「自民党、大変だわね。お父さんが生きてたら、泣いて怒ったわよ」


と、お母さんが笑いながら出迎えてくれたので、お線香をあげさせていただきました。


自民党が下野したときは、そのお宅に行くたびに叱られてました。


「日本のために働け💢」


から始まり、最後には


「自民党、しっかりしろ💢」


と、号泣。


それでも、懲りずに叱られに行ってました。


「これ、よかったら食べて」


と、お母さんが軒下に吊るしてあった干し芋を袋に詰めてくれました。


ご自分で育てたさつまいもを蒸して、干した、しっかり甘い干し芋。



権現さん、そして手作りの干し芋。


自分が大地に生かされてることをシンプルに感じさせてくれたひとときでした。


感謝。




お祝いは、決まり!

さかい学の妻です。私もスタッフの一人。



我が家の食卓で、何かのきっかけで「1文字プラスしりとり」が始まりました。


イス→スイカ→カシオレ…と、尻を取りながら1文字ずつ増やしていくんですが、


レモネード→ドンキホーテ→テルマエロマエ


まで唸りながら繋げて


「エントリーシート」と来た瞬間、子どもが


「トリニダード・トバゴ!」と即答。


「子どもの時、トイレに貼ってあった『朝日小学生新聞』の付録でもらった国旗地図、ずっと見てたよね〜」


と、我が家の昔のことを思い出して笑い始めました。



よし、決まり!


草間つよしさんのお子さんの誕生祝いは『国旗地図』!


将来の草間家の食卓の会話、今から楽しみだわ〜


https://x.com/kusamatsuyoshi/status/1734506695106470108?s=46&t=bS6fn__uhCCCRKnsjnpyMQ

明日から12月…ということは

さかい学の妻です。私もスタッフの一人。



明日から12月。


ということは、駅頭活動などでお配りしている『さかい学の今月の主張』が新しくなります。


つまり、今日中に12月号を作成しなくては…です💦



相変わらず、さかいくんは手書き派。


そしてこれが、その仕事の後。



うーん…やはりそうでしたか…。


彼を励ましてくれていたと、解釈しましょう。



今日もよい一日に!



さかい学の『今月の主張』はこちらから。


自民党『幸齢社会実現(仮称)PT』の座長として、高齢者支援政策をまとめることになったさかい学が、高齢者支援について書きました。


それを読んだ方々から、高齢者に関するお問い合わせやご相談がきています。


高齢者ご自身だけでなく、その方を支えるご家族、近隣、町内会、医療・福祉関係の方々にとっても、大切な話だと、改めて実感しました。



70巻の威力

前略 高橋博之さま

 

さかい学の妻です。私もスタッフの一人。

 

昨日、『キングダム』の70巻が出たそうですね。

高橋さんに紹介されて以来、さかいくんは今もハマっています。

 

昨日は、地元に帰ってくる電車の中で読み、そこで涙し(周りの乗客がどう思ったか・・・)、

しかし、地元での会合ではその気持ちをいったん封印。

その後、家路につき、玄関を入った途端それがほどけ、

さかいくんはもう、堰を切ったように70巻のすごさ、感動した場面を、ページをめくりながら力説してくれました。

 

普段は「イカノオスシ対応(話についてイカない、話にノらない・・・以下略・・・)」の家族も、その勢いに飲まれ、

「〇〇ページでまさかこんな展開になるとは!」

「実は〇〇巻で、こんなことがあったんだけど、それが70巻で・・・」

というさかいくんの話をぽかんと聞いていました。

 

今朝も朝食前に読み、

「『キングダム』をいいって思っている人が多い、その日本が素晴らしい」

と、また涙していました。

聞くところによると、すでに高橋さんとは感動を共有しているとのこと。

できれば今後は、お二人でやり取りをしていただけると幸いです。

 

日ごとに寒さが増してきていますが、約一名、大変熱くなっておりますので、くれぐれもよろしくお願いいたします。

                                 草々

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>