どっこい俺は生きている。

より人生を楽しく、より豊かに生きるためのブログ。

酒井監督最新作品
感動の実話ドラマ「おばあちゃんの口紅」
0002 代表を務める映像制作会社
公式HPはこちら【作品公開中】

テーマ:
{151CF980-2DDD-4105-8EC9-582714764ABC}


北京滞在2日目。

朝、ホテルの小さな窓を開けると、青空が広がっている。

北京国際会議の関係で、工場が全ストップしているので、北京らしくない?青空に思わず嬉しくなる。

鼻歌まじりでシャワーを浴びていると、突然電気が落ちる。

 
窓が小さいので、部屋はほとんど真っ暗。


慌ててタオルで体を拭き、手探りで着替えて、廊下に出ると、ロビーに人だかりが。


どうやら全館停電らしい。


ホテルマンに、復旧の目処を尋ねると、「わからん」と言った顔をされる。


日本では、まずないケースに、改めてここは外国なんだと悟る。


やがて、同行した中国人社員の女性Cさんもロビーに来る。


何やら、えらくキレていて、「まあまあ、停電くらいなんてことない」となだめると、それが原因でキレてるわけじゃないらしい。


聞くと、ポットの中に、人の唾が入っていたとのこと。


「飲む前に、先に気づいて良かったじゃないか」と、よくわからん言葉でなだめすかし、とにかく部屋にいても何もできないので、朝食をとりに皆で外へ。

{1A4FF1DA-FF76-4B65-932E-23E5A5EE2980}
{76A11034-6933-4963-8909-654ABE53A837}


いつもながら、中国の朝ごはんは素晴らしい。


滋味深いお粥と、油条という名の、いわゆる揚げパンは絶品の組み合わせ。

お茶で煮たゆで卵があれば、なお良し。


この組み合わせは、日本でも絶対ヒットするんだけどなぁ、といつも思う。



朝ごはんの後、携帯電話を仕入れにショップへ。


数年前まで、中国では携帯を気軽に購入できた。


高いものから安いもの、本物もあれば偽物もあり、「これください」と言ってから、10分後には携帯を使えたものである。


しかし、今は携帯を買うのに、写真を撮らされたりと、色々と面倒になった。


これは、今の中国の決済方法の変化に起因していると思う。

この数年で、中国の決済方法はドラスティックに変革を遂げた。

{D87F1322-5BB6-49E7-8324-C42ABDA8FAE2}



今の中国の決済は、WeChatという名のアプリを使った、スマホによる電子決済がほとんど。

現金を持ち歩く人は影を潜め、お店でもコンビニでも、皆このアプリで電子決済をしている。


様々な事故を防ぐため、携帯を持つ人の身元を、政府に申告しなければならなくなった、と僕は考えている。

ちなみに、中国では、コミュニケーションツールとして、ほとんど、このWeChatを使っている。

私生活でもビジネスでも、全てWeChat。



しかし、中国に銀行口座を持たない我々一行は、相変わらずの現金決済。



やっとお店を出たころには、もうお昼近く。

今日一件目の訪問となる、A社へ、我々はタクシーで向かった。
ちなみにここは、ノーアポの飛び込み営業。

そこで僕たちは、思わぬ事態に遭遇することとなる。



「その3」へつづく。

{C2924EE0-40B4-4C5E-ACA1-30B89B432764}
{B6F0FA9B-8674-40B7-B6B2-190792D802AA}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。